スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

摩擦をへらしてアンチシワ・たるみ!
2010年07月17日 (土) | 編集 |
こするな。下げるな。引っ張るな。


エステティシャンとして働いていた時、何度もフェイシャル研修で聞いた言葉です。
これを徹底するだけで、将来のシワ・タルミの原因がずいぶん減ります。
でもこの行動、知らず知らずのうちにやってしまってるんですよねぇ


例えばクレンジング・洗顔のとき、肌が動くほど力を入れていませんか?。
タオルで擦るように拭いていませんか?
化粧品をつける時、コットンの感触がわかる状態で肌の上に滑らせていませんか?
手でつけている方、手の重みで皮膚を下げていませんか?



・・・細かいことかもしれませんが、これを毎日朝晩2回したとして…1ヶ月で60回、1年で730回、3年で2190回、肌をこすり続けることになります。1,2回でみると、たいしたことなさそうですが、もし自分の顔を連続で2190回こすり続けたらどうなるでしょう

(これ以降、肌の構造のお話になるので、結論だけ知りたい方は一番下へどうぞ

人間の皮膚はとーーーーーっっても薄く、デリケート。
そのうっすーい皮膚は、外部からの細菌や刺激から身を守る為に、表皮・真皮・皮下組織の三段構造になっています。
実際私たちの目に見えているのが表皮
よく言う「キメの細かい肌」とは、「表皮の肌細胞が健康で、キレイに整列している状態」を言います。
そんな表皮も4層に分かれていて、こんな風になってます。
hifu_new02.gif
    この画像はall abput MICO様よりお借りいたしました

厚さはなんと0.1~0.3mm。
一番上の角層の上には、皮脂膜がクリームのように広がって水分の蒸発を防いでいます。
この角層と皮脂膜のコンビが、ノンケミカルスキンケアのポイント「肌バリア」です。
そして、最近CMでも言ってますが、肌の表面のうるおい層(角層)は0.02mm。。。
肌をこすることで、取れなくてもいい角層まで落ちる事があります。


余談ですが、たまに「面の皮が厚いから、ゴシゴシ擦っても平気」というお客様もいました。
実はそれは手触りの問題で、実際は0.○mmの世界なのです
例えばうすーい紙に、消しゴムをかけ続けたら、紙はどうなりますか?。
だんだん消しゴムをかけているところが毛羽立ってきて・・・ヨレはじめて、へこんできて・・・下手したら破れますよね
毛羽立ちはキメの荒れ、肌バリアの荒れ。
ヨレ、へこみはタルミ。
破れはシワ。だとすると・・・・・・・ある意味、ホラーです

どんなに高価ですばらしい化粧品を使っていても、これではもったいないですよね


もちろん、シワやタルミの原因はこれだけではありませんが、肌へのさわり方を変えただけで手触りが変わったお客様もいましたよ



お肌の触り方のポイント
・クレンジング剤は多めに取って、力をぬいて、クレンジング剤で肌をなでるような感じで軽~~~く滑らせる。
・洗顔は必ず泡立てる。泡を肌においたら、泡を転がすように洗顔。
・洗い流す時、泡の残りが気になるからといってこすらない。水で流すようなかんじで。
・水滴はタオルで押えるようにとる。
・化粧水をつける時も、なるべくこすらない。手のひらでおさえるようにつけていく。
・おさえるとき、手の重みで肌を下げないように。心持ち下から上へ持ち上げる雰囲気で
・私はコットンをあまりオススメしてませんが、コットン派の方は、すべらせるよりピタピタ軽ーーーーくパッティングしながらのほうが低刺激かとおもいます。


・・・良くネットや雑誌で注意されてることなので、知ってる方のほうがほとんどかもですね
1年間フェザータッチで730回肌を触るのと気にせずごしごし擦るのでは、同じ肌でも1年後の表皮はずいぶん差が開いています。


小さなことからコツコツと。ちりも積もれば・・・です
お金のいらないアンチエイジングも大切ですよね

拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。