スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

脱ケミ!したあと大奮闘。お肌様の逆襲。
2010年07月19日 (月) | 編集 |
脱ケミカル!(化粧品から)をはじめた私。

今まで洗顔の後、化粧品をミルフィーユのように重ねまくっていたスキンケアから、洗顔後、ホホバオイルとマカダミアナッツオイルのブレンドオイルのみのケアになりました。
やってみると、シンプルでとっても楽
オイルのみのケアはべたつくのかな、と思っていましたが、意外にもケア後の肌は、ネタネタすることもなく、最初はちょっとだけオイル独特のべたつき(?)がありますが、なじめばしっとりさらさらで軽い感じ。
今までのケアの方がよっぽどずっしりしていたような気がします
もともとのコスメ好き魂が「ものたりなーーーーい」と叫ぶ時もありましたが、そこはぐっとこらえて耐えました。

そして、2日目を過ぎた頃、予想どうり、肌に変化が・・・。

それは、お肌様の大反乱

とにかくつっぱる、かゆい、カサカサする~の大さわぎ。
ニキビの増殖は治まりましたが、洗顔したあとのツッパリ感がずーっと続き、ほほにかゆみが発生。
いままで合成成分や濃厚成分で、過保護にそして科学的に保っていたお肌様が、いわば支えをなくしたわけです。
そりゃ、こうなってもしょうがない。。。

スキンケアを変えたときに、好転反応といって今までの毒素やいらないものが出てくるケースは良くあることなので、「あぁ、やっぱり出たかぁ」と納得。
今まで合成ポリマーで上手に包み隠されていた、本当の私の素肌が現れてきた証拠だとおもいます。
こんなに破壊されてたのか・・・と、ちょっとびっくりしましたが、ケアはそのまま続けていきました。


それからしばらく、私の肌は大暴れ


乾燥はもちろん、鼻の頭から角栓が飛び出てくるわ、小鼻の周りに「もわっ」とした何かがたまるわ、口周りがザラザラするわ全体的にごわつくわ、荒れたい放題が続きました。
きっと角質増殖状態(?)だったのでしょう。
…でも、不思議と、ニキビは出来ず、既に出来ていたニキビもみるみる小さくなっていきます。
一ヶ月たった頃には、ニキビはすべて小さく治まっていました。

しかし、一ヶ月たっても角質大反乱は治まる気配なし。
乾燥から、鼻やおでこは皮脂分泌が盛んになってテカテカするし、相変わらず角栓はニョキニョキ生えていました。
「本格角質培養」的には、これを落ち着くまで耐えるわけで。中には1年も2年も耐えてる方もいらっしゃるのに・・・。
「保湿が命」でエステティシャン時代をおくってきた私には、乾燥が気になりすぎて、耐えられませんでした(軟弱者)。

そこで一ヶ月経過後、ローションをスキンケアに投入!。

ここでケミカルを使うわけには参りません
昔の趣味だった、アロマでの手作り化粧品を思い出し、フローラルウォーターをブレンドしてローションを作りました。
ちなみに、なぜ最初はローションを使わず「オイルのみ」だったのかというと。
ローションは角層を水浸しにするだけで、肌の根本的な保湿にならないこと。
角層が水浸しになることで、必要な角質がはがれやすくなってしまうこと。
ただでさえ合成成分でもろくなっている角質をこれ以上はがさないようにする為
に、ローションもカットしていたのです。

・・・でも、スキンケアは癒しでもあってほしい・・・。
ツッパリ感が気になって、なんだか不安でしょうがない。


というわけで、ティースプーン一杯ぐらいの少量をハンドプレスでよーくなじませるというルールを決めて、ローションも使い始めました。


フローラルウォーターは、エッセンシャルオイル(精油)を作る時に同時にできる、植物のエキスが詰まった芳香水。
植物の力をぎゅっと濃縮した精油よりも、マイルドな効き目でスキンケアに最適です。
今回も、E-CONCEPTION というオーストラリア在住の日本人女性が立ち上げたメーカーのものを使用させていただきました。

日本でも取り扱っているショップが増えてきましたが、E-CONCEPTIONさんのアロマ製品は、なんというか、とってもパワフルで、オーストラリアのエネルギーがぎゅーっと詰まってる感じで、成分や安全性を超えたところでも効き目があるような気がしてしまいます。
もちろん成分も安全性もバッチリ☆。
フローラルウォーターは、性質上どうしても防腐剤が入っているものが多いですが、こちらのは防腐剤すらフリー
本当にピュアなフローラルウォーターを提供してくれるのです。

私は、ローズウォーターとカモミールローマンウォーターを1:1で混ぜて作りました。
これで私の肌は文字通り「水を得た魚」のように復活を遂げるのです~。

肌・復活☆ 
オイルのみのスキンケアに、手作りローションを投入してから、あれよあれよと言う間に肌は落ち着きを取り戻しました。
ローションで軽く角層に水分を含ませてからオイルで保護膜の強化を行ったのが良かったのか、ホホのかさつきやTゾーンの過剰な皮脂分泌がおさまり、なんだかとっても良い感じです。(皮膚科学的に、これは良いのかどうか解りませんが・・)

べたつかず、手触りはしっとり、変なツッパリ感もない。
ニキビの跡も、ほんの少しずつ薄くなってきていて、飛び出していた角栓も目立たなくなってきました
脱ケミしてから4ヶ月たちましたが、ケミ成分を使わずとも、肌の調子はとても良くなって来ています。
角質がボロボロの状態でいきなりオイルのみにしたのは、荒療治過ぎたかしら・・・と反省
今は洗顔後、ローションを少量なじませた後、オイルをハンドプレスでなじませる、という形で落ち着いてきています。
とりあえずこの状態でゆっくり角質を育てて、いずれはオイルのみのケアが出来るようになれば良いな。

・・・コスメ好きなので、それに耐えられるかはちょっと正直自信ないですが・・・


化粧品のケミ断ちをしたことで、今まで自分の肌がどれだけ化学成分にごまかされていたかが良ーーーーーーーーくわかりました
肌が自分の機能を生かせるように「肌の自然な働きを邪魔しない」ことを心がけていきたい。
ちゃんと線引きしながら化粧品を楽しみつつ、キレイな肌を育てる為(あれ、矛盾してる?)、まだまだお勉強せねば。。。

と、今日も連休最終日なのにネットにかじりつくよち。なのでした

2010071910140000.jpg

私の肌の救世主
左がE-conception カモミールウォーター 右が生活の木 オーガニックマカダミアナッツオイルです
今は手作り化粧品材料 マンデイムーンさんのオーガニックと併用してます。
直接肌につけるものだから、なるべくピュアなものを選んでます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。