スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

ぎゅっとハーバルなローション。
2012年01月28日 (土) | 編集 |
こんにちは。

寒いですね~
先日関西でもちらっと雪が降りました(本当に一瞬でしたが)。

洗濯物を乾す時にベランダに出ると出会う、冬のキン…っと引き締まった空気。
そのちょっと澄んだ冬独特の空気を感じるのが好きです。


・・・もっこもこに着込んでるから、言えることなんですけどね~・・・



さて、これまた年始に作ったものですが、覚え書き。
精製水を使わないローションを作ってみました。

<ぎゅっとハーバルなローション>
作成日 2012.1.8

材料
ゼラニウムウォーター 15ml
アロエベラリキッド  15ml
月桃水        10ml
ハマメリス水     10ml

ソウハクヒチンキ
スギナチンキ
オタネニンジンチンキ あわせて10ml

セラミド溶液     25滴
トリペプチド     20滴
グリコプロテイン   25滴
CoQ10       20滴
ブラックウィローバーグエキス 10滴



芳香蒸留水と、天然水をベースにしたローション。
(大好きなネオナチュラルさんのヒーリングローションを参考にしました。
←ここのスキンケアコスメ、本当に成分良好で、脱ケミしたときお世話になったなぁ。)

全体的に、「水分と油分のバランスを取る」「毛穴の引き締め」、ついでに「セラミドなどの肌機能の補強」
を意識して作りました。
アロエ、今回初めて使いましたが、…いいかも
シワや保湿といった乾燥肌の悩みにも、毛穴を引き締めたり、キメを整えたり、吹き出物を消炎するといった脂性肌の悩みにも対応できる素敵な素材。
色々効果をみて、ざっくりまとめてしまうと、全体的に「肌のバランス」を整えてくれる感じなのかな、と思いました。

油分ばかり与えると、毛穴が開いてくるし、なんとなく肌がぶよ~ん…とダレてくる。
だからといって水分もたっぷり与えまくると、今度は謎の小さな赤いブツブツや、変な乾燥がおきてしまう。
だがしかし、水分ナシだと肌がなんとなく「しぼんだ」感じになってしまう。
面倒くさい私のお肌様。


最近、改めて「バランス」っちゅうもんがとっても気になるのです。


使用感は、さっぱり目。だと思います。
乾燥が気になる人には物足りないかと。
あくまでも、「私のお肌様」仕様

どちらかというと皮脂は出るくせに水分は蒸発しやすい肌なので、最近「細胞間脂質」の補強を目的にセラミドを入れていますが、
これがなかなか良い感じです。
今回、アロエベラ(水分保持効果アリ)との相乗効果もあるのかしら。
手のくぼみに少し取ってなじませて、を数回するだけで、しっかり肌が水分をつかまえている感じ。
この、「保持」する働きが、どうも弱っていたらしい私のお肌様。

今のところ、私の肌の「しぼみ感」対策に、このローション、合っているみたいです。

香りはとっても青臭~い感じですが
また作ろうと思います。





  

実は3日前から前駆陣痛が始まってます。
不規則に攻めてくる痛みと張りが続いて、ちょっとばかりお疲れ気味~
夜中~朝方にかけて一番波がやってくるので、あんまり寝れず、
いつ本陣痛になるかとドキドキするのでなかなか気も休まりません

一応、痛みの間隔の時間をメモしてましたが、それすると一日中痛みと張りのことを意識しないといけなくて、
痛みを耐えることプラス「いつくるか」「いつくるか」で更に気ばかり焦ってしまうので、今日は放置してみました(←え)

もう、こうなったら「来るときゃ来るやろ」で開き直ってみようかと

そんなこんなで、何だかんだ言いつつも、たぶんもうすぐなので、ちょっとお産、頑張ってきます






コメント欄、お返事が遅れてしまうのがどうしてもどうしても気になってしまうので・・・。
しばらくお休みします。
でも、いつもあったかい言葉をありがとうございます
本当に、感謝しています

産まれて、ネットが出来る環境に戻ったら、報告させてくださいね




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。