スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

* ミルクアソート(完成♪)
2011年04月23日 (土) | 編集 |
232.jpg

色々マルセイユに続いてメラメラ燃えて製作して、作りきって燃え尽きた(←)。
ミルクアソート、解禁しました。
ちょっとずつ試しながら、追記していきます。

こちらの石けんも、1万ヒットの御礼プレゼント企画の賞品です。
コチラ応募方法をよく読んで、ご応募ください。
締め切りまであと一日となりました。
読み逃げ専門の方も応募大歓迎なので、良かったら参加してみてくださいね
締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました

応募でコメントいただいてる皆様~。
集計ミスを防ぐ為に、緊急のご連絡以外お返事ひかえています
お返事、遅くなってしまってすみません
締め切りまで、もう少しお待ちくださいね。。。


<ミルクアソート>
231.jpg

・材料(共通部分)
紅花油(ハイオレイック) 80g(32%)
ひまわり油(ハイリノール)50g(20%)
こめ油          45g(18%)
パーム核油        45g(18%)
ラード          30g(12%)

苛性ソーダ 32.5(鹸化率 約90%)
水分  90g(36%)

うち、ミルク分
エバミルク 30g
牛乳    45g
豆乳    45g
ココナッツミルク 40g
ゴートミルク   40g

をそれぞれ置き換えて、残りは精製水使用。
ミルクはぐるぐる始めてから10分後に投入しました。

OP 香り付けの精油&フレグランスオイル


ベースのレシピは、とにかくクセのないコ達で。
石けんの保湿に特徴を与える、ナッツ系やホホバやバター類、ひまし油などは使わず、
私の中で「ある程度泡立って、なるべくクセのないコ」を目標に作りました。

それぞれのミルクの特徴が、少しでも顔を出してくれますように。。。

そして、今回は、いつもに増して、ビミョーな違いをクローズアップしまくったので、
すこし表現が大げさになっている。かもしれません。
そこを何となくココロに留めていただきつつ・・・。
↓はじめまーす。


ミルク(牛乳)
作成日2011,3,8
解禁日2011,4,16

香り・・・精油(パルマローザ、ローズウッド、ゼラニウム、ラベンダー、オレンジ、パチュリ)

普段飲むのは無脂肪乳か豆乳の私ですが、この時の為に「成分無調整」の牛乳を用意しました。
久しぶりにちょろっと飲んでみると、濃い。。。
無脂肪乳はめっちゃ薄いので、こっちを飲みなれていると、すごく濃厚に感じてしまいます。
それだけ、乳脂肪分が豊富なんだろうな。と。
そうだよね、本来は牛の赤ちゃんを育てる為のものだもの。

大切な、牛のお母さんのミルクは、石けんに入れると、とっても優しいベビーベージュ。
鹸化中はたんぱく質がアルカリと反応してすごい匂いを発する牛乳ですが、
熟成が進むと、あまり感じなくなってきました。

香りはフローラル系にしたつもりだったけれど。。。
少しだけ入れたパチュリが、熟成後半から自己主張をはじめ、なんだかスパイシーな感じになっています。

泡は、ベースのオイルの特徴なのか、それともミルクの特徴なのか、
クリーミーです。
なめらかで、どこかしっとりとした泡。
優しくて柔らかい感じがしました。



ソイミルク(豆乳)
作成日2011,3,8
解禁日2011,4,16

香り・・・精油(ラベンダー、ローズマリー、レモングラス、ティートゥリー、パルマローザ、ベルガモット)

大豆を搾ってできる豆乳。
いつも無調整のものを使うのですが、最初はお豆腐臭くて(←冷奴苦手なヒト)飲むのが一苦労でした。
でも、その栄養価の高さと、植物性のたんぱく質が欲しくて、毎日飲んでたらクセになりました。
必ず冷蔵庫に入っているので、石けんにもよく使います。
食べてよし、そして、豆乳のコスメがあるぐらい、スキンケアにも嬉しい素材。

石けん生地に入れると、柔らかなクリームベージュ色になりました。
ジェル化して、ちょっと透明感のある仕上がりです。
ちなみに一緒に保温箱に入ってた牛乳は、汗だく。の割りにジェル化は目立たず。
この違い、なんなんでしょ?。

香りは、大好きなローズマリーとラベンダーでハーバルに。
超微香ですが、私のすきな香りです。
豆乳も、鹸化・熟成中は独特の香りがしますが、熟成してる間に気にならなくなってしまいます。
動物性のミルクの牛乳・エバミルク・ゴートミルクは、熟成が終わってもミルクの香りがするけれど、
植物性の豆乳・ココナッツミルクはあまり香りが残ってない。。。
精油がふわっと表に出てきてくれる感じでした。

泡は、もちもち。してる(ような気がする。)
牛乳と使い比べたのですが、牛乳よりも微妙~~~~~に、泡がふんわり軽い気がします。
(あくまでも、「気がする」程度です)
で、もちもち。

牛乳よりもさっぱりしていて、泡も軽くて、でも、どこか弾力のある泡が立つ感じです。
この「もちもち」が好きで、豆乳をよく入れるんですが、正直何かミルク系を混ぜたら全部そうなるんじゃないかと思ってもいました。
でも、牛乳とはやっぱちょっと違う。
牛乳は、「なめらかでコクのある泡になる」感じで、豆乳は「さっぱりしつつ、泡にコクが出る」感じ。

でも、どっちがどっちかわからない状態で目隠しで使って、見分けられる自信は、ゼロです(きっぱり)。




余談ですが、ベースのレシピの感じが気に入りました。
もうちょっと泡もちが欲しいところですが、きめが細かくて、でもふっくらした良い泡が立ちます
スーパーのオイルたち、大活躍

IMG_0033.jpg

ベージュのまあるい石けん。癒されます。
でも、素材名の刻印、忘れました(沈)
ラッピングを脱がせた後は、見分けるのは色頼みになります。。。
ふ、不親切きわまりなくて、すみません~。



ココナッツミルク
作成日 2011,3,12
解禁日 2011,4,16

香り・・・精油(イランイラン、オレンジスイート、プチグレイン、サンダルウッド)、FO(プルメリア)

南国の木ココナッツ。
その実を絞ってとれるココナッツミルクは、あまーいココナッツの香り。
いつもはココナッツミルクのパウダーを使っていたわたしですが、
初めてココナッツミルクの缶詰をつかって作りました。

イメージは練乳のような、濃いけれどさらさらの質感だったのですが、
缶を開けてちょっとびっくり。
どろんどろん。
固形に近い、液体(?)。
いや、液体というにはかなりどろどろ濃厚。
そして、自然なココナッツの香り。

すごい。
やばい。
わくわくする。。。

ちょっと経験のない濃厚さだったので、水分の半分ではなく、ちょっとだけ水の方を多めに。
ただね、このコをぐるぐる中に、ちょっとだけ目を離してしまって・・・。
キッチンに戻った時には、すでにトレースが進みすぎてボッテボテ。。。
ボウルから流れてくれないので、型にぼとぼと落とすような型入れになってしまいました。
その為、気泡ボコボコのラインがたがた
焦って香り付けしたので、FOのプルメリアとEOのイランイランが強烈に自己主張する香りになってしまいました。
ついでに汗だくになって、汗ジミもいっぱいついてます(沈)。

でもね、色は柔らかいクリーム色。
この色はココナッツミルクの色?それともオイルの色?。
こめ油が18%配合なので、そんなにイエローベージュは強くないはず。
moaniでココナッツミルクパウダーを溶かしたものを水分で使った時は、白いコになったのに。
・・・んー・・・缶詰だと、違うの?。
これは、また別のレシピでも使ってみなければ(わくわく。)

そんなココナツミルクの泡は、豆乳と似ています。
もちもちしてる。。。気がする。。。
でも、もちもち度は豆乳の方があるかな。
どっちかというと、あっさりしてる・・・かな?。
で、豆乳よりも、ふわふわっと泡立つ気がします。
ふわふわだけど、軽すぎない。ちゃんと質感もある泡。

あくまでも、違いを必死で探した上での感想なので、あまり参考にならないかも。ですが。

植物性のミルクは、「ふわっともちもちな泡」になるのかしら?。




ゴートミルク
作成日 2011,3,12
解禁日 2011,4,16

香り・・・精油(ラベンダー、ラバンジン、ジュニパーベリー、エレミ、ティートゥリー)

ゴートミルクはヤギのお乳。
人間の母乳に一番近いといわれているミルクです。
何が近いんだろうと思ったら、母乳に含まれるたんぱく質のβカゼインが、ゴートミルクのたんぱく質の主体なんだそう(ゴートミルクで検索かけたら出てきました)。
ビタミン・ミネラルなどの栄養素も牛乳のほぼ3倍なんだそうで。
人間以外の他の種にも栄養補給として使えるんだそう。
栄養満点なのに、低刺激。
なんだか、すごい、ヤギのお母さんパワー。。。。

ヤギ、と聞いて思わずハイジを思い出しました。
そんな良いミルク飲んで育ってるから、きっとナイスバディになるんだろうな(←そこ!?)。

ハイジに出てくるとろけるチーズを乗せたパン。
今でも憧れです。

さて、そんなゴートミルク。
パウダーを使いましたが、とっても濃厚なミルクの香り。
でも牛乳とはちょっと違う・・・。どっちかって言うと、甘い?。
そんなパウダーを濃厚に水に溶いて使いました。

香りはラベンダーで安らぎ系。でした(過去形)。
・・・が、ゴートミルクの香りにかき消されました(泣)。
牛乳もそうだったけど。。。動物性のミルクは香りが濃厚
色は、ほんのり赤みの入ったベージュになりました。
蛍光灯の下ではベージュですが、太陽光の下で写真を取ると、ピンクベージュに写るときもあります。

そう、ミルクの香りは熟成とともにちょっとずつ落ち着いて、今は何となくラベンダーっぽい香りがするようになってます
もともと微香な着香なので、鼻を近づけないとわかりませんが。。。

泡は、やっぱり牛乳と近いです。
なんとなくしっとりと落ち着いた泡。
「もちもち」というよりは「もち」(?)。

植物のミルクは泡が軽いけれど、動物のミルクはホントに微妙ですが、泡に重さが出る感じ。
でも、牛乳よりは泡はふんわりしてるかな?。
パウダー使ったからかしら?。

うーん、でも、牛乳と同じ感じかなぁ。
柔らかくて、優しい感じ。
命を育む、あたたかな感触。


さて、違いの幅がとっても狭いミルクアソート。
一番濃厚なエバミルク。
このコはどう自己表現してくれるかしら?


今晩、お風呂で試してきます



エバミルク
作成日 2011,3,7
解禁日 2011,4,16

香り・・・精油(メイチャン、ラベンダー、プチグレイン、ゼラニウム)

エバミルクはいちごにかけるコンデンスミルクの、砂糖を加えていないもの。
「練乳」
その名の通り、ミルクをぎゅううううううっと濃縮して、練りました。って感じの
とっても濃厚なミルク。
香りはまさにいちごにかけるアレ、そのもの。・・・って、当たり前か
子どもの頃から大好きなコンデンスミルク。
いちごよりも、むしろメインはそっちだったかも。。。
大人になった私は、そんな大好きな食べ物を、石けんにしてしまうことを覚えてしまいました

前にいちど使った時に、あまりに濃厚すぎて強い個性を放ったので、
今回は水分の半分よりもちょっと少なめに。。。
それでも、5つの中で一番ミルクの香りを放つ、キャラメルベージュのあまーいコになりました。

泡は、もちもちで、もこもこ。
もしかしたら、もちもち感はアソートで一番かも。。。と思いました。
コシがあって、滑らかな質感です。
5つのミルクの中で、このコが一番糖分が多いことも関係してるのかな?
泡持ちが一番よかったのもエバミルク。
そして、洗い流した後の感じが、一番柔らか仕上げ。だと思いました。

ともすればちょっと重くなってしまいそうな質感のコですが。
私にはちょうど良かったです。

軽い←→重いで行くと(私の個人的な感想ですよ~)、
ココナッツミルク<豆乳<ゴートミルク(パウダー)<牛乳<エバミルク
でした。
ゴートミルクは、本来の液状のものを使うとまた違うのかもしれません
そして、色の変化は
(薄いクリーム色)←→(茶ベージュ色)
ココナッツミルク・豆乳・牛乳・ゴートミルク・エバミルク




 5つ試してみて、やっぱり思ったのは、
植物性ミルク・・・あっさり。でももちもち。ふわふわと軽く立つ泡
動物性ミルク・・・滑らか。で、もちもち。ちょっとしっとりと立つ泡。

の違い。
どちらもとても気持ちよくて、好きでした。
やっぱり、ミルクの石けん、良い石けん♪。

オイルは石けんの土台だから、その石けんの性格を決めてしまうけれど。
使う素材によっても、微妙に質感が変化することもわかって面白かったです。

例えば。
ヒールの靴を履くと、その日はちょっと姿勢が凛としたり。
柔らかい素材のシュシュで髪を束ねた日、なんだかちょっと優しい気分で一日過ごせたり。

さりげないメイクやアクセの違いでちょこっと生み出す気持ちの変化もあれば。
ドレスアップした時のような、ちょっと別人になりきっちゃう変化のときも、あり。

そんな、乙女の法則とちょっと似てる(笑)。
中身の私は一緒、でも、なんかちょっと、ふるまい方が違っちゃう。

みたいな。

オプションって、そんな感じかなぁ。と思いました。
だからこそ、同じオイルの組み合わせでも、何通りものレシピが生まれる。
似ているものはあっても、同じものは、ひとつもなくて。。。

ものを作るって、面白いなぁ。

やっぱり、石けん作り、ココロをくすぐります。




これでミルクアソートのレポも完成しました
たくさんお付き合いくださった皆様、ありがとうございます~。




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
よち。さんの記事見てると、ほ~んと使ってみたく
 なりますよね!

 しかもキレ~で可愛い!!!
 
 いろんなミルクの差、ホントこれも面白そうで
 迷いました~!!( 応募する時 )
 
 着眼点と実行力には、恐れ入ります!!!
2011/04/19(火) 19:05:49 | URL | あおらんらん #-[ 編集]
>あおらんらんさん

お返事遅くなってスミマセン(><)。

ありがとうございます~。
牛乳と豆乳とゴートミルクは、比較的カット面も
キレイに出来たのでお気に入りなんでございます^^。
でも、ココナッツミルクは・・・気泡と汗だくでチーズみたいになってますよ~;。

続々追記していきますので、お付き合いよろしくお願いします♪。
2011/04/20(水) 21:33:05 | URL | よち。 #-[ 編集]
ゴートミルクって使ったことないんですが
なんか濃厚そうなイメージです

ミルクのあま~い香りって癒されますよね♪

ハイジ・・・
小さい頃大好きでした
ハイジの藁のベットで自分も寝ると言い張って
近所の田んぼか藁を抱えて帰って 母親に怒られたことを思い出しました(汗)
2011/04/23(土) 00:37:11 | URL | flow #-[ 編集]
届きました!!!
メチャ早くてビックリですぅ。
見事なラッピングで開けるのが勿体ないです。
今日はよち。さんと一緒のエバを頂きます(笑)

実は、石鹸ブログを始めました。
名前もさっちんに変えてますが、これからもよろしくお願いします。
あ!!勝手にリンクさせて貰ってますが、よかったですか?もし、ダメでしたら、言ってくださいね♪
では、では、嬉しさのあまり手が震えて思うように書けませ~んが、素敵な贈り物をありがとうございました。

2011/04/23(土) 15:07:57 | URL | さっちん&ノンママ #-[ 編集]
>flowさん

ふ、flowさん。。。(悶)
可愛過ぎますそのエピソード~(ノ≧▽≦)ノ。
ですよね、近所に田んぼがあると・・・・やっぱり、やってみたくなりますよね。
私も家の前の田んぼの藁で遊びながら、ウズウズしてました
(…が、親が怖すぎて出来なかったへたれっ子;)。
子どもゴコロに、ハイジの世界は憧れですよね。
ハイジの藁のベット、一度はごろんとしてみたい。

ゴートミルクパウダーの香りはホントに赤ちゃんのミルクの香りと似てましたよ~。
ほんのり、癒される香りです^^。
カフェ・ド・サボンさんでも扱ってるので、flowさんも良かったら使ってみてくださいませ~。





>さっちんさん

おぉぉ、早い、私もびっくりしました!。
日本郵便さんありがとう~。
無事に届いて安心しました^^。

いつもの感謝のキモチなのです。
エバ、楽しんでくださいね。

そして石けんブログ開設おめでとうございます♪。
まぁ、リンクもしてくださったんですか!?。
ありがとうございます。
良かったら、私も貼らせてくださいね^^。

うふふ、後でこっそりお伺いします~。
2011/04/24(日) 07:24:56 | URL | よち。 #-[ 編集]
本当、到着が早くてビックリでした。
こんな本州最北端に・・・
わたしの下手な写真と文章で申し訳ないですがアップしました!
ラッピングの丁寧さには驚きです。
キャンドルもったいないな~
しばらくこのまま飾っておきます!
この度は本当にありがとうございました!!
2011/04/24(日) 19:56:41 | URL | mimi♪27 #Hu4BICiw[ 編集]
>mimi♪27さん
記事、拝見してきました。
素敵なご紹介してくださってありがとうございます。
ううう、ありがたきシアワセ。。。

私も今回の発送で日本郵便スゴイ!と思いました☆。
もはや宅急便と同じ速さですね。
ポスパケット、侮れないです~。
2011/04/25(月) 17:01:41 | URL | よち。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。