スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

紙おむつ、洗濯機で回る。の巻
2013年11月25日 (月) | 編集 |
とうとうやってしまいました。
記事カテゴリーは「その他やってみた」ですが。
正しくは
やらかしてしまった」です


チビが産まれてこの方、オムツは紙と布を併用しています。
子育て情報のサイトでは、よく布ユーザーと紙ユーザーが激論を繰り広げていますが、
私の場合、紙・布とも絶対コレ!というこだわりはありません。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、両方用意しといて良かった~と思っているお天気脳ミソの母です。
気分やお財布事情、お天気事情によりコロコロ変わるので、チビもこだわりなく「されるがまま」の状態です。
あ、でもここしばらくはもっぱら紙ばかりになっていますが…。

そんな、もうすぐ2歳になろうというその時に。
もうすぐオムツともバイバイしなきゃね、と言うその時に。
母はやらかしました。


洗濯機でオムツ洗濯


えぇ、もう、大惨事でした。
いつものように、お洗濯終了のブザーが鳴って、いつものように蓋を開けて、洗濯物をつまみあげて…。

・・・・・って、あれ?

洗濯層のお水をこれでもかと吸った現代の高分子吸水ポリマーが、ご飯粒のように洗濯物にびっしり…。
その奥に、パンパンにふくらんだオムツも発見。
糸くずネットにも洗濯層にも、ゼリー状のポリマーがぎっしり。


しばし洗濯機の前で硬直。
状況を把握するまでに(というか、現実と認めるまでに)、少々時間がかかりました。
いつ?いつオムツがまぎれこんだのぉぉぉぉぉぉぉ


洗濯層と衣類にびっしりへばりついたご飯粒もどき。
しかもその日に限って洗濯物の量が多い日。
え、これ、私がどうにかする・・・・ん、ですよね?(←受け入れたくない)
・・・というか、洗濯機!、洗濯機終了の危機なんじゃ・・・


というわけで、すがる思いで「紙おむつ・洗濯」をネットで検索しました。
すると。
体験談、まとめサイト、出る出る(笑)。
ずらっと並ぶ検索結果に、ちょっとだけ心が救われました。


そんなわけで、色んな方の体験談からオイシイとこ取りをした(え)、
私の対処法を載せて置こうと思います。
(覚え書きだけど、もう二度と体験したくないー。)


衣類編

● まず、汚れても、ダメージを受けても構わない服(捨ててもいいぐらいの)に着替える

● 洗濯層の中で衣類を一枚ずつフリフリして、ポリマーを払い落としながら取り出す

● ポリマーが飛び散っても掃除が楽な場所(ベランダやお風呂場など)で、取り出した衣類を一枚ずつよーく振りさばくいて更にポリマーを払い落とす。(手でやるとポリマーがねちゃっとへばりつくので、振り落とすのがオススメ←意外とこれで取れます)

● ポリマーは乾くとサラサラになるので、とりあえずこのまま衣類は乾かす

● 乾いたら、取り込むときにまたバサバサと振りさばく。気になるところがあれば、コロコロローラーなどで取る

ここまででほぼ気にならない状態になりました。

● 念のため綺麗になった洗濯機でもう一度洗う




洗濯槽編

● まず糸くずネットのプルプルを取り除く。

● 洗濯層の中のプルプルをティッシュや雑巾で出来るところまでとる。
 
● ここでネット界の神技!「塩」の登場!
 高分子吸水ポリマーは塩と混ざると液状化するそうな。
(この辺はどういう仕組みでそうなるのかはわかりません
 ついでに、カルシウムイオンやマグネシウムイオンを含む、「にがり」入りや「海水」に近いお塩を使うと、
 化学反応でポリマーの構造が変わるそうなので、より良さそうです。
 なので、私は「あら塩」使用
*注意*
 「塩」は洗濯層の金属を傷める原因にもなるので、塩を使うときはそのことも理解した上でトライしてくださいね。


 洗濯機の設定を「最高水位」にし、洗い時間も「最長時間」に設定(すすぎ・脱水は設定せず)。
 お塩を大さじ2杯ほど投入。
 たまに一時停止をして水流を止めながら、洗濯層を回す。
 最後に、プルプルの状態を確認して水抜き

なんと!、しつこくこびりついていたプルプルが見えなくなりました!
ビバ・ネット情報!みなさん、体験談と感動をありがとう!!。
ネットがあって本当に良かった
 
● ↑の事(塩で洗濯槽ダメージ)もあるので、もう一度「最高水位」「洗い最長時間」で回しました。




一着だけ(主人がうっかり放り込んでいたニットのセーター)お亡くなりになりましたが、
後の衣類はぜんぶ復活。
洗濯機も、その後衣類にプルプルがつくことも無く、今のところ順調に動いています。

・・・・とにかく、本当に本当に面倒くさかったーーーーー。

もう二度とやらかさないことを心に誓いつつ、これが誰かのお役に立てたらちょっとだけ幸いです。

00 0042

そんなこんなで最後はチビの近影。
「いないいないばぁっ」のワンワンを激愛中。






拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

化学のお勉強
2013年10月05日 (土) | 編集 |
先日、お友達のこゆりすさんにお誘いいただいて、ツクツクさんのお教室で行われている「石けん作りの化学」講座を受講してきました。


ガッチガチの文系街道を歩んできた私。
はるか昔の高校時代、化学の授業はあったはずなのに、とんと記憶がございません。
…あ、「すいへいりーべーぼくのふねー」ぐらいでしょうか


でも、手作り石けんと出会いました。
いままで「劇物」なんて触れたこともない素人が、いきなり「扱いによっては大けがをする」苛性ソーダというハードルの高い物を扱うことになりました。


最初はビクビクと本を見て作っていましたが…。
だんだん、色々自分でやってみたくなるんですよね
そうなってくると、「自分が作った石けんの安全性」とか「どの油脂を使ったらどんな石けんになるのか」とかも気になってきて。
「鹸化」のこと「脂肪酸」のこと「苛性ソーダ」のこと。
今まで見向きもしなかった「化学」のことを、知りたいと思うようになって来ました。
三十路になって、やっと初めて自分から勉強したいと思った私


でも、勉強すると言ってもインターネットで色々見て回るしかないし、専門の化学サイトは難しすぎてもはや異次元
なので、「手作り石けん」をベースにした化学の講座に誘っていただいたときは、とっても嬉しかったです。


しかも、お教室の最寄り駅が高校時代に毎日利用していた駅でした。
10数年ぶりの母校の最寄り駅。
うれしい偶然でした


1回目は都合がつかず受講できませんでしたが、今回2回目の講座を受講させていただきました。
もういい年のクセに超ウルトラスーパー人見知りの為、終始こゆさんにひっついていた私()。

IMG_1274.jpg

普段使っている「油脂」についてのお勉強。
そのままだったら「????」となってしまう化学用語や仕組みも、身近な素材を例に説明してくださったので、本当にわかりやすかったです。
充実の時間でした。

講座の後も、ツクツクさんが第1回目の内容を教えてくださったり、参考書籍を見せてくださったり、色々とお声をかけてくださって、とても嬉しかったです。
皆さま、本当に素敵な方々でした。


ecru1さん、ツクツクさん、ありがとうございました。


そして、しあわせな頂き物たち。

IMG_1280.jpg

講座で作ったリップクリーム。
ローズワックスを使った女性らしい香り
ツヤツヤ感がとても良くて、グロス代わりに毎日使ってます。

IMG_1276.jpg

しゃぼんママさんにたくさん頂いたハーブのうちの1つゼラニウム。
根がつくまで、我が家の食卓を彩ってくれています。

ブログ村の手作り石けんのカテゴリーを知った時からずーーーーーーーっとブログを拝見している、しゃぼんママさん。
講座の途中も「…もしかして、もしかして…」とドキドキしていました。
まさかまさか、お話できた上にハーブまでいただけるなんて
(…でも、お話のきっかけが私の人違いで、本当に申し訳ないやら、恥ずかしいやら
大切に育てます。本当にありがとうございました。

午後からはしゃぼんママさんのハーブソルトの講座があったのですが、チビを一時保育に預けての受講だったので時間的に難しく、参加できなくて本当に残念でした

IMG_1279.jpg

そしてこゆさんからも~
富良野のお土産をいただきました。
国産ラベンダーの大御所「ファーム富田」のラベンダーグッズ(写真はラベンダーソープです)。
帰り道も紙袋からずーっといい香りがしていました。
今は我が家の洗面所で、癒しのコーナーになってます。
誘っていただいただけでもありがたいのに、チビへの気遣いや、お土産まで用意してくれて…こゆさん本当にありがとう。

そうそう、ふとこゆさんのお腹を見たら「ぽこっ」と動いた時があって(こゆさんは妊婦さん)、なんだかほっこりしました。

IMG_1259.jpg

初の長時間預かりを経験したチビ。1歳8ヶ月になりました。
いつも突然熱を出したりする子なので、今回も当日の朝までヒヤヒヤしていましたが、無事に一時保育へ預けることができました。
お迎え行ったときは号泣したけど、託児所ではたまーに涙をみせつつもお友達と遊びながら過ごしてくれていたようです。
初めての一時預かりの時はずーっと泣いてたのに、なんだかちょっとお姉さんになったみたい。
ありがとう、チビが待っててくれたから、とっても良いお勉強ができたよ。


10月2日にお会いした皆さまに、感謝を込めて。




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

おフランスから個人輸入
2013年08月14日 (水) | 編集 |
世の中はまだまだ円安。
個人輸入には不利な時期。

「なぜ、今…

というツッコミが聞こえてきそうですが。
タイトルどおり、フランスから個人輸入をしました。

メディカル仕様のプロ御用達、高品質精油メーカー「フロリハナ」。
日本語対応していて、応対も良く、個人輸入しやすいと評判のメーカーさんです。
最近日本支社が出来たことで、送料もお得に、お届け期間も短くフロリハナ製品を購入できるようになり、たいそう便利になりましたね。
AEAJの会員や、サロン経営者は割引特典もあります(楽天の方のショップはわかりません)。
フランスでのお値段に比べたら1つ1つのお値段はやはり倍近くするけれど、数千円かかる関税や送料を考えたら、日本支社でのお買い物の方がお得だと思います。

ですが、今回は自宅でひっそりやっているトリートメントルーム(あまりに細々すぎてここでは書いたことがありませんでしたが…)で使う分だったので、何せ本数が多くて
円安でも、5千円以上する送料()を加えても、フランスのフロリハナから購入した方がお安かったので、この方法を取りました。
フロリハナの個人輸入は結構やっている方が多いので、検索をかけると情報がたくさん拾えます。

この円安の最中に誰が興味あるねん、といった感じですが、覚え書きでレポ残しておこうと思います。


        

用意するもの。
クレジットカード(VISA or Master)
電卓

・ まずはおフランスのフロリハナを開きます。

リンクは既に日本語対応されているページに飛ばしていますが、もしフランス語のトップページが表示されたら、以下の印の部分から日本の国旗を選択して、日本語対応にしてください。

florihana.jpg

日本語対応のページになると、まず「日本支社ができました!」のお知らせがどーんと出てくるので、まずはそれを「×」をクリックして閉じます。
フロリハナの日本語対応ページは隅々まで日本語に直してくれているので、まるで日本のサイトを見ている気分になります。本当に日本に優しいメーカーだなぁと思っていたら、フロリハナのトップの奥様が日本人なんだそうな。ありがとう、奥様
問い合わせにも日本人スタッフが答えてくれるそうですよ~。



・ 言語が日本語になったら、早速楽しい商品物色(←コラ)ターイム。

カテゴリーの中から、「製品」の上にマウスを置き(クリックしない)びよーんと商品カテを出して、見たい商品の種類をクリックします。
(Shopと明記されたカテゴリーがないので、私は最初ここで迷子になりました

florihana2.jpg



・ 商品名は日本語表記ではないので、ご注意を。

わからないときは、日本支社の商品ページ(商品名も日本語、画像はフランスと同じ)を見て確認したり、商品画像の左下「詳細」をクリックして、学名で判断すると良いかと思います。
(学名ご存知の方には蛇足ですが…。例えば、日本で言う「真正ラベンダー」はフランスのフロリハナサイトでは「Lavendula Vera」と表記、日本支社で「フレンチ・ラベンダー」と表記されているのは、本家では「Lavandula stoechas」等など。)

florihana3.jpg

「購入」にマウスを置くとサイズごとのお値段が出るので(しかも円表示付き)、欲しいサイズをクイックすると買い物カゴに入ります。
日本ではあまり見ない精油やキャリアオイルがあったりするので、ココロが踊ります
しかも安い!。日本では1535円する野生の真正ラベンダーがフランスでは約898円ですよ~。
お値段のはる女王様精油達(ローズオットーやネロリなど)も、日本よりもぐっとお得でした。
円安とはいえ、めっちゃテンション上がります。
サクサク買い物カゴに入れて行きましょう~。

 * Flash非対応のブラウザだと(iphoneやiPadのSafariやgoogleClomeなど)、この「購入」から買い物カゴに入れることが出来ません(価格表が表示されない)ので、かなり面倒ですが「詳細」ページをまず出して、そこから買い物カゴに入れることになります。その場合、「詳細」ページの価格表に円表示は出ない(Flash対応だとマウスオーバーで出ます)ので、1ユーロ何円かメモしておくと良いかと思います。
 * 日本円への換算に慣れていない方は、「為替レート変換君」などの便利サイトがあります~(…でも最終的には1ユーロいくらかメモっておいて、電卓叩いた方が早かったですが…)。
でも、実際の決済金額はリアルタイムのレートではなく、カード会社のシステムによって多少変化するのでご注意を(私はリアルタイム128円ぐらいだったのに、カード切ったら136円で換算されていてチーンとなりました



・ 選び終わったり、注文の合計が見たい時は、ページ右上のカートをクリック。
(この記事用に、適当に買い物カゴに入れてみました)

florihana4.jpg




・ こんな感じで、注文内容が確認できます。
florihana5.jpg

商品名と価格以外はほぼ日本語。本当に日本で通販している錯覚を起こしそうです。
合計金額を確認して、OKなら注文ボタンをクリック。
新規の場合はIDを登録します。

私は何も考えずポンポン買い物カゴに入れていたので、合計金額を円換算した時真っ青になりました。
商品の削除は、数量欄のゴミ箱のアイコンをクリックすれば削除されます~。
ちなみに、驚きの高額送料はID登録の後に出てきます。



そして、ここからこそ画像が必要なID登録なのに…。
既にID登録してしまっている私は登録画面が出ませんでした(←役立たず…)。

えと、初めての方は新規の登録が必要です。
入力はアルファベットのローマ字ですが、その登録の説明などはキチンと日本語で書かれているので安心です。
本当に日本の通販と一緒。
ただ海外だなぁと感じるのは、住所の入力方法ぐらいでした。
例えば、日本だと
○県
○○市
○○(地域名)
○丁目○-○

と入力することがほとんどですが。
フロリハナの登録画面では

○丁目○-○
○○(地域名)
○○市
○県

と、日本と逆になります。
(これをローマ字表記)

あとは日本語の説明に従って入力すれば大丈夫でした。

入力が完了すると「Informations sur le compte」というメールが来るので、メールに記載のアドレスへアクセスすれば登録完了です。
*お買い物前にあらかじめ、買い物カゴアイコンの左横にあるアカウント管理ページから登録をしておくのも良いかも。



・注文画面へ戻ります(戻らなかったり、タイムアウトした場合はフロリハナのトップページ→買い物カゴ→注文→作成したIDでログイン)

発送方法選択画面ですが、Fedexのみとなります。
ここで驚愕の送料とご対面です。(以前は注文後に送料のメールが来ていたそうです。)
私の場合、二人で34点購入して送料+保険が49ユーロ。
日本円で約6666円でした。ひえぇぇぇぇぇ
ここで送料を確認して、注文をキャンセルする事も出来ます。
あらかじめ日本支社で購入した場合にいくらぐらいになるのかを見ておくと良いと思います。
私は、この送料をプラスしたとしても、送料無料になる日本での注文より(割引を考えても)8000円ほど安かったので購入を決めました。


* 余談ですが、数本単位の場合だと、こちらのショップの3本よりどりがお得です。


一本辺り875円。選べる精油の種類は決まっていますが、その中には単価900円以上のものも入っているので、上手く選ぶと国内でも結構お得にフロリハナが購入できます。



さてさて、話を戻して。
送料を見てOKであればサイトの案内にしたがって次のページへ。
カード情報を入力して、注文を確定すれば注文完了です。
流れはほぼ日本と同じ。しかも全て日本語なので、国内通販になれている方なら楽勝だと思います。
注文が受理されると、「オーダーシート」という注文の明細を書いたメールが来ますが、これも見事に日本語です。
同時に、カード決済システムの会社の「COMMERCE ELECTRONIQUE」という所から「カード決済しましたよ~」という全文英語のメールが来ます。


金曜日に注文して、発送しましたという「your order was sent today」が来たのが火曜日。
こちらは全文英語です。
追跡番号と、発送会社のFedexのアドレスが載せられています。
こちらのサイトも日本版に変更できます(わからない場合は「フェデックス」で検索するとFedEx Japanのサイトが出ます~)。
クロネコや佐川急便の荷物追跡と同じように、Fedexのサイトで追跡番号を入力すると現在の荷物の情報が確認できて、同時にお届け予定日もわかります。
安心。
本当に、なんて便利な世の中になったんだ~。
私の荷物はフランスから中国を経由して、関空へ降り立ったようです
そして、到着したのが木曜日。
早い!。


まれに税関で引っかかって時間がかかることもあるようですが(…前にオーストラリアから個人輸入した時、税関で引っかかって2週間以上かかった経験があります)今回はとってもスムーズでした。



日本語対応ばっちり、発送までとってもスムーズ、梱包も本当に丁寧だし、ストレスフリーなお買い物でした。
個人輸入したっていう感覚があまりない…。
まとめ買いのときは、おフランスでの注文が本当にお得だと思います。
円安でもお得だったのに、円高だったらものすごいんじゃなかろうか。
ちなみに、FeDexの場合、関税は後から郵送で請求が来るそうです。
いくらかかっているかしら~。ドキドキ。



…そして商品到着から2週間後ぐらい。
FeDexから関税の請求が届きました。
税金のことはあまり詳しくないのですが…。
請求は1500円。
内訳は、関税 200円
    消費税 500円
    地方消費税 100円
でした。
ちなみに、支払いはコンビニ決済か振込用紙による電信振込みでしたよ~。

画像 002

一部のみ撮影。
フロリハナの精油は本当に上品で濃厚~。
メディカルユースなので、安心してトリートメントにも使えます。
今回はベーシックな精油ばかり注文したけど、次に個人輸入する機会があったら大容量のキャリアオイルとか、ローズやネロリなどの女王様精油達が欲しいなぁ。

あまり個人輸入には向かない経済状況の昨今ですが、参考になれば嬉しいです。






拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

蘇るフライパン。
2012年12月26日 (水) | 編集 |
マーブルコートのフライパンとウォックパン。
お嫁に行く時に母が持たせてくれました。

良く嫁入り道具として選ばれるような有名なメーカーものではなくて、スーパーの生活用品コーナーで売っているようなリーズナブルなものだけれど、
母が、あちこち見て回って選んでくれた、私にとって大切な嫁入り道具。

特に深型のウォックパンは大きさ・形がとっても使いやすかったので、毎日ヘビーユーズしていたらマーブルコートがすっかりはげてしまいました
面白いぐらい焦げ付く焦げ付く。
パスタなんて、加熱しながらソース絡めるだけで麺がべったり貼りついてました。
マーブルコートなのに空焼きしてたのがいけなかった…よね(お母さんゴメン)。

主力選手なのにすごい勢いで焦げ付くもんで、ご飯の支度が毎度ストレスフルな時間になっておりました。
コーティングなしの状態では私じゃ上手に使えない。
でも、お蔵入りしたくない。処分するなんてもってのほか。

と、思っていたら、知り合いからフライパンのテフロン修理をしてくれるところがあると聞きました。
まさに神の声
料金が良ければ利用してみようと調べてみました。

早速インターネットで「フライパン 修理」で検索すると、何社かヒット。
結構あるんだなぁ。。。
クチコミで多かったのがアルファ技研さんと、センテックさん。
ここの二社は料金の目安がはっきり表示されていて安心。(体験レポ出してるブログもありました)
あと料金の表示はしていないけれど、工房かがしやさんや睦化成さんも個人利用できるみたいです。
私は、送料を考えて大阪府のセンテックさんに問い合わせてみました。

「24cmのマーブルコートがはげたウォックパンですが、テフロン加工は可能ですか?」
と超簡素なメール()を送信。
すると、こんな感じでお返事いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○○ 様

お問い合わせを頂き、有り難う御座います。
下記注意点(特に 青字)ご了承の上、お送り頂ければ再加工させて頂きます。
料金・他について 下記の通り、回答いたします。

加工費 : ウオォックパン  φ24cm     @¥1,400~1,700(深さにより変動)
       マーブルコートは、出来ません。通常のフッ素コーティングになります。
送料  : 弊社への送料 → お客様 ご負担 。
       弊社からの送料 → 着払いで出荷します。
振込料 : ¥120 (お送りする時に 振込用紙を添付 します)
納期  : 基材 着後 約10日~14日間で発送します。(除 GW・SW等連休、盆休み、年末年始)
保証範囲: 内面のみ。外面の変色、僅かなキズ等は、保証外です。
      寿命は、使用方法にもよりますので、保証外とします。
      但し 1~2回位の使用で剥がれた等 常識的な使用での不具合は、再コーティングをもって保証とさせていただきます。
(この後、修理希望の際の注意事項等が書かれていました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…めちゃ明確。
そして素早い対応と丁寧な説明
安心だな、と思って修理をお願いすることにしました。

ちなみに、修理にだしたウォックパンはこちら。
IMG_0733.jpg
IMG_0734.jpg

…ふ。
キレイにコーティングがはがれております(泣)。

あ、ちなみに、送る時は取っ手を外して送ります。
IMG_0735.jpg
こんなところにネジで止まってたのね(初めて見た)。

プチプチでくるんで、大きさぴったりに組み立てなおしたダンボールに入れて、80サイズで発送。
だいたい10日ぐらいで着払いにて返ってきました。

取り出して、思わず「・・・凄っ。」

見て見て、感動の復活です
じゃん!

IMG_0800.jpg
IMG_0798.jpg

じゃじゃじゃーん
IMG_0802.jpg

完全復活!

早速使ってみました。
焦げ付かない~。炒め物も焼き物も具材がするする~っと滑る~。
嬉しい~

かかった金額は、修理代(振り込み料込み)¥1580+送料¥1550(行き¥850帰り¥700)=¥3130
でした。
金額的には他の新品を買えるお値段になってしまったけれど、使えないけど絶対捨てたくなかったものが新品同様に復活したので私はとっても満足です。
何個かまとめて送ったほうがお得だな。お鍋重ねたら同じ送料で何個か送れそうだったし。

嫁入り道具でもらったお鍋とフライパン(同じくマーブルコート)も、何となくコーティングが怪しくなってきているので、それがだめになったらまたお願いしよう。

ちなみに、テフロン加工はお鍋が高温になる空焚きと長時間の炒め物には向いてないそうで、火もできるだけ中火以下を使うこと。
使用後、熱々の状態をお水でじゃーっとせず(コーティングがはがれやすくなるそうです)、粗熱が取れてから洗うこと。
調理したものを長時間フライパンに入れっぱなしにしないこと。
で長持ちするそうです。

…ごめんよウォックパン。…全部身に覚えが…。
アタシ知らなかったもんで、ずいぶん過酷な労働をさせてしまっていたんだね
これからはホンマに大事に使います。
どうかこれからもよろしくね。


…あぁ、そして今日もここで時間切れ…。
(ちょっと前からチビが横でぐずり出してました
皆さんのブログに遊びに行きたいのに~。
ご無沙汰しっぱなしでスミマセン~。
…いつになったらコメ欄復活できるのかしら…(遠い目)。



拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

おひさしぐるぐる。
2012年06月18日 (月) | 編集 |
すっかり暑くなりましたね
ムシムシ、じめじめ。梅雨の空気。

そんな石けん作りにはあんまり適さない梅雨に突入した先週末。
半年以上ぶりにぐるぐるしました


IMG_0458.jpg

オイルの計量から久しぶりすぎてわくわくする。
もう、かれこれ一年ほどハーブを漬け込んだキャノーラ油。
・・・この時期にキャノーラか。冒険者だなワタシ。

そして夏に向かおうとしているのに、ココアバターを10%以上。
・・・大丈夫か。ハイリノールならいいけど、ハイオレインだぞ。
もしかしたら夏にはくどいコになるんじゃないかと気づいたのは写真の処理をしている時(遅)。
はい、久しぶりすぎてレシピも若干不思議ワールド。

IMG_0459.jpg

苛性ソーダの計量。
やっぱり緊張する。初心忘るべからず。
開封済みのものをずっと放置していたけど、見た目は変わらず。
なるべく空気を抜いて保管していたけれど、真空状態ではないから空気と反応した分が溶かす時にモヤモヤにならないか、すごく心配。

今回、水分は25%に挑戦。
キャノーラ石けんは私の中で「すぐドロドロになる」「水を含んでべちゃべちゃ」「柔らかい」なイメージがあって。
しかも梅雨でじめじめなこの季節。
・・・周りが水っぽい季節やし・・・いっそ水分減らすか?。
レシピ考えながら思い立ったのでございます。
そして、いつもは34%の水分をほぼ10%近くカット。
30%だと減らした感じがしなくて・・・
「久しぶり」という妙なテンションが私を大胆にさせました(←え)。

計り取ったら、すぐに分量の水に少しずつ溶かして水溶液にします。
思いのほかキレイに溶けました。透明の水溶液にほっと一安心。
冷ましている間にオイルを温めて。

IMG_0462.jpg

よしいい感じ。
さてさてここからがお楽しみの~

IMG_0464.jpg

ぐるぐる~
浸出油だから、きれいなグリーンが苛性ソーダを入れた途端褐色に。
これこれ、この反応も面白いんだなぁ。
とりあえず、10分は手でぐるぐる。
いいコになーれ、いいコになーれ。
その後。

IMG_0465.jpg

二刀流~。
娘が寝てる間(一応主人がいましたが)が勝負だったので、素直に文明の利器を使わせていただきました。
ブレンダーでしっかり撹拌しては、泡だて器で気泡を消すようにまぜまぜ。
撹拌開始から20分以内でトレースが出ました。

IMG_0466.jpg

ネトルパウダーと、青汁でそれぞれ色付けして型入れ。
ネトルって混ぜ込むと「緑」にはならないんだよなぁ。
いつも忘れてて、混ぜ込んでから「・・・あ」と思う。

IMG_0467.jpg

スプーンで底の方からざっくり混ぜてみました。
こんなマーブルになってたら超嬉しい。
・・・でも、現実はそううまくいかないことを私は良く知っている(遠い目)。

IMG_0468.jpg

頑張って~。おやすみなさい。
暑いからタオルとか毛布はいらないな。

IMG_0469.jpg

室温28度
暑っ
ここで急に夏の足音を実感。
リビングに扇風機を出しました。

IMG_0470.jpg

一日半経過。箱の中と室温がだいたい一緒になったのでオープン。
ジェル化・水滴・ソーダ灰なく、良い感じです
いつもならこのまま一日放置するけれど、水分が少ないせいかなかなかいい感じの固さになってたので、型出し・カットしました。

IMG_0472.jpg

むぎぎぎぎぎ。ちょっと型出し苦戦。固い~。
格闘、後、つるん。
鏡面仕上げのようなピカピカの側面が登場
やった
これで熟成中に灰がつかなかったらかなり満足

IMG_0473.jpg

さて~切りますよ~切りますよ~。
この瞬間が一番好き~

IMG_0474.jpg

・・・うーん、やはり現実は上手くいかなかった(沈)。
白の部分が意外と多いな。
マーブルもへなちょこだ。
やっぱり難しいなぁ、マーブルさん。
いつかは振り向いて欲しいものです。
何度挑戦しても、つれないお人。

IMG_0476.jpg

このね、左側みたいなマーブルになったら嬉しかったのです。
側面は上手くいくのにな。
予測不可能なマーブル。
難しいけど、やってみたくなる、不思議な魅力です。

IMG_0475.jpg

出来た~。
さて、湿気に負けずにいいコになってね。
やっぱり、石けん作り、楽しいな。
ゆっくり、今の私のペースでやっていけますように。


  

娘、4ヶ月。
いつまでも乳児湿疹が引かないので病院に行ってみたら。
アレルギーが発覚しました。

母乳育児なので、私の食生活もがらりと変化。
食品のアレルギーを持たない私。
初めてアレルギー表記を意識して見た。
初めて原材料をなめるように見て食品を選んだ。

今まで、「大変なんだなぁ」とぼんやりとしか思えなかったこと。
こんなにも神経を使うものなんだ。
こんなにも周りの理解と協力が必要なんだ。
と、身をもって実感しました。

でも、この時期のアレルギーは克服できる可能性も高いとのこと。

頑張ろうね、チビ。




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。