スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

ノンケミカルを探せ(><)。日焼け止めを探して放浪
2010年07月21日 (水) | 編集 |
脱ケミを始めて、一番困ったのは日焼け止めでした。


日焼け止めは、紫外線を防ぐ効果もですが、「汗に流れない(ウォータープルーフ)」「皮脂や汗で崩れない(オイルプルーフ)」「テカらない」「べたつかない」・・・・などなど、さまざまなユーザーの希望を背負っています。・・・故に、高い効果で良い使用感を追求すればするほど、ケミカル(合成化学成分)に頼らざるを得なくなります。

例えば「紫外線を肌に入れない」ために肌の上で代わりに紫外線を吸収する紫外線吸収剤
これらの多くは「酸化防止剤」や「殺菌防腐剤」と共通する成分で、有害物質の仲間です
肌の表面で化学変化を起こし、肌の奥の母細胞まで傷つけてしまうことがあるので、何の為のUVカットかわかりません
また、「皮脂や汗、水に流れない」「べたつかない」ようにするためには、シリコンが使われます。
最近は「専用のリムーバーで落としてください」という日焼け止めもありますね。
あれは、通常のクレンジングの界面活性剤で剥がしきれないぐらい、強力にシリコン(合成ポリマー)が貼りついているということです。
「専用のリムーバー」とは、「超強力合成界面活性剤」のこと
化学成分たっぷりの日焼け止めを肌から落とす為、肌バリアごと合成ポリマーを溶かし落とします。
強い日焼け止めを使った後肌の乾燥がひどくなる方が多いのは、日焼けのせいだけではないのですね。。。
うーーーーーん


・・・・・脱ケミ派には悩みてんこ盛りの日焼け止め。
どこまでの効果を求め、成分的にはどこで線引きするのか、悩みました。
そして私なりに決めたのは、
  「石鹸で落とせること=吸着力の強い合成ポリマー不使用」
  「肌バリアを壊さない=合成界面活性剤不使用」
  「紫外線吸収剤不使用」
  「出来るだけ成分はシンプルに」
  「UV-A波もきちんとブロック。欲を言えばPA++。」

の4つ。

これが・・・ないんですわ
大好きなオルビスですら、紫外線吸収剤は不使用だけれど、合成ポリマーがわっさわさ
(*2013.7.29 追記…この時は無知ゆえに古い情報にしがみついて「合成ポリマーもダメ!絶対!」なスタンスだった私ですが、現在は合成ポリマーの種類が多様にあること。水や石けんでするっと流れるポリマーがあると言うことなどなど、なにも肌に貼り付くだけがポリマーじゃないこと(今この記事読むとちょっと恥ずかしい…)を理解したので、あまり目くじら立てなくなってきました。)


*洗顔後、キチンと保湿ケアをしてからの使用感です。



パックスナチュロン UVクリーム
合成界面活性剤無添加・合成化学物質無添加・パラベン無添加・香料無添加・着色料無添加





超ノンケミ日焼け止めです
見てくださいこのシンプルな成分表↓
水、グリセリン、カリ石ケン素地、酸化チタン、スクワラン、ローズ水、シリカ、シア脂 タルク、カミツレエキス、カワラヨモギエキス、ヒノキチオール、エタノール

タルクと酸化チタンとシリカが肌の上で紫外線を散乱させてくれます。
肌バリアの形成を助けてくれるシア脂等、保湿成分もIN。
肌バリアを強化しつつ、肌の過剰な水分蒸発も防いでくれますね。
ヒノキチオールで防腐しているのも素敵です。

でもって、合成化学物質はナシ!。
ぬった時最初は白浮きが気になるとか、汗に流れやすいから塗りなおしが必須だとか、ちょっと欠点もありますが、それはナチュラルのしるしみたいなもんだと思っています。
ちょっと固めのクリーム。
のばすのにちょっとコツがいりますが、白浮きは、素早くよーくなじませればそんなに気になりません。
普通の日焼け止めに慣れてると、最初は使いにくいと思うかもしれませんね。
@コスメさんでは、賛否両論。・・・ご参考までに
ただ、アルコールやヒノキや石鹸に肌が反応する方はやめたほうが良いかも・・・。です。


とにかくあれこれいれずに、必要なものをシンプルにまとめた原材料にとっても好感が持てました
そして、こんなに優しいのにPA++
しかもお値段は、ななんと850円

・・・・でかした!

ノンケミカルメーカーというと高い、というイメージですが、これは何と1000円でおつりが来ます
うふふ。今年の夏は、これが私の日常使いです




・・・・でもってもう1つ。

岡田UVミルク
合成界面活性剤・合成ポリマー・パラベン・香料・着色料・紫外線吸収剤不使用


ミルクタイプなので、バックスナチュロンよりも使用感良好
こちらもノンケミカル
いらないものは入れない。
乾燥やアレルギーを持つ家族を何とか守りたい、と始まったというエピソード通り。
安心して使えるものしか作らないという想いが伝わってくるような成分構成になってます。↓
水、グリセリン、酸化チタン、酸化亜鉛、乳酸桿菌・ワサビ根発酵エキス、乳酸桿菌・オリーブ葉発酵エキス、シリカ、カルギーナン、オリーブ葉エキス、グリチルリチン酸2K、トレハロース、アロエベラエキス-1、カミツレエキス


酸化チタンでUV-B波、酸化亜鉛でUV-A波を肌の上で反射して入らないようにしてくれます。
そしてこちらも、ワサビのエキスで防腐。
トレハロースやアロエエキスで肌の保湿もしっかりやってくれます。
気になる化学成分グリチルリチン酸2Kは消炎剤ですね。化粧品毒性辞典でも、問題なしの成分でした。
PA値も++
ポリマーが入っていないので、汗で流れますが、塗りなおしの手間なんて惜しまないくらい肌想いの日焼け止めです。
お値段は¥3780。
オーガニックの日焼け止めと大体同じ感じですね。
やわらかい使用感がお好きな方はゼヒ


ソレオ オーガニックス ノンケミカル日焼け止め
紫外線吸収剤、合成着色料・香料、合成防腐剤、ナノ化原料不使用、完全ノンケミカル処方




ノンケミやオーガニック派の方の超定番日焼け止めですね
私も長時間のアウトドア用の日焼け止めとして使用しようと思ってます

母親に皮膚ガンが見つかったオーストラリアの自然療法士がつくった完全ノンケミカルな日焼け止め。
天然成分なのに、SPF30というしっかりした紫外線防止効果を持ってます。
しかも、ポリマーを使わず、各種オーガニックオイルを使ってウォータープルーフ効果を発揮。
汗や水に強いのに、石鹸で落とせるニクイやつです。

全成分を見ると・・・
ブドウ種子油、酸化亜鉛、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、キャンデリラロウ、ミツロウ、野菜油、マカデミアナッツ油、テオブログランジフロルム種子脂、レシチン、サフラワー油、ローマカミツレ花エキス、キュウリエキス、酢酸トコフェロール、チャ葉エキス

オイルベースですね~
なので、白浮きは気にしなくても良さそう
サイトにもありましたが、やっぱり結構油っぽいようです。
でも、使用量となじませ方に気をつけたら大丈夫かな?。
まずはBODYから使ってみようと思います
お値段は40gで¥2310。
この効果の高さと安全性だったら、良いのではないでしょうか。



…でもって、最後は成分に徹底的にこだわるナチュラ・ピュリファイの姉妹ライン。(追記分)
24hコスメ◆UVベースローション
紫外線吸収剤・合成界面活性剤・合成ポリマー・パラベン・香料・着色料不使用


めっちゃめちゃこだわりの自然派化粧品メーカー「ナチュラ・ピュリファイ」さんが、無添加や成分に気づいていない人たちにも使って欲しいと開発した「24h cosme」。
ナチュラピュリファイさんの製品は、かなりしっかりしたノンケミカル処方で、原料選びや製造方法など、ひとつひとつにこだわりがあって、「職人魂」を感じてしまいます。
ともすれば「安全第一」「効果は二の次」になりがちな自然派の化粧品が多い中、しっかりと「肌にチカラを与える」成分の配合も考えられているトコロが嬉しい。

そんな安心でパワフルな全成分はコチラ
水、グリセリン、ブドウ種子油、エタノール、ステアリン酸、オリーブ油、酸化チタン、レシチン、タルク、シャクヤクエキス、ボタンエキス、ショウブ根エキス、ローズマリーエキス、シア脂、トコフェロール、アルギニン、キサンタンガム、酸化鉄、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Al

こんなに可愛いパッケージなのに、中身はかなり本気のノンケミカル&ナチュラル処方。
オーガニックの有名メーカーでも、こっそり使ってくる植物性の合成界面活性剤すら使うことなく、堂々のレシチン乳化。
でもって、SPF15、PA++。
もちろん、石けんで落とせます。

これね、実は試してみたんですが。超いいの。
伸びが良いし、サラッとしてるし、軽いし、すんごい気持ちよい。
ちょっと肌色の乳液なので、カバー力はないけれど、ほんのり肌の状態も整えてくれます。
塗ってないっぽいんやけど、ホントに塗ってないときよりも肌のトーンが明るくてキレイ・・・というか。。。
私は普段ファンデを使わないので、これとパウダーだけでも十分かもしれない。

お値段はね、ちょっと高くて、30mlで3980円。
でもー、でもー、成分重視すると使い心地とか、仕上がりとか妥協しなくちゃいけないことが多いノンケミカルコスメのなかで、
この成分処方と仕上がりの両方を兼ね備えてるのはかなり魅力的・・・。
パックスナチュロンがなくなったら・・・買っちゃうかもしれません。





他にも、オーガニックメーカーさんや無添加メーカーさんで色々見ましたが、成分がシンプルである程度の紫外線防止力、となるとこの辺りになりました。
成分調べるの、面倒くさいけど面白い
夏中つけるものなので、やっぱり肌に負担をかけないものを選びたいですよね




→次回は日焼け肌のケア~




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
私もいろいろなものをノンケミにしているのですが、日焼け止めはすごくハードルが高いです!
自分で作りもしましたが、体に塗るにはもったいないし、そのうえバカ殿のように白くなる…。たくさんあげていただいたので、よさそうなのをさっそく購入しようと思います!
まずは試しやすそうなパックスナチュロン!
プチプラ万歳ですね!
2012/05/17(木) 13:29:38 | URL | #EBUSheBA[ 編集]
コメントありがとうございます^^。お返事が遅くなってすみません。

ホント、日焼け止めは難しいですよね。。。
そうそう、手作りだともれなく白浮きするんです。
こういうとき、やっぱり市販品は絶妙なバランスで作ってるんだろうなぁと実感。
私も日焼け止めはまだまだ探索中です^^。
プチプラで良い日焼け止め、もっともっと増えますように。
2012/06/16(土) 12:15:34 | URL | よち。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。