スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

* 綿紅の石けん
2011年01月12日 (水) | 編集 |
本日石けん解禁です

リノール酸が大好きな私の肌。
ハイリノールで色々探していたら、こんなオイルと出会いました。

綿実油(cotton seed oil)
綿の実をしぼって作られるオイル。
ビタミンE、リノール酸、パルミチン酸を多く含んでいます。特に、リノール酸は全体の約56.5%と高含有(日清オイリオ・油に関するQ&Aより)。
リノール酸は泡立ちを良くし、肌の水分を奪わずに皮脂を洗い落としてくれる脂肪酸。
パルミチン酸は、石けんをしっかり固まらせて、泡持ちを良くし、こちらも不要な皮脂をおとす、選択洗浄性を持った脂肪酸。
ただ、綿実油は、固める為のパルミチン酸を多く含みますが、それ以上に柔らかい石けんになるリノール酸が多いため、実際に石けんにするとやや柔らかめの仕上がりになるようです。
ビタミンEは、いわずと知れた、抗酸化作用の代表選手ですね。

食用油としては、「油の王様」とも言われており、風味とまろやかなうまみから、一流の料亭やレストランで好んで使われる油だそうです。

そんな、綿実油を使って、石けんを作ってみました。

<綿紅の石けん>
wb2.jpg
作成日 2010,12,12
解禁日 2011,1,11

・材料
綿実油 150g
紅花油 50g
パーム核油 30g
パーム油  30g
こめ油   25g
ココアバター 15g

苛性ソーダ 36g
水 102g

鹸化率 約85%
水分 34%

OP コンフェティー石けん(ひだまりソイ・ラッテ)
  レッドパームオイル 小さじ2


綿実油は、英語ではコットンシードオイル。
なんだかカワイイ名前でございます。

待ちきれず、昨日解禁しました

トレースまで6時間。
普通ぐらいでしょうか?。

綿実油の最大の魅力は、低オレイン高リノール。
食用としては、健康面でとりすぎ注意な飽和脂肪酸とリノール酸ですが、私の肌には大歓迎。
一般的には、20%が上限のようですが、オイルの特徴を知りたくて50%配合です。

また、綿実油には保湿成分が少なく、かなりさっぱりドライになるそうなので、こっそりと紅花油とココアバターをしのばせました。

こめ油は、お守り代わりに・・・。

さっぱりになり過ぎないように、鹸化率も85%と低め。

あまりドライ感を出さずに、リノール酸のよさを出せないか、あれこれ作戦をたてました。

wb.jpg

デザインは、何となく、ひよこちゃんのような色にしたくて、レッドパームオイルで色付け。
マルセイユ85のほほんのりコンフェが散る感じが良くて、オレンジのみじん切り石けんを、色付けせずに残しておいた生地にからめて流し込みました。

色は大成功~。
ゆで卵の黄身のようなほっこりきいろになりました。
・・・・でもね、ただでさえ鹸化率の低い生地に、更にスーパーファットのような形でオイルを入れたのが良くなかったみたいです。

固まっても、やわやわ
しかも、オレンジのコンフェは固さがあるから、カットする時にコンフェがカッターに引っかかって、そのままぐにゅぐにゅっと動いてしまいました。
なので、切り口はボロボロ
こんなことになるなら、鹸化率90%でレッドパームを入れるか、オレンジコンフェ入れなきゃ良かったかもです
色味が気に入っているだけに・・・残念無念

熟成開けても、何だかちょっと柔らかい感じがします。
そして、写真では見えませんが・・・・トップにはソーダ灰がぎっしり

もう、残念としかいえません。

でもね、でもね。
使用感が、今までで一番良いんです
とってもきめ細かい泡に、ふわふわだけれど、少しとろみもあるやさしい肌当たり。

ちょっと泡の立ち方が大人しい気もしますが、それは何となく熟成が浅いからだと思います。
もう少し置いたらもっと泡立ちも良くなりそう。

でね、洗った後の肌が、とっても好きなんです。

リノール酸メインなので、洗顔に使ったんですが。
洗い流した後の肌が、つるんつるんなんです。
今、ニキビが出来ているところもあるんですが、それでも手触りがつるんつるん
すっきり軽い洗い上がり。。。なのにしっとりもしてるんです。

そして、いつもは洗顔後に若干乾燥が始まるのですが・・・・。
この石けんを使った後はしばらくしっとり。
でも、変な油膜感があるわけでもなく・・・。
とっても気持ちの良い感じ。
さっぱりなリノール酸メインでも、鹸化率85%なら適度なしっとりになるのかも。
結果的にスーパーファットになったオイルも効果がでてるのかしら?。


なんとなく、これから作っていきたい石けんの再確認になったような。


皮脂分泌は出来る、でもちょっと乾燥もする、ついでにちょっと敏感で、オレイン酸は苦手、
そんな、とにかく文句の多い私のお肌様に、納得してもらえる石けんが、作れますように。。。




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^-^)

またまた失礼しますっ♪

私も最近、リノール酸に注目していて、ひまわり油(ハイリノール)を石鹸に初めて使いました!解禁まではまだまだですが、よちさんの記事を見ていて、リノール酸メイン石鹸、早く使ってみたくなりました(^-^)/~~

綿実油は使ったことがないけど、良さそうですね♪今度チャレンジしてみますっ♪
2011/01/14(金) 17:39:20 | URL | ちゃん #-[ 編集]
>ちゃんさん
いらっしゃいませ~♪。

リノール酸、いいですよ~(><)♪。
つるつるだし、優しいし、泡立ちよいし、肌バリアを保護するし、もー大好きな脂肪酸です^^。
オレイン苦手だけど、うるおい感も欲しい肌にはとってもありがたいので重宝してます~。

あら!。実はハイリノールひまわり油、気になってました^^。
ちゃんさんのひまわり油石けんの解禁、楽しみですね~*^^*。
わくわく。ドキドキ。。。。

私もハイリノールひまわり油で仕込んでみようかな。。

2011/01/14(金) 23:10:53 | URL | よち。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。