スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

薫るヘアウォーター。(悲しき追記あり)
2011年05月31日 (火) | 編集 |
クリームリンスと共に、使い心地がとってもよくってお気に入りのものがあります。
それが、こゆりすさん(いつも構ってくださって感謝です
のところで教えていただいたヘアウォーター

今までヘアローションやヘアミルク(そういえばコレ、豆乳パウダーで乳化したな;)、
ヘアクリーム、果てはヘアワックスもどき(?)まで、色々作った私ですが。
どれも重かったりべたついたり、変なにおいがしたり()、
髪からボロボロ何かが落ちてきたり(←これ衝撃でした)。
もー、とにかくうまくいかなかったの。

石けんシャンプーのリン酢もうまくいってなかったのと合わせて、ストレスだらけの髪事情だったわけです。
なので、石けんシャンプーしつつ、リンスは市販のアミノ酸のものを使ったり、
ヘア剤に関しては、手作りをあきらめてオーガニックの市販のものを使っていたんですが。。。。

やっと、手作りで納得のいくものができました。
しかも、ヘアウォーターとクリームリンスのレシピ、それぞれこゆりすさんと銀さんのブログで近い時期に出会って。
作ったのも同じぐらいの時期(ヘアウォーターが先だったかな?)。
そしたら、私にはこの二つ、ものすごく相性が良くて。

いままでのストレスはなんだったの!?
と思えるぐらい、手作りヘアコスメで快適に髪を扱えるようになりました。
お二人とも、本当にありがとうございます。

そんなこんなで、ヘアウォーターもリピ製作。
ちょっと自分の好みにアレンジしたので、覚え書きで載せておきます。



<薫るヘアウォーター>
参考にさせていただいたレシピはコチラ
IMG_0213.jpg

・材料
スギナハーブティー(薄めに浸出したもの) 約100cc
シルクパウダー(セリシン) 小さじ1/4
ベタイン 小さじ1/4
パンテノール 小さじ1/4
スギナチンキ(焼酎ベース) 10ml
ブラックウィローバーグエキス 3滴
香水 お好みの量
(思ったより香りの変化が早かったので、次からはやっぱりFOか精油を使います)

材料は香水以外ほぼ同じで、分量だけ変えさせていただきました。
参考レシピは、すっごい絶妙なブレンドで精油が使われています。
ホントは精油を入れたほうが、有効成分も増えて髪には良さそうなんですが、
今回は手持ちの香水を入れて、作ってみました。

で、精油を入れない代わりにちょっとでも有効成分をと悪あがきで、
薄く浸出したスギナのハーブティーを水の代わりに使いました。
実物は写真よりもう少し色が濃いです(光の加減?)。

作り方は超簡単。
香水以外の材料をボトルに入れて、振り混ぜるだけ。
で、その後香りの強さを見ながら少しずつ香水を入れて、また混ぜます。

香水は、ランバンのラ・ローズを入れました
柔らかいローズですが、あまり癖がなく、軽い調香なので、ふわっと優しく香って超いい香り~。
微香なので、たまにふわっと香ってすごく癒されます。

(追記)- - - - - - - - - - - - - - - - - -
実は、もう作って四日ほど経つのですが、既に香りが変化し、飛びつつあります。
やっぱり、香水って、デリケートだった
香りの安定感で考えると、FOや精油の方が良いのかもしれません。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



べたつかず、サラッと仕上がって、私好み。
朝は、このスプレーで髪を湿らせて、ブラシを通した後、ドライヤーをかければ寝癖オフです。


昔は洗面台の下に大量にあった、ヘアケア剤。
手作りを楽しむようになって、すっかりアイテム数が減りました。
今では、私のヘアコスメといえば、コレとホホバオイルぐらい(?)。
ちょっとお出かけ用のおめかしする時は、ダンナにワックスを借りるので、
洗面台の私のコーナーは意外とすっきり
めんどくさがりの私には、いいもんだ。




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。