スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

* 杏仁ブランケット
2011年03月08日 (火) | 編集 |
花粉症のよち。です。

顔面が全力で花粉を拒む為、とうとうコンタクトもメイクも出来なくなりました

どうやら私の身体の花粉の拒み方は、水鼻や涙ではなく、「かゆみ」のようです。
もう、目やら鼻の中やら皮膚やら口の中まで、かーゆーいー

「目元の皮膚は特に薄いのです。圧をかけてこするのは、皮膚をぴりっと破くのと同じ。お客様の目元を触る時は、指先ではなく、間のクリームで肌を触るような気持ちで。将来のシワの原因をエステティシャンが招くようなことはしてはいけません。」


・・・・・あぁ、そんなこと、言ってたなぁ。。。。。。
・・・・・・そんな記事も、書いたなぁ。。。。。


思い出が走馬灯のように巡る中(え)、目のキワをガッシガシ全力で擦りまくっているよち。でございます。
目のキワに指先を置いて、小刻みに皮膚を震わせて掻く方法。。。
だって痒いのはまぶたじゃなくて、多分「眼球」なんですもん。

たるみやすいまぶた全体を大きく擦るより良いかな、と思ってやってますが。
目のキワ過ぎて、とうとう白目が血走ってきました(怖)。
身体の中にも花粉が回っているのか、全身だるいし、眠いし、ぐでぐでです。
一昨年みたいに、熱でたらやだなぁ・・・・

「田舎の山育ちやから!花粉はどんとこい!」
とか言ってた3年前が懐かしい。。。



外に出るよりも、石けんの熟成部屋にこもっている時が、更にシアワセになった今日この頃でございます。



<杏仁ブランケット>
218.jpg
作成日 2011.1.30
解禁日 2011.3.2

・材料 
セサミ油  75g(25%)
ひまわり油 75g(25%)
こめ油   45g(15%)
ラード   30g(10%)
パーム核油 30g(10%)
ココアバター 30g(10%)
パーム油  15%(5%)

苛性ソーダ 38g(鹸化率約90%)
水 51g
杏仁霜を溶かしたもの 51g

OP
杏仁霜パウダー
ローズウッドEO
ラベンダーEO
オレンジスイートEO
イランイランEO
ベンゾインEO
ROE

オレイン酸 31.8%
リノール酸 36.7%



杏仁豆腐が好きデス。
なので、そんな杏仁豆腐の素を、石けんに入れてしまいました。

使ったのは「杏仁霜」
アーモンドミルクと、コーンスターチと、ブドウ糖で作られたパウダー(ピュアな杏仁の粉ではありません)。

サラリとした感触にしてみたくて、リノール酸の多いオイルをたくさん使ってみました。
こっそり、パーム油も入っているのは、メインオイルがかなり柔らか系だったので、すこしでも使いやすくなるように。のおまじないです
リノール高配合で酸化も心配だったので、ROEも入れました。

「すぱぁん!」と爽快になるのは目に見えていたので、ココアバターは普段だとちょっと重めの10%配合。
コレでさらり・ふんわりな仕上がりになるかしら?。
香りも、ちょっと大人スイートな感じに挑戦~。


デザインはゆるーい感じに。
杏仁霜は糖分が多いから、多分茶色系になるだろう・・・。
と予想して、杏仁霜の量で色の変化をつけてみました。

作った当初は、名無しさんだったこのコ。
型出しして、少し乾燥させて、カットしたら・・・。
217.jpg
すごくあったかい色味になってくれていました。

春のうららかな朝。
ぬくぬくぽかぽかで柔らかな毛布にくるまるあの感じ。

ふとそんな感覚を思い出して、お名前は「杏仁ブランケット」(笑)。

でも、小さな気泡が白いプツプツになって混ざっています。
これ、私の石けんの課題・・・。
中々ツルツルすべすべのお肌になってくれません。
他のベテラン石けん作家さんの石けんを購入することもあるんですが。。。(勉強というより、一目ぼれでの購入ばかり)
皆さんツルツルすべすべのお肌で本当にキレイ。。。
こんなお肌に育てる為には、どうすればいいのかしら。。。と毎回チャレンジしては玉砕してます

とろりとした滑らかなお肌の石けん。。。いつか作れるようになりたいな。


さてさて、使用感です。
えと、泡立ちもっこもこの「moani」を使ってから、その後の石けん達がなんだか控えめな気がしてならなくなってしまった今日この頃ですが・・・。
比較的泡立ち良いほうだと思います。
セサミ・ひまわり油の軽さと、こめ油の滑らかさとを織り合わせたような、ふわふわして柔らかい泡。
ほんとに薄手のブランケットのようなふわっとした感触(・・・思い込み?。)。
香りは・・・スパイシー系は入っていないはずなのに、なぜかスパイシーな香りがします・・・杏仁霜とEOの兼ね合いかしら?。
溶けくずれもそこまでなく、快適快適♪。

洗い上がりは、やっぱりさっぱりです。
油膜感のない洗い上がり。
でも、バターのおかげか、パリパリにはならず、穏やかな爽快感です。

リノール酸メインの石けん使うと、「しっとり」というより、「みずみずしい」感じになるような気がするのです。
肌の水分保持の部分を残して洗い上げてくれるから?。
一部で、摂り過ぎ注意や、アトピー性皮膚炎には良くないといわれている「リノール酸」ですが・・・。
ここ数日でまた、新しく「なるほど!」なことを知りました。
オレイン高配合のレシピに、リノール酸をちょっと混ぜると大丈夫になる理由も。。。


脂肪酸組成、ホントに面白いです。



拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。いつもこっそり見ている物です。
アイボンで目を洗うとすっきりしますよ!
私は北海道にいるので花粉症にはなりませんが、コンタクトをしているので取った後アイボンで洗ってすっきりしてます。
良かったら試してみてください。
2011/03/08(火) 16:14:48 | URL | ニコ #mQop/nM.[ 編集]
>ニコさん
はじめまして。コメント嬉しいです^^。
アイボン!。昔使っていたのに、今年はその存在をすっかり忘れていました(え)。
そうか、その手がありましたね!。
早速やってみます~。
目を洗ってすっきり・・・・あぁ、なんて魅惑の響き。

北海道は花粉があまり飛ばないんですね(驚)。
いいなぁ。。。
それを聞いただけで、猛烈に北海道に行きたくなりました。

花粉症でぐずぐずの私に、愛の手をありがとうございます。
よかったら、また足跡貼り付けてやってくださいね^^。
2011/03/08(火) 21:44:12 | URL | よち。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。