スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

お肌様、ご機嫌をそこねる。
2011年01月10日 (月) | 編集 |
こんばんは。

今日は久しぶりにお肌様のご報告を・・・。

突然ですが、年末からどうにもお肌様の調子が良くありません。

小さなニキビがふつふつふつ・・・。

頬骨周辺から、頬にかけて、現れております。

hada-b.jpg

は~・・・荒れております。
これはちょっとマシになった状態で、実はもう少し小さいふつふつが目立っておりました。
今、頑張ってお肌のリセット中でございます。

年末年始に色々バタバタして、ちょっとストレスがかかることもあって、食事もあまり良くなくて・・・。
色々重なったせいかな、とのんびり思っていましたが、それにしても引かないので、ちょっとお肌ケアを振り返ってみました。
そして・・・ちょっと納得

何度頭を打ったら気がすむんでしょう・・・
たぶん今回も、脂肪酸過剰成分過多による肌荒れと思われます。

年末までのケア

朝・夜ともに

・石けん洗顔(最近乾燥気味だからと、オレイン酸高配合も頻繁に顔に使用)
・ハンガリーウォーターのローション(約30%濃度)
・ホホバオイル or 緑茶抽出のオリーブ&セサミオイル


石けん作りや、コスメ作りが楽しくなり、「肌のシステム邪魔しない」の基盤がちょっと甘くなっていました。
色んなもの、ドンドン試して、たっぷり使ってみたくなってしまうんですよね

そして、「乾燥しているから大丈夫」と思ってガンガン使っていた高濃度のローションやオレイン酸高配合の石けんでしたが・・・。
「大丈夫」と言うのは「数週間使い続けて、問題がない」と言うこと。
1・2回使って何も起きないから「大丈夫」と言うのは、まだ早い。
もともと、自分の肌が、オレイン酸過剰に弱いことはわかっていたはずで、気をつけていたはず、なのに。

石けん洗顔でのこるオレイン酸の上に、ローションを挟んで更にオレイン酸(オリーブ油)を重ねていたわけです。
明らかに、オレイン酸を乗せすぎ・・・。

だいぶ意識が低下していました

手づくり石けんは、材料の油脂を全て石けん分に変えてしまわず、少し油脂を残して石けん化することが可能です。
私の石けんも、10~15%分の油脂を残して作っているので、洗顔後も汚れを流した後に少し肌に油脂が残ります。
なので、オレイン酸高配合の石けんを肌に使うと言うことは、洗顔後にオレイン酸が多く肌に残るということ。
(ちなみに、市販の石けんは油脂をほぼ100%石けん化しています。それでも、オレイン酸は肌への残留性が高い為、多少の脂肪酸が残るとのこと)

これは、オレイン酸が足りない肌(乾燥傾向のお肌に多い)にはとてもよいこと。
しっとりと肌を落ち着かせ、肌の脂肪酸バランスを整え健やかに保ってくれます。


・・・・・が、私のようにオレイン酸の足りている肌にとっては、実は逆効果。
詳しくは以前、不飽和脂肪酸のサジ加減でまとめていますのでこちらをご覧下さい

そして、ローションの使いすぎ・・・。
「肌が湿る程度」に使っていたはずが、気付けば「何度も重ねてびちゃびちゃにつける」つけ方になってきていました
ローションは肌に水分を与え、こちらもオレイン酸と同じく「肌の常在菌」の繁殖を助ける働きも持っています。
・・・が、オレイン酸も過剰だった為、他の菌も繁殖しすぎた(?)のでしょうか。
しかも、水分をつけすぎることは、角質層がふやけて肌バリアの低下を招きます。=乾燥や刺激に弱い状態に。
更に、通常20%が上限のアルコールチンキを30%使用。
私の肌には濃度が濃すぎて逆に刺激になったとも考えられます。

あぁぁ、お肌様、ホンマにごめんなさい

成分の与えすぎ・脂肪酸の与えすぎ

他にも生活面やケアに問題はあるかもしれませんが、自分で思いつくのはこの二つ。
抱えきれず、お肌様はたいそうご機嫌を損ねてしまったようです



反省して、現在のケア

朝・夜とも

・石けん洗顔(オレイン・リノール同率配合、セサミやこめ油メインの石けん)
・ハンガリーウォーター(10%に濃度ダウン)を少量
・ホホバオイルorローズヒップオイル

オレイン単独高配合の石けんは全てシャンプーバー(髪とは相性が良いんです)やボディー用に使うことにして、
セサミやこめ油メインの石けんのみをフェイス用に使い始めました。

洗顔後のオイルはホホバ(朝)とローズヒップ(夜)。
ローズヒップは、低オレイン酸で、リノール酸が多く、皮膚の炎症に有効なαーリノレン酸も多く含まれたオイル。
前田京子さんの「シンプルスキンケア」を読んで、ずっと気にはしていましたが、今回、すがるように使い始めました。
ローションも薄めて、使用量も以前のように「肌が湿る程度」に。使わない日もあります。
2011,5 追記…最近肌の水分保持の働きが落ちてきたのか、自分の肌から蒸発する水分を捕まえるラップパックでは水分が補給しきれなくなってきました(年齢かしら・・・)、なので、ローションはほぼ毎日必要になりつつあります。)

とりあえず今は日焼け止めも塗らず、肌はすっぴん状態で仕事にも行っています。
目元だけパウダーはたいてメイクはしてますが・・・。

そんなこんなで、5日経ちました(実は旅行をはさんでました)。

お肌様のご機嫌は・・・。

ちょっと直ってきました
ふつふつが枯れてきて、赤みが引いてきています。
まだまだ写真の通り荒れていますが、年明け時期に比べるとかなり落ち着いてきました。

手づくりはとっても楽しいけれど・・・・。
色んなものを試したくなるけれど・・・・。

「自分のお肌様」を無視して「あれも、これも」となるのは、それこそ以前書いた「何の為のスキンケア?」だと反省しました。
やっぱり、まだまだ、ブレブレな私
しばらくは、このケアを続けてみて、様子を見ようと思います。
・・・あと、何回頭を打てば、私は学習するのだろうか・・・


ちなみに、私の肌は、顔と身体で状態が全然違います。

顔・・・皮脂分泌OK。オレイン酸は過剰になると皮脂と混ざって毛穴やニキビの原因になるので苦手。
(オレイン酸は皮脂を残して洗浄する傾向あり→私の場合、残るとマズイ)
体・・・皮脂分泌苦手。乾燥気味。水分不足。オレイン酸は洗浄力が強くて、後に乾燥するから苦手。
(オレイン酸は、肌に乗った時間が長いほど細胞間脂質(水分保持機能)を良く落とす傾向あり)
 →多分、ささささっと高速で洗えば、オレイン酸高配合でもいけるはず(でもそれは難しい)
    

・・・・ようは、どっちもオレイン酸高配合のものが苦手。・・・ということなんですが。
何で苦手か、の理由がちょっと違うんです。

石けん紹介をするときに、身体でレポしている時と、顔でレポしている時があるのですが、今までは特にそれを書いていませんでしたし、使用感も、肌荒れを除いてのその時の感触を書いていました。
でも、これからはどの部分で試したのか、ちゃんと書こうと思います。

ただ、この記事を読んで、「オレイン酸がいけない」とは、思わないで下さいね。
あくまでも、「私の肌」での場合。
実際、私の妹はオレイン高配合で調子がよくなる肌です。
ただ、世間で絶賛されまくっているオリーブ油やオレイン酸でも、肌の特徴によっては合わない場合がある。という一例だと、軽く流しておいて下さいませ。。。



お肌様、新婚旅行までには、ご機嫌直してね・・・(切実)




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
こんにちは~!

おひさしぶりです(^-^)

また、大変に参考になる記事をありがとうございますm(_ _)m

やはり過剰すぎるのはよくないのですね(>_<)
すっごくわかります!
よちさんのお肌様のご機嫌が、早く治るといいですね(>_<;)


やっぱり私のお肌様はよちさんに似ているのかなぁ?(笑)と記事を読んでいて思ってしまいました(笑)私もどうもオレイン酸が苦手な様です(>_<。)ニキビができます↓


そして最近は、鹸化率を上げて、なるべく余剰オイルを残さないようにしておりましたが、それもご機嫌を損ねてしまう要因だったようで、顔が赤くなってしまいました
(x_x;)


最近は、鹸化率は90%で、オレイン酸が、石鹸全体の30%前後になるようにしたら、調子がいいようです♪


またブログ更新楽しみにしています!
2011/01/12(水) 10:00:06 | URL | ちゃん #-[ 編集]
>ちゃんさん
こんにちは~。

ふふふ・・・やってしまいました(^^;)。
オリーブ克服は、肌質的に無理だと言うことがよーくわかりました(涙)。
今度は、ちゃんさんの様に、オレイン酸含有率でお付き合いの仕方を探していきたいと思います~。

私の肌はオレイン酸をそんなに欲していないんでしょうね。
それにしても、ここまで拒否反応出さなくてもいいのに・・・つくづく手のかかるお肌様だこと・・・とため息です(- - ;)。

オレイン酸は、ニキビのアクネ菌なんかも増殖させることがあるそうですよ~。
きっと、私のオレイン酸大豊作の肌の上で、菌たちは大宴会を開いていたことでしょう(寒気)。

でも・・・リッチな使用感だったり、すごく贅沢で上品なイメージの石けんって、100%といっていいぐらい、オレイン酸ぶっちぎり高配合なレシピなんですよね(^^;)。

手づくり石けん界は、なにかと「上質と言えばオリーブ石けん」「オレイン万歳!」な印象が強い気がしてしまうので、オレイン酸は苦手だけれど。なんとなくそんな石けんにも憧れてしまいます。

・・・でも使えない・・・・この切なさ。。。です(T_T)。

そんな手づくり石けん界の中で、小声で「オレイン苦手~」と何度もぼやいておりましたので・・・。
初めていただいた時のちゃんさんのコメントがとっても嬉しかったのを覚えています~。

今回も、参考にしていただけたなんて、それだけでお肌様も荒れた甲斐があったというもの・・・(←え;)。
ありがとうございます~。

・・・そうか、鹸化率を上げてしまうのにも色々あるんですね・・・。
こちらこそ、勉強になりました(^^)。

同じオレイン嫌いな肌を持つものとして、ちゃんさんの石けんさんもぜひ参考にさせてくださいね~♪。

2011/01/12(水) 17:44:47 | URL | よち。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。