スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

ワガママお肌様のケア、久々の記録。
2011年12月13日 (火) | 編集 |
(11月の半ばからダラダラ書き連ねていた記事のアップです。)

もともと自分の脱ケミカル記録と、今まで得たスキンケアの情報の覚え書きで始めたこのブログ。
化粧品とエステティック技術に頼りきって自分の肌を維持していたエステティシャン時代が終わり、
自分の肌の基礎能力を高めて肌を育てるスキンケアにチェンジしたのが脱ケミの始まりでした。

気づけば脱ケミして1年と9ヶ月。

最初はこまめにアップしていた私のワガママなお肌様記録も、だんだん経過が落ち着いてきて、ずいぶんお休みしてしまいました。

前回の記録が一月。。。。
なので、年末でバタバタする前に、今のお肌様の状態を記録しておこうと思います。
(今までのずっこけ脱ケミ記録はこちら


自分の肌について、わかってきたこと

ケミカルに依存しなくなってから、むきだしになってきた自分の肌の特徴。
今までは色んな過剰ケアで包み隠されていたお肌様の本性が、これでもかと自己主張をするようになりました。
ご機嫌をそこねるたびに、あれやこれやと試行錯誤を繰り返して、わかってきたお肌様の傾向。
今時点での覚え書きです。

・ 水分を保持する力は弱い。・・・のせいか皮脂分泌は結構盛ん。
・ だからと言ってローション(水分)をたっぷりしみこませるケアを毎日すると、今度は逆に乾燥したり、機嫌が悪くなる。
・ オレイン酸が多いオイルを一定期間使うと、脂肪酸過剰を起こして肌が荒れる(毛穴が開く・小さな吹き出物・赤み)。
・ その他のオイル(ハイリノール等)でも、つける量が多すぎると同じく油分過多で肌が荒れる。
・ なので、夏のオイルケアはかなり難関。
・ グアガムでとろみをつけたジェルは、肌がくすんでしまう&小さな吹き出物が出来る(キサンタンガムに関しては未挑戦)。
・ 前の晩にオイルケアをした場合、次の日の朝肌がべた付いていたら、石鹸洗顔or蒸しタオル洗顔をしないと、ご機嫌を損ねる(ベタツキがなければ大丈夫)。
 

でもって、1月以降のスキンケアの移り変わり

1月のケアはこちら

妊娠前(春)のケア

<朝>
ぬるま湯洗顔orTゾーンのみ石鹸洗顔

ローション(少量)

オイル(ホホバ・セサミ混合)を少量なじませる。
↓(しばらく置いてから)
日焼け止め
この時はたしかパックスナチュロンと、マンディムーンさんのサンスクリーンだった。

パウダー(ミネラルファンデ

ポイントメイク
(アイメイクはケミカルもの・チークはエトヴォス・リップは塗らない(←え))



<夜>
オイル(ホホバ・セサミ混合)でクレンジング(メイク浮かせる)
固く絞ったウエットコットンにオイルを含ませてアイメイクを拭き取ってから、全体をくるくる。

ティッシュで油分を押さえる

石鹸洗顔

ローション(少量)

オイル(ローズヒップ)少量


妊娠後(梅雨~夏以降)←ついでに、今ココ

ホルモンバランスの変化なのか、皮脂分泌が盛んになったからか、オイルケア不調。
ローションで下地を作っても、オイル馴染みが悪い。手順を逆にしても然り。
しかも少量しか塗ってないのに油分過多の時の毛穴の開き・赤み・吹き出物出現。

なので、より皮脂膜に近づけるため、オリーブワックスで水分と油分を乳化した乳液を投入。
ローションにも、チンキのほかに、各種有効成分を入れるようになった。
(年齢・ホルモンバランス・体調など等、内側から肌を整えるために必要な環境に限界を感じた為。)

相変わらず、マカを愛飲(こちら記事こちら記事)。
*マカはホルモンバランスに作用する為、妊婦NG説とOK説が分かれる食品です。
もし妊娠・授乳中の場合は、必ずお医者様に相談の上、指示にしたがってくださいね。

<朝>
(夏)石鹸洗顔or蒸しタオル洗顔
(秋に入ってから)ぬるま湯洗顔

ローション

乳液
* 一般的に酸化しやすいため朝の使用を避けるように言われているローズヒップやククイナッツオイルの入った乳液ですが、一回の使用量の中での油分の割合がオイルのみのケアよりもはるかに少ない為、気にせず朝も使ってました。

日焼け止め
24hcosme UVベースローション(リンク先記事の一番下・ここ最近のお気に入り

パウダー(ミネラルファンデ

ポイントメイク
(アイメイク…ロゴナ・24hCosme・エトヴォス チーク…エトヴォス リップ…手作りリップクリーム)
アイメイク、とうとう脱ケミしました(やっとかい


<夜>

オイル(ホホバ・グレープシード混合)でクレンジング
ポイントメイクも石鹸で落ちるノンケミになりましたが、目元の皮膚は凹凸が多いのでどうしても石鹸だけでは落ちにくい。
なので、ウェットコットンにオイルを含ませて、優しく拭って落としてます。
(ポイントメイクだけ落として、めんどくさい時は全体をくるくるしない時もある(←え))

石鹸洗顔

ローション

乳液


使い心地の良さと、お肌様のご機嫌の良さが続いているため、乳液が手放せなくなっています。
でも、そろそろ季節的にオイルケアも取り入れたい今日この頃。
ブレンドオイルにビタミンC誘導体とビタミンE・Aを混ぜたものを使ってみようかな。
(ククイナッツオイルとホホバを混ぜて、水分も少し混ぜ込んだみつろうクリームとかどうかしらと計画中。)


そして恥ずかしのお肌様記録。

keana.jpg
えっと、多分2010年の8月?
2010年の3月に脱ケミして、しばらく肌荒れして(このときのお肌様、撮っとけばよかった。本当に酷かった)、
そのあとちょっとマシになったと思ったらブツッと吹き出物が出来た時の画像。
あと、テカリの光で飛んでる感じですが、頬骨のあたり、かなり毛穴が開いて皮脂が浮いています。
たぶん原因は「脂肪酸過剰

hada-b.jpg
い、色がおかしい。2011年1月です。
色味のせいでちょっとわかりにくいですが、小さいぶつぶつとぼこぼこが頬に出来てます。
ちょっと荒れ気味になっていた、今年の1月。
たしか原因は生活習慣の乱れと、「高濃度のローション使いすぎ」と、「脂肪酸過剰」(またもや・・・)。
この記事でそれを嘆いております。


hada2.jpg
んで、今(写真はたしか11月末ぐらいに撮影)。
タルミが気になる昨今ですが、吹き出物やぶつぶつ・ぼこぼこはずいぶんマシになりました。
でも小鼻の毛穴がやっぱり気になる・・・。ここは課題ですなぁ。


 脱ケミ、というか、ケアをシンプルにして思ったこと。

やっぱり、肌というものは身体の中から生まれてくるんだなぁ、と改めて実感。
ほら、よく美容師さんが、髪の状態を見て「○ヶ月前の体調がわかる」と言うように。
(過去に体調がわるかったりした場合、髪の毛がその時期に伸びた部分だけ痩せていたり、粗かったりするらしい。)
肌の生まれ変わりのサイクルに生活習慣は大きく関わってるから、どんな生活をしているか・どんな体調かはやっぱり肌に現れるし、
身体は口にしたものを原料に作られているんだから、食べたものだってモロに肌に出る。
冷えて血流が悪かったら肌もくすむし、血流が栄養を十分に運んでくれないと、ぷりぷりの細胞は生まれにくくなる。
そして、肌を生み出すターンオーバーは、夜寝ている間に分泌される「成長ホルモン」によって行われる。


高級な化粧品を使ったり、あれやこれやとテクニックを使う前に、まず「ちゃんと食べて、ちゃんと夜寝る。」ことが基本中の基本。
・・・ということは、多様すぎる手法・考え(こっちでは絶賛してても、あっちではNG、とかね)のあふれる美容業界の中で、珍しくゆるぎない共通認識。
強い作用の成分に頼らず、「肌のもつチカラ」に頼ると言うことは、余計にそういう「身体の状態」のことを無視しちゃいけないんだなぁ、と、ワガママ言いっぱなしのお肌様と向き合って、心底思いました。

そして、肌は過保護なケアを続けると、自分で働かなくなる。どんどん怠ける。
だから、過保護なケアは、さらなる過保護なケアを呼んでしまう。
(年々高級(高成分)ラインの化粧品にグレードアップしていかざるをえなくなってしまう、いわゆる「化粧品スパイラル」の原因のひとつにコレがあったりするそうな)

やりすぎず、でも、年齢や自分の肌質での弱点はちゃんとお手伝いしてあげる。
(過去記事・何のためのスキンケア?

それをずっと(失敗ばかりやけど)続けてきて、私のへたれだったお肌様も、シンプルなケアである程度の状態を保つことは出来るようになってきたと、思います。
頬ががさがさに乾燥することもなくなったし、吹き出物もできにくくなった。
出来たとしても、回復が早くなったし。

結果的に、とってもスキンケアが楽になりました。
なので、この調子で続けていけそうです。

「ノンケミカル志向」だけれど、「ケミカル・市販品、ダメ絶対」ではなくて。
(だって、市販の化粧品は、専門の研究で磨きぬかれたバランスの成分配合や、アプローチ方法の集大成。
ちょっとかじっただけの素人がどんなに同じ材料で作ったとしても、やっぱり敵わない・・・と思ってます)
絶妙ブレンドの美容液とか、心くすぐる贅沢なオーガニックのコスメラインとか。
……たまに、そんな市販の美味しいものもつまみ食いして楽しみつつ。


基本はシンプルに。

ゆるっと「肌を育てる」スキンケアをやっていこうと思います。




・・・とりあえず、出産後、お肌様はどう変わるかしら・・・(どきどき)










拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

お肌様、ご機嫌をそこねる。
2011年01月10日 (月) | 編集 |
こんばんは。

今日は久しぶりにお肌様のご報告を・・・。

突然ですが、年末からどうにもお肌様の調子が良くありません。

小さなニキビがふつふつふつ・・・。

頬骨周辺から、頬にかけて、現れております。

hada-b.jpg

は~・・・荒れております。
これはちょっとマシになった状態で、実はもう少し小さいふつふつが目立っておりました。
今、頑張ってお肌のリセット中でございます。

年末年始に色々バタバタして、ちょっとストレスがかかることもあって、食事もあまり良くなくて・・・。
色々重なったせいかな、とのんびり思っていましたが、それにしても引かないので、ちょっとお肌ケアを振り返ってみました。
そして・・・ちょっと納得

何度頭を打ったら気がすむんでしょう・・・
たぶん今回も、脂肪酸過剰成分過多による肌荒れと思われます。

年末までのケア

朝・夜ともに

・石けん洗顔(最近乾燥気味だからと、オレイン酸高配合も頻繁に顔に使用)
・ハンガリーウォーターのローション(約30%濃度)
・ホホバオイル or 緑茶抽出のオリーブ&セサミオイル


石けん作りや、コスメ作りが楽しくなり、「肌のシステム邪魔しない」の基盤がちょっと甘くなっていました。
色んなもの、ドンドン試して、たっぷり使ってみたくなってしまうんですよね

そして、「乾燥しているから大丈夫」と思ってガンガン使っていた高濃度のローションやオレイン酸高配合の石けんでしたが・・・。
「大丈夫」と言うのは「数週間使い続けて、問題がない」と言うこと。
1・2回使って何も起きないから「大丈夫」と言うのは、まだ早い。
もともと、自分の肌が、オレイン酸過剰に弱いことはわかっていたはずで、気をつけていたはず、なのに。

石けん洗顔でのこるオレイン酸の上に、ローションを挟んで更にオレイン酸(オリーブ油)を重ねていたわけです。
明らかに、オレイン酸を乗せすぎ・・・。

だいぶ意識が低下していました

手づくり石けんは、材料の油脂を全て石けん分に変えてしまわず、少し油脂を残して石けん化することが可能です。
私の石けんも、10~15%分の油脂を残して作っているので、洗顔後も汚れを流した後に少し肌に油脂が残ります。
なので、オレイン酸高配合の石けんを肌に使うと言うことは、洗顔後にオレイン酸が多く肌に残るということ。
(ちなみに、市販の石けんは油脂をほぼ100%石けん化しています。それでも、オレイン酸は肌への残留性が高い為、多少の脂肪酸が残るとのこと)

これは、オレイン酸が足りない肌(乾燥傾向のお肌に多い)にはとてもよいこと。
しっとりと肌を落ち着かせ、肌の脂肪酸バランスを整え健やかに保ってくれます。


・・・・・が、私のようにオレイン酸の足りている肌にとっては、実は逆効果。
詳しくは以前、不飽和脂肪酸のサジ加減でまとめていますのでこちらをご覧下さい

そして、ローションの使いすぎ・・・。
「肌が湿る程度」に使っていたはずが、気付けば「何度も重ねてびちゃびちゃにつける」つけ方になってきていました
ローションは肌に水分を与え、こちらもオレイン酸と同じく「肌の常在菌」の繁殖を助ける働きも持っています。
・・・が、オレイン酸も過剰だった為、他の菌も繁殖しすぎた(?)のでしょうか。
しかも、水分をつけすぎることは、角質層がふやけて肌バリアの低下を招きます。=乾燥や刺激に弱い状態に。
更に、通常20%が上限のアルコールチンキを30%使用。
私の肌には濃度が濃すぎて逆に刺激になったとも考えられます。

あぁぁ、お肌様、ホンマにごめんなさい

成分の与えすぎ・脂肪酸の与えすぎ

他にも生活面やケアに問題はあるかもしれませんが、自分で思いつくのはこの二つ。
抱えきれず、お肌様はたいそうご機嫌を損ねてしまったようです



反省して、現在のケア

朝・夜とも

・石けん洗顔(オレイン・リノール同率配合、セサミやこめ油メインの石けん)
・ハンガリーウォーター(10%に濃度ダウン)を少量
・ホホバオイルorローズヒップオイル

オレイン単独高配合の石けんは全てシャンプーバー(髪とは相性が良いんです)やボディー用に使うことにして、
セサミやこめ油メインの石けんのみをフェイス用に使い始めました。

洗顔後のオイルはホホバ(朝)とローズヒップ(夜)。
ローズヒップは、低オレイン酸で、リノール酸が多く、皮膚の炎症に有効なαーリノレン酸も多く含まれたオイル。
前田京子さんの「シンプルスキンケア」を読んで、ずっと気にはしていましたが、今回、すがるように使い始めました。
ローションも薄めて、使用量も以前のように「肌が湿る程度」に。使わない日もあります。
2011,5 追記…最近肌の水分保持の働きが落ちてきたのか、自分の肌から蒸発する水分を捕まえるラップパックでは水分が補給しきれなくなってきました(年齢かしら・・・)、なので、ローションはほぼ毎日必要になりつつあります。)

とりあえず今は日焼け止めも塗らず、肌はすっぴん状態で仕事にも行っています。
目元だけパウダーはたいてメイクはしてますが・・・。

そんなこんなで、5日経ちました(実は旅行をはさんでました)。

お肌様のご機嫌は・・・。

ちょっと直ってきました
ふつふつが枯れてきて、赤みが引いてきています。
まだまだ写真の通り荒れていますが、年明け時期に比べるとかなり落ち着いてきました。

手づくりはとっても楽しいけれど・・・・。
色んなものを試したくなるけれど・・・・。

「自分のお肌様」を無視して「あれも、これも」となるのは、それこそ以前書いた「何の為のスキンケア?」だと反省しました。
やっぱり、まだまだ、ブレブレな私
しばらくは、このケアを続けてみて、様子を見ようと思います。
・・・あと、何回頭を打てば、私は学習するのだろうか・・・


ちなみに、私の肌は、顔と身体で状態が全然違います。

顔・・・皮脂分泌OK。オレイン酸は過剰になると皮脂と混ざって毛穴やニキビの原因になるので苦手。
(オレイン酸は皮脂を残して洗浄する傾向あり→私の場合、残るとマズイ)
体・・・皮脂分泌苦手。乾燥気味。水分不足。オレイン酸は洗浄力が強くて、後に乾燥するから苦手。
(オレイン酸は、肌に乗った時間が長いほど細胞間脂質(水分保持機能)を良く落とす傾向あり)
 →多分、ささささっと高速で洗えば、オレイン酸高配合でもいけるはず(でもそれは難しい)
    

・・・・ようは、どっちもオレイン酸高配合のものが苦手。・・・ということなんですが。
何で苦手か、の理由がちょっと違うんです。

石けん紹介をするときに、身体でレポしている時と、顔でレポしている時があるのですが、今までは特にそれを書いていませんでしたし、使用感も、肌荒れを除いてのその時の感触を書いていました。
でも、これからはどの部分で試したのか、ちゃんと書こうと思います。

ただ、この記事を読んで、「オレイン酸がいけない」とは、思わないで下さいね。
あくまでも、「私の肌」での場合。
実際、私の妹はオレイン高配合で調子がよくなる肌です。
ただ、世間で絶賛されまくっているオリーブ油やオレイン酸でも、肌の特徴によっては合わない場合がある。という一例だと、軽く流しておいて下さいませ。。。



お肌様、新婚旅行までには、ご機嫌直してね・・・(切実)




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

お肌様の脱ケミ記録。(…とお風呂のススメ)
2010年11月21日 (日) | 編集 |
こんにちは。

手作りの記事と、スキンケアのウンチクの記事がごっちゃごちゃになってきたので、この度整頓してみました。
ノンケミカルなスキンケアの考えなどの記事は→ねことミルクとはちみつと・・・記事分類表
手作りモノの覚え書きなどの記事は→ねことミルクとはちみつと・・・手作りコスメ・石鹸の記事一覧

読み返してみると、合成界面活性剤に始まり、肌への摩擦のことや、生活習慣のことや、肌バリアのことや、ビタミンCのことや。。。
エステティシャン時代に得た情報と、ノンケミカルを始めて得た情報の覚え書集みたいになっていますね~
最初の方は、ケミカルからノンケミに移行するときの考え方の違いでの戸惑いなんかもチラチラ見え隠れしてますし
途中、何度かケミカルな有名メーカーの化粧品に手を出したこともありました。
「自分の肌を守る為」ではなく、「他人の美容法を全うする」ことに意地になっていた時もありました。

でも、今は、「何の為のスキンケア?」で自分の疑問をぶちまけて、自分の気持ちを書いてから、とってもスッキリしたというか・・・開き直ったと言うか・・・。
「擦らない・引っ張らない・ベタベタ塗らない・乾かさない」
の絶対に譲れないポイントだけ抑えておいて、あとは自分のお肌様のご機嫌次第のお手入れをするようになりました。


で、最近のお肌様記録です~。
たぶん、もう、しばらくはお肌様記録で写真を撮りません。
光の具合で色味が統一されませんし、だんだん比較検討しにくい状態になっているので。
つるピカ、もちもちになったら、記念撮影します~

hada9.jpg
これは9月25日の写真

で、今朝のお肌様は、
skin.jpg

・・・・ふ、また色の具合がおかしなことに・・・。

とりあえず、主観的な感想は、「良い感じ」です。
やっぱり夏は皮脂分泌にだいぶやられていたんでしょうね・・・。
過剰な皮脂と油分は毛穴を広げることを実感。
今は毛穴がかなり落ち着いてきました

ただ、30代まであと4ヶ月の私。
前から予感はしていましたが、やっぱり「タルミ」が出てきているような気がします
エステの仕事を辞めて、表情をクルクル動かすことも少なくなった今、顔の筋肉もあまり使わなくなってしまっているので、それも拍車をかけているのかもしれません。
ちょっと、「顔筋」意識してみようと思います。


一日のお手入れ覚え書き~

あんまり変わってないので、これと言ってはないですが・・・。

<朝>
手作りの石けんで洗顔(ぬるいお湯で)
or
Tゾーンだけ石けん洗顔
or
水洗顔
or
蒸しタオルで肌を温め

前日の夜に、ホホバオイル以外のオイルをつけている場合は、石けんか蒸しタオルを使います。


ハンガリーウォーターのローション
つけたりつけなかったり。
ココアバターやシアバターの入った石けんを使ったときは、あまりつけてないかもです。

ホホバオイル、じわっと肌に押し込み

(メイクする時)
パックスナチュロンの日焼け止め

その上からメイク
(最近は日焼け止めの上にパウダーもはたかない日があり
色をおくところの下にはミネラルファンデを薄く塗ったりします。


<夜>
オリーブオイルとセサミオイルの混合オイル(緑茶抽出)でポイントメイクを落とす。

たまにそのオイルを顔全体になじませて、ゆっくりフェザータッチでくるくる。
(その後ティッシュで押さえてオフ)

そのままお風呂へ
or
石けんで洗顔


ハンガリーウォーターのローションをつける。
夜はなんだかんだで毎回つけています。
身体にもつけたり。


ホホバオイルor クレンジングでも使っている緑茶抽出オイル
Tゾーンにはつけません。
付ける量は本当に少し。
肌がぬるぬるするようならティッシュで押さえます。
しっかり手のひらで押し込むようになじませます。その時、気持ち圧力のベクトルは上

乾燥がひどい時は蒸しタオルも使いますが、最近はそこまでひどくないので使ってません。


<お風呂>
帰宅して洗顔してから、汗をあまりかかなくなったので、小麦粉洗顔、ほとんどやらなくなりました。
身体は、作った石けんを泡立てて、手洗いします。

そうそう、本屋で立ち読みしてびっくりしたんですが、「半身浴は意味がない」というお医者様もいるんですね
確かに「肌」や「基礎代謝」のことを考えるのであれば、その通りなのかもしれませんが。。。

「血流」や「冷え」を考えると、やっぱり私はお風呂につかってしまいます。
エステティシャン時代、「お風呂につかる」ことを取り入れて、体の状態が変わる方を本当にたくさん見てきたので。(中には体質や病気でお風呂につかっちゃいけない方もいるので、その辺は柔軟に)

お風呂はゆるやかに「水圧」がかかるので、血流促進には効果的です
とにかく身体をよく温めるように。
ローライズや薄着・・・とにかく女性の内臓は日中とても冷えています。
冷えることでその働きが弱くなり、動きが悪いと言うことはその内臓が使う消費カロリーも低下。
脂肪がつきやすくなったり、疲れやすい、なんか調子が悪い・・・となってしまいます。
一日のうち、数分だけでも、冷えた内臓を温める(リセットする)時間を持つのはとっても大切。
ちなみに、血行が悪いと肌色もくすみます。

私は40℃のお風呂のなかで、お腹をさすったり(意外と、お湯の中で冷たく感じる方もいるかも・・・)、首や肩をほぐします。
脚のひざ裏や太ももの付け根のリンパ節もほぐして、リンパの流れも改善。
お湯の中で身体を揉むと、温度と水圧のおかげでパンパンな脚や肩こりなどの凝り固まった筋肉がほぐれやすいので、私はよくやります。

「お風呂に入ると疲れが取れる」のは
・お湯の暖かさと水圧で筋肉の緊張が取れ
・暖かい温度で縮こまっていた血管が開き
・水圧で血液・リンパの流れが良くなることで、溜まっていた「疲労物質」が流れる。
・自律神経がゆるみ、体の緊張状態がほぐれる。

ちゃんと体の仕組みがこうなるからなんですね
ちなみに、長湯するときは、熱いお湯ではなく、40℃前後の「温かい」お湯が安全です。

ノンケミカルケアは、体内環境がモロに肌に現れるので、こうした「身体のケア」もとっても大事だなぁと、地味に実践しています。

<その他>
マカを飲む
・・やっぱり、これ、好きです。
巷では怪しい(バイ○グラとか言われてるし…)サプリな扱いですが、栄養価は本当に優秀。
私ね、生理痛は相変わらずですが、本当にPMSがマシになった気がします。
体温もちゃんと36.4℃で保てているし・・・。
添加物いっぱいのサプリだと肝臓やられる可能性もありますが、これは「マカ」というお野菜の粉末を固めただけのものなので安心。

野菜ジュースを飲む
これも相変わらず。
最近はヨーグルトも良く食べてます。


そんな感じで、シンプルなお手入れやってます。
いろんなものに手を出したくなくなったのは、ハンガリーウォーターを取り入れることで「成分を入れない不安」が解消されたからだと思います。
やっぱり、自分が信じてるものがそばに1つあると、とても安心~。

なんか、久しぶりにスキンケアのことを書いたような気がします・・・(汗)。
基本はお肌様のご機嫌第一
無理せず、気張らず、お肌とお付き合いしていこうと思います。






拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

お肌様近況(脱ケミ記録)。
2010年09月28日 (火) | 編集 |
こんにちは。
なんか、涼しいを通り越して寒いですね~
急遽、クローゼットの衣替えをしました。

そういえば久しぶりにブログの管理画面を開いたような気がします。
めっきりお肌様の記録を怠っていたので、ここらで記録しておかねば。


最近のお肌様
 (今までのずっこけ奮闘記はコチラ
春に脱ケミをし、なんか知らぬ間に角質培養的なことになっていて(…え)、夏最盛期には皮脂分泌と脂肪酸バランスに悩まされ、右往左往しながらやってきましが。
ちょっと涼しくなってきて、何か調子がとっても宜しゅうございます。

では、写真から~
どどん。

sonog2.jpg
これは8月25日の写真です~。

そして、・・・どどどどん。

hada9.jpg
これは9月25日。


・・・・あら、ちょっと光の色合いが違うから解りにく…
どうでしょう、どうでしょう。
主観的には、毛穴や肌のボコボコ感、くすみやキメなんかがずいぶんマシになって来たように思います。
ただ、八月末から空調がガンガンかかった場所にいることが多くなったので、ちょっと肌の乾燥は感じるかな。
なので、スキンケアも、ちょっと保湿を意識するようになりました。

基本のアイテムは変わりませんが、肌の状態に合わせてコロコロやり方を変えています~。

一日のお手入れ、覚え書

<朝>
・部分的に石けん洗顔。
寝汗をかいてベタベタ・・・と言うことがなくなってきました。
なので、泡を乗せるのはTゾーンやアゴ周りだけ。
頬は乾燥しそうなので泡は乗せず、泡をすすぐ時に一緒に顔全部をぬるま湯で洗います。

・蒸しタオル
Tゾーンの皮脂浮きもあんまり気にならない時は、蒸しタオル登場
ハンドタオルをレンジでチンしてホカホカにし、少し冷ましてじわっと暖かい程度になったら顔にガバっとON!。
タオルをしっかり肌に密着させて、蒸気を馴染ませ、皮膚を温めます。
…で、タオルを外しながら小鼻周り・アゴ周り・オデコ・目の周りなど、汚れの溜まりやすい場所をタオルを密着させながら・擦らず・滑らせるようにふき取ります(たかがタオルと思うなかれ。これ、意外と難しいんです。エステティシャン時代、めちゃくちゃ練習したもんなぁ…タオルワーク。)
タオルが密着しないと取れるもんは取れず、しかし擦ると取れすぎる・・・・。
なので、柔らかいガーゼを使うのもよいかも知れません。

洗顔をしたら、保湿。
朝に肌に乗せたものは、紫外線や温度変化、ホコリや排気ガスの中にさらされるので、安定している、でもってオイルではなくワックスのホホバオイルを使います。

・ホホバオイルをごく少量、手のひらに伸ばして、肌にハンドプレスで押し込むように丁寧に馴染ませます。
何でも、しっかり馴染ませる為には「密封すること」が良いのですが、この押し込むようにつけるのもその一種。
軽い圧をかけることでじゅわっとオイルが肌になじみ、パパパパパっとつけるよりも仕上がりのもちっと感が違います(実感した)。

・でもって気が向いたら(コラ)ラップ保湿
ラップを剥がした後、肌が湿っていたら、その水分も肌に押し込むと仕上がりがなんかいい感じです。
今のところ、ローションはまだ登場していませんが、なんか乾いてる感じがしたらオイルの前に使うかも…。

で、朝ごはんを作って、食べて、ダンナを送り出し、メイクをします。

<メイク>
・ベースに日焼け止め(パックスナチュロン)
→ティッシュで軽く余計な油分を押さえる(このひと手間で仕上がりが違います~)
→ミネラルファンデをクルクル~。
→でもってポイントメイク。…こんなに脱ケミを謳う私ですが、アイメイクはケミです(爆)。えぇ、貧弱な目元なモンで
→仕上げにミネラルチーク(お気に入り)。ふわっとぼかして完成。

そして、仕事(バイト?)に出かけます。


<クレンジング>
・マカダミアナッツオイルをコットンに良く含ませて、アイメイクを落とします。
擦らず、コットンを軽く密着させてゆっくり滑らせるように。
その後、マカダミアナッツオイルを顔全体に塗って、ゆーっくりクルクル馴染ませて、ティッシュをガバッとかぶせて押さえ、油分オフ。
その後、石けんで洗顔します。

<お風呂>
お楽しみの時間です
小麦粉ペーストでクルクルしてみたり(やっぱり白くなってしっとりする~)。
小麦粉に少し米ぬかを混ぜてペーストにしてクルクルしてみたり(これだと憎っくきグルテンのポロポロが出にくいことを発見)
オイルをつけて、湯船につかりながら耳周り、首、肩をマッサージ。
などなど、色々楽しんでます。

<お風呂上り>

・保湿
ホホバオイルか精製マカダミアナッツオイル(調子イマイチの時)を朝のように肌に押し込む。
オイルが馴染んで、肌が柔らかくなるまで優しくハンドプレス~。

何か乾燥気味!?の時は、オイル前にローズ&カモミールウォーターを小豆大手のひらに伸ばしてハンドプレス。

スペシャルケア
オイルが馴染んでもなんか肌の奥が突っ張る感じがする時。いまいち肌が硬い時。(超乾燥した部屋に一日居ると時々なるんです)(コチラの記事を実践)
まず、塗ったオイルと同じものをちょっと多めに肌に乗せ、ゆっくり指全体の腹を使ってクルクル馴染ませます。
馴染んだら蒸しタオル登場!
ガバッと肌にかぶせて、オイルと蒸気と肌を馴染ませ、そのままゆっくりオイルをふき取ります(小鼻の周りやアゴ周りは念入りに)。
頬に残った油分は、ハンドプレスで再び押し込み!。
その後、ローションをごく少量(小豆大?)、をハンドプレスで馴染ませ、押し込むようにつけます。
そして、ラップ保湿。

これをすると、次の日、肌がぷるっぷるなんです。
…ただ、良いからといって毎日やると、お約束通りお肌様が機嫌を損ねます(えぇ、やりましたとも)。
小麦粉ペーストも毎日やると角質が取れすぎてしまうのか、肌が乾燥気味になるので(詳しくはコチラ)、やっぱりスペシャルケアとしてたまにぐらいがちょうど良いと思います。

基本は洗顔(落とす)→ホホバオイルorマカダミアナッツオイル(保湿)
の2ステップです。

<体内浄化>
マカを飲む
野菜ジュースを飲む
(余談ですが、看護士の友人いわく。「ジャンクフードや脂肪・塩分・糖分の高い食事で血中コレステロール値が最悪の状態の人も、濃いい野菜ジュースを一日二杯飲むだけで(健康なレベルまでではないけれど)数値が下がる」そうです。野菜の浄化作用ってすごい。)
なるべく今日中に寝る(いや、これ本当に大事)。
水分はお茶・水で取る(ジュースやスポーツドリンクだと、余計な糖分まで摂ってしまうので)。

などなど・・・。
やっぱり、生活習慣は一番肌に効きますね(関連・ノンケミカルケアの落とし穴)。


そんなこんなで、ちょこちょこ足掻きながらやっております。
こ、今回も気づけばロングな文章に…。スミマセン
やっぱり、土台はお肌様のご機嫌第一主義(笑)。
たくさんの美容法に勝手に惑わされながら、今はっきり思うことです。
(意外とやってる!?「思い込み」肌診断何の為のスキンケア?)

これから乾燥の季節。今年の秋冬は化学成分に頼らず、お肌様に自分で頑張ってもらわないといけないので()、肌の基礎能力作りはサボれません。
そして、10月の下旬には自分で作った手作り石けんも熟成が終わって使えるようになるので、それも楽しみ
最近もっぱら、手作りでストレス解消しているよち。でございました。

honey-milk.jpg
記念すべき第二号石けん「ミルクとはちみつ」(ただいま熟成中)。
このブログのタイトルそのまんまですね




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

最近のお肌様。(脱ケミ記録)
2010年08月26日 (木) | 編集 |
明日から、ダンナの友達一行と旅行に行ってきます
旅館のアメニティーはちょっと怖いので、さっき、持って行くように台所で石鹸を小さくカットしました。
石鹸と泡立てネットとホホバオイルさえあればOK
いや~楽ですわ~。


 最近のお肌様

ウンチクばっかりで肌の記録を放置してました
まさかの脂肪酸過剰の肌荒れから3週間が経過しました。

まずはお肌様のご様子から。真ん中のニキビコンビにご注目ください~。
まずは最初(8月5日ぐらい?)
keana.jpg
次に8月17日
sonogo.jpg
で、8月26日
sonog2.jpg


ニキビちゃんがかなり薄くなってきました~
あぁ、私のお肌様、ちゃんとターンオーバーしてたのね
それと、テカリ方もかなりマシになり、顔の刺激もかなり治まりました。
毛穴は・・・・閉じてるのかしらコレ?。この辺りはいまいち実感ナシ。でも、パウダーのノリは良くなってきてます。
ただ、たるみが気になります~~~~~~


スキンケア遍歴
・ニキビが出来るまで。
ネオナチュラル・クレンジングオイルでクレンジング(メイク時)

石鹸洗顔(ショコラ・ド・バーンや池田さんの石鹸・アルガン石鹸)
オレイン酸を多く含む石鹸で洗顔。

マカダミアナッツオイル&ホホバオイルのブレンドオイル

ラップ保湿。たまーーーにオイルの前にヒーリングローション(ネオ・ナチュラル)。

*ニキビと毛穴が発生し始め、テカリもひどくなる。
色々調べて不飽和脂肪酸の過剰を知り、泣く泣くオレイン酸系の石鹸とマカダミアナッツオイルをお休みする。

・過剰摂取を知ってから。
ホホバオイルでクレンジング(メイク時)

石鹸洗顔(白雪の詩・Mマーク無添加石鹸・乾燥時のみ池田さんの石鹸)
なるべくオレイン酸系の石鹸を避け、パーム油や牛脂メインの石鹸使用。洗う順番にも注意(Tゾーンから洗う)

ホホバオイルのみ

ラップ保湿

*そして夏バテし、体力低下。肌のたるみや日焼けでの真皮ダメージが気になり、インナー(体内)ケアも始める
 メイクを落とした後、お風呂に入るまで時間がある為、石鹸洗顔が合計で朝・メイク落とし後・お風呂の3回 になっていました。
角質の取りすぎになることに気づいて、ちょっと工夫を入れるように

・今の日替わりケア
基本は一緒ですが、三回目の洗顔が石鹸洗顔にならないように、色々考えました。
水だけにしようか・・・いっそ洗顔しないか!?とも思いましたが、メイクを落としてからお風呂までに結構汗をかいてベタベタもしています。
石鹸を使うほど汚れが溜まっているわけではない・・・・でも、ベタベタした皮脂を残すのは酸化が心配・・・・。
なので、洗浄力が弱く、かつ汚れを吸着するものを3回目にしようと思いました。
となると、ガスールや米ぬかになりますが。
…いま、手元になかったので、台所にあった「小麦粉」にロック・オン(笑)。
小麦粉はアロマのパック基材としても使われるので、安心(小麦アレルギーの方はNGデスよ)。
むかーし、「小麦粉パック」流行りましたよね
やってみると・・・・。
あら、なんか、いい感じです
小麦粉にも、汚れを優しく吸着する力があるそう。
日本の「米ぬか」と作用が良く似ています。
ある意味、「泥」のガスールよりも低刺激かも・・・。

基本ケア
ホホバオイルでクレンジング(メイク時)

石鹸洗顔(基本パーム・牛脂ベース。乾燥を感じる日はオレイン酸の多い石鹸)

ホホバオイル(朝はミツロウクリームor日焼け止め)

ラップ保湿(気が向いたら)←オイ

メイク落とし後、時間が経ってからのお風呂の時
小麦粉をフラワーウォーターで練って、肌に塗り、クルクルマッサージして洗い流す。
(放置する(パックする)のは、角質層をふやけさせるので控える)

ホホバオイル(念入りに肌に押し込み)

ラップ保湿

<インナーケア>
マカのサプリメント
野菜ジュース(デルモンテの食塩無添加野菜ジュース)
納豆

あと、太陽に長時間当たった日は、クレンジングオイルをマカダミアナッツオイルに変更してみました。
このオイルは細胞の傷を修復する作用があるので、日焼けには本当に効果を実感。
顔で過剰を起こしてからも、ずっと身体には使っていました。
そのおかげか、ものすごく日に当たっているはずの腕や肩に、今年は全然ダメージを感じません

ただ、身体なら大丈夫なんですが、皮脂分泌の多い顔の皮膚に乗せっぱなしにすると、またオレイン酸・パルミトレイン酸の過剰でお肌様がご機嫌を損ねるので、洗い流してしまうクレンジングとして使って、肌に補修成分を補給しています。
(この使い方がいいのか悪いのかは・・・・判断できる理論はまだ持っていないので、恐る恐るですが・・・)
まだ2回ぐらいしかやってないのですが・・・。日焼けのヒリヒリや乾燥もなく、肌は治まってます。
あとは、過剰さえ出なければ~。


基本は変えず、なんだか毎日実験のようです
人生で一番、自分の肌と向き合ってるかも・・・(今までお客様メインで、自分にあまり興味がなかったので・・・)。



また次の記録の時、すこしでも良くなっていますように




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。