スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

抗炎症・ほろよいローション。
2011年05月08日 (日) | 編集 |
五月。
早いですね~。
つい先日まで桜が咲いていたのに、気付けば職場の隣の桜の木は鮮やかな緑。

また1つ、季節が通り過ぎようとするこの時期。
ちょっと切ないような。
そして、時間の早さにちょっと焦ってしまうような。
そんな不思議な気持ちになってしまいます。


ま、「花粉」のことを思うと、
そんなおセンチな気持ちはぶっとんでしまうんですがね
むしろ、早く終われ。

・・・・みたいな(怖)。


3月で終わるかと思いきや、4月まで引き伸ばされた(ヒノキにも反応してしまった)ワタシの花粉症。
最盛期は微熱がずっと続いてしんどかったですが、やっと落ち着いてきました。

ブツブツが出来たり、痒みで赤くなってたり、とにかく荒れてしまったお肌様。
ずっとリコリス×ヒース×ソウハクヒのローションを使っていましたが、
ちょっと内容を変えて、日本酒とハトムギ(ヨクイニン)入りのものに変えてから、調子が良くなりました。
今はもっぱらこのローション。
先日二本目を作ったので、覚え書き~。
そうそう、ローションに日本酒を入れる量は、いつも仲良くしていただいてるこゆりすさんの記事を参考にさせていただきました
すごく本格的で、効きそうなレシピはコチラ
(こゆりすさん勝手にリンク貼ってすみません

私の手抜きなのはコチラ↓(


<抗炎症・ほろよいローション>
IMG_0132.jpg

・材料
スギナチンキ   5ml
ヨクイニンチンキ 5ml
桃の葉チンキ   5ml
リコリスチンキ  5ml
日本酒     10ml
プロビタミンB5(パンテノール) ティースプーン1/2
ベタイン    ティースプーン1/2
精製水     30ml
ブラックウィローバーグエキス(酸化防止剤) 2滴

出来上がり・約60ml
チンキ基材はすべて25%焼酎。


無水エタノールで消毒した容器にいれてフリフリ。
(追記…消毒は70~80%のアルコール濃度が一番殺菌作用が高いそうで、それ以上になると効果が下がっていくそうです。無水エタは機械とか水をかけたらマズイものの消毒に適しているそう。ボトルだったら、ちょっと薄めたものの方がいいのかな?)

ローションは簡単で良いですな。


今回のチンキは4種類
IMG_0131.jpg

スギナ…エキセトニン(サポニンの一種)、イソクエルセチン、アミノ酸類、珪酸(ケイ素)、葉緑素などなどが成分。水溶性が多いので、チンキも25%の焼酎で。
抗酸化作用と消炎作用がすてき。特に天然のシリコンと呼ばれる珪酸は、細胞の生成をしたり、
新陳代謝の促進も期待できるそうな。髪に使っても良いらしい。
肌の弾力のコラーゲン・エラスチンに働きかけ、肌の結合組織を強化して肌の引き締めも。
肌の奥でメンテナンスをしながら、奥から新しい肌を生み出すお手伝いをしてくれるイメージ(超個人的)。
保湿しながら抗酸化・抗炎症。ついでに美白もしてくれちゃう。
主な効果は、抗炎症・抗酸化・収れん・保湿作用。
荒れて、毛穴の開いてきた部分に。頑張れ成分。
(参考→いろんな生薬サイト(スイマセン))


ヨクイニン…美白とイボ取りで有名な生薬。コイキサンA(多糖類)、コイキセノライド(不飽和脂肪酸エステル)、アミノ酸などが成分。アルコール濃度はどれぐらいがいいのか悩みましたが、ヨクイニンの使用方法がほとんど「煮出し液」だったので、いつも通り25%濃度で。
特にコイキセノライドには、イボを取ってしまうほど、表皮のでこぼこをなめらかに整える作用があるそうな。
(参考→ヨクイニン・薏苡仁(ハトムギ)できれいになる
消炎・保湿・皮膚弾力改善・血流促進・メラニン抑制 などなど、魅惑の効果がてんこ盛り。
効果をうたった化粧品メーカーの製品の成分でよく見かけるのもうなづけます。


桃の葉…荒れ肌といえば、桃の葉。昔から、汗疹や湿疹、かぶれなどの炎症に使われてきた生薬ですね。日本ではよくお風呂に入れて使っていたそうな。
タンニン(水溶性)とアミノ酸、フラボノイド、二トリル配糖体などなどが成分。
保湿・抗炎症(抗アレルギー)・抗酸化・刺激緩和・抗菌作用と、アレルギー反応での肌荒れを起こしている今の肌にぴったり~。
THE・肌荒れ対策な生薬なのではなかろうか。
(参考→桃の葉(もものは)


リコリス(甘草)…グリチルリチン酸・サポニン・フラボノイドなどなど。グリチルリチン酸は、かゆみや炎症を抑える働きのある超有名成分。化粧品の裏に良く書いてあるこの成分、リコリス由来のものが多いんですって。
サポニンも同じく、抗炎症・抗菌・抗酸化作用。それと、リコリスのフラボノイド、グラブリジンは、メラニン色素生成を抑制する働きと、色素沈着を抑制する働きがあるそう。
(ココまで、リコリス×ヒース×ソウハクヒのローションから)
抗炎症として色んな化粧品に入っているリコリス。
このグリチルリチン酸は捨てがたい・・・。


使用感はすごく良くて。
赤くて小さいプツプツや、痒みなんかがすごくマシになるんです。
パンテノールも効いてるのかしら?。
荒れて開いてた毛穴がちょっと目立たなくなってきました。
色んな成分の相乗効果?。

あと、日本酒。
あの超有名な「S○-Ⅱピテラ」も日本酒の原料から開発されたそうで。
焼酎と並んで、美肌成分がぎゅうっと入ってるそうな。
アルコールに弱い方はちょっと使用に注意が必要だけれど。。。
焼酎チンキとダブルで入れても、このローションのアルコール濃度は11%ぐらい。
私の肌は、大丈夫でした~。

べたつかないのに、次の日肌がもちっとするからすごく好き。

化粧水は別になくても良い、と思っている私ですが。
やっぱりトラブルが起きている時は、外からケアするローションも必要だな、と思います。
特に今季の花粉症での肌荒れはこのローションでかなり助けられました。

このコ達、日焼けの炎症にも、効くかしら?。





拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント

大丈夫ですか???

 でも、そういうときに自分で材料選んで

 効きそうな物で作れるって、本当に

 いいですよね~!!

 チンキ、いろんな種類作ってるんですね~!!
2011/05/08(日) 23:00:58 | URL | あおらんらん #-[ 編集]
わわっ、油断して読んでたら、私の名前があったのでビビりましたi-201
花粉症やっと落ち着いたのですね^^良かった!
ヒノキは5月半ばまで悩まされるし、マスクも暑いしで、困りよね^^;
私も先日の黄砂でやられ、今だに鼻がぐじゅぐじゅです(+ +;)

よもや、よち。さんも日本酒化粧水を作られてたとは!
生薬の成分を徹底的に調べられてて、さすがよち。さん♪
私の方が適当すぎる化粧水なのに、ご紹介してくださってありがとうございました^^
日本酒のアルコールは、他の同じ度数のアルコールよりマイルドだそうですよ^^
(アルコール入り化粧水はダメでも、日本酒ならいけるって人、割と多いみたいです。)

そうそう、容器の消毒…マンデイムーンさんでは無水エタノールで、と書かれてますが、
70~80度のエタノールが最も殺菌作用が高いそうです。
それ以上になると、逆に殺菌作用が下がっていくそうで、
無水エタが向いてるのは、水がNGの機械類の掃除や押入れ内のカビ取りなどだそう。
参考サイト様→http://www.live-science.com/honkan/partner/ethanol01.html
ご存知でしたら、余計なことでコメント欄を汚してすみませんm(_ _;)m

…最近私、記事のひとつひとつに食いついて、ストーカーみたいですね。。汗
き、気をつけます~。。
2011/05/09(月) 12:00:30 | URL | こゆりす #-[ 編集]
>あおらんらんさん

大丈夫ですよ~。
ちょっときゃぁきゃぁ騒いでしまってますが、
今はもうかなり症状が落ち着いているので問題ナッシングです^^。

チンキ、一時期せっせと漬け込んだのがいっぱいあるんです~(汗)。
「使う」より「漬ける」ことが楽しくって・・・つい^^;。
組み合わせは、色んな手作りコスメサイトさんの請け売りなんです。

でも、色々組み合わせると、なんか魔女になったみたいで楽しいですよ~^^。
あおらんらんさんも、ぜひにぜひに~♪。







>こゆりすさん

むふ、不意打ち作戦大成功!(←すいませんすいませんウソです;)。
SK-Ⅱピテラの情報を読んでて、「あー日本酒ローションえぇなぁ・・・」と思いながらこゆりすさんのブログにふらりと行ったら、
なんとそこに日本酒ローションの記事があるじゃありませんか☆。
もう、刺激受けまくって、気づいたらボトル消毒してる自分がいました。
ホンマにいつもありがとうございます^^。
黄砂、花粉症に追い討ちをかけてきましたよね(汗)
一日も早く、鼻炎の症状が治まりますように(T_T)。

ほうほう、やっぱり日本酒って肌にも優しいんですね。
日本酒をそのままローション代わりにつける人もいるって聞いたので、優しいんだろうなぁとは思ってたんですが、
同じアルコール濃度と比べてもマイルドとは知りませんでした。
さすがこゆりすさん*^^*。
消毒のアルコール濃度も、ワタクシマンデイムーンさんを完全に信じきっておりましたわ。
汚すだなんてとんでもない!。
めっちゃくちゃ勉強になりました^^。
ちょっと、加筆しときます。

あらやだ、き、気をつけないでください~。
食いつかれて私はニマニマしてるんです~(←え;)。
いやむしろ、こっそりコソコソこゆりすさんのブログネタに食いついてる、私のほうが性質が悪いかも~(汗)
2011/05/09(月) 18:02:29 | URL | よち。 #-[ 編集]
はじめまして!
最近手作りコスメデビューしまして ただ今勉強中です^^

こゆりすさんのブログでよくお見かけしてて ブログはよく拝見してました^^;

日本酒でのローションに食いついてしまい
今回勇気を出してコメントさせて頂きましたw

私もSKⅡを使ってた時期もあり お値段が高いので代わりになる物はないかと妄想してた時でした

石鹸は残念ですが作る事はできないのですが
今後も色々勉強させて頂きますので よろしくお願いしまーす


2011/05/11(水) 18:06:34 | URL | ぐぅ~たらん #uMaVINOY[ 編集]
>ぐぅ~たらんさん

はじめまして^^。コメント嬉しいです。ありがとうございます~。
むふふ、私もお名前、こゆりすさんのトコで拝見しておりました(笑)。

手作りコスメデビューされたんですね^^。
手作り始めると、「えぇっこんなものもコスメに出来るの!?」とか、
発見や驚きが多くてウキウキわくわくしてしまいませんか~?(←…それは私^^;)。

日本酒も、SK-Ⅱの情報を知ってから、ますます魅力的に感じるようになりました^^。
いいですよ~日本酒。
お肌がアルコールに弱かったらちょっと注意が必要かもしれませんが、
入れると使用感がぐんと良くなる気がします^^。
ぐぅ~たらんさんも、ぜひにぜひに♪。

私もまだまだ勉強中ですが、もしご参考になる事があれば嬉しいです^^。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします~。


2011/05/12(木) 10:02:05 | URL | よち。 #-[ 編集]
酵母
最近、再び注目されつつある酵母を含んでいるという点でも、非常に興味をひく素材です>日本酒
アルコールに弱くてウォッカ抽出のエキスを入れた化粧水でかぴかぴになってしまう私ですが、日本酒と神の河の生薬抽出液は大丈夫でした! むしろお肌がもっちり柔らかくなる感じです。しかも、真冬でも乾燥を感じませんでした。これはすごい!
でも、化粧水が少し・・・というか、かなり足がはやくなりませんか?
月桃蒸留水50mlに、日本酒を5mlほど入れて、そこにベタインとプロパンジオール抽出の生薬エキスを数滴入れました。
念のためにブラックウィローバークも垂らしました。
もちろん容器は消毒用エタノールで事前に消毒済みです。
ところが、上記のものを冷蔵庫保存したにもかかわらず、三日目には白いもやもやが発生してしまいました。
真冬で冷蔵庫保存で三日でこれでは、横着なワタクシメとしてはかなりきついです。
使用感がとてもよかっただけに残念でなりません。できれば、かなり積極的に取り入れたいと思っているのですが・・・。
私の化粧水の作り方がまずかったのでしょうか。それとも日本酒を混ぜた場合、白濁しても問題ないのでしょうか。
よち。さんやみなさんの日本酒配合化粧水はこんな状態にはなりませんか?
まずは、よち。さんレシピにならってもう一度トライしてみます。
2011/05/12(木) 23:13:51 | URL | きみどり #IY7bLZJE[ 編集]
>きみどりさん

そうそう!そうなんです~。
「S○-Ⅱピテラ」の原料も「酵母由来」だそうで、
杜氏の人の手の皮膚の美しさからヒントを得て開発されたそうなんです。
なので、「酵母」「杜氏」=「日本酒」(!?)。
という単純な発想で日本酒に行き着いた私でした^^;。
きみどりさんがおしゃる通り、日本酒をちょっと入れただけで、肌の質感変わりますよね*。
もっちり、もちもち感が私も大好きデス^^。

そしてそして、化粧水の持ち、、、なんですが。
私、一本目からずっと、冷蔵庫にもいれず、
洗面所の冷暗所に置くという超荒っぽい管理で(汗)、
使い切るまで問題なくいけたんです^^;。

きみどりさんのコメントを拝見して、3日で白いもやもやが・・・というのがとっても気になりました。
少量なりともアルコールが入っているし、しかも3日で足が付くというのはちょっと早すぎるかもです~。
日本酒で漬けたチンキを、水で薄めただけのローションを使ってる方もいらっしゃるぐらいですし・・・。



もし、組み合わせで生薬をお使いなのであれば、
生薬同士の成分が反応しあって沈殿が起きてる可能性はないでしょうか。。。

生薬の成分によっては、お互いに反応しあってローション中に沈殿ができるものがあるそうです。
(って、ご存知だったらこのコメ、読み飛ばしてくださいね(汗))
生薬チンキや、月桃の成分の反応。。。とか(?)。

成分の反応によって出来ている沈殿の場合は、
組み合わせを変えると沈殿が出なくなるそうです。

また、冷やすことで、成分の一部が水に溶けきれなくなり、
それが白濁した沈殿になることもあるそうです。
(お湯に溶けていたものが、お湯が冷えるとまた水中で結晶化するようなカンジだそうです)
その場合は、傷みではないので、気にせずそのまま使っても問題ないそうですよ^^。

→http://www.vc-lab.com/syohou.html
ココのサイト(ご存知だったらスミマセン;)の下のほうに書いてます^^。

いずれにしても、「傷み」ではなく、ローション中で何らかの「反応」が起きているのではないかと。
お、思ってみましたです。。(←だんだん小声)

だってだって、日本酒ローションすごく良いので、
3日しかもたないのは悲しすぎますよ~~~~。
きみどりさんが安心して日本酒ローション使えるようになりますように。。。
2011/05/13(金) 19:25:30 | URL | よち。 #-[ 編集]
ありがとうございます!
1)有効成分反応による沈殿
2)低温によるなんらかの成分の凝固
の二つがまず考えられるということですね。

生薬の組合せは、まさにご紹介いただいたリンク先の、各生薬の説明と実験のPこちら(↓)
http://www.vc-lab.com/d.html
を参考にしました。タンニンで凝固が起きるとされているクジンは外しましたし、トウキも避けました。
そして、上記リンク先の「混合エキス」のピンクのライン=「ソウハクヒ、カンゾウ、ユキノシタ、ウワウルシ」(←これ、きっと皆さんも狙いますよね)としたので、組み合わせに関して大きな問題はないかと・・・思っていましたが、確かに月桃の有効成分に関しては考慮しておりませんでした。
ひょっとして月桃? 外さなくちゃいけない!? 月桃、愛しているのですがっ!
また凝固や沈殿というよりも、上澄みの部分がもや~として、しかもヒビ広がっていく感じだったので、2)もどうかな、と。
当時、2月、冷蔵庫に入れても三日目くらいでもや~。念のためにユキノシタを抜いて、再トライしてももや~でした。

問題を切り分けたいので、まずは、ほぼよち。さんレシピにならった月桃蒸留水無しバージョン(日本酒、生薬エキス、ベタイン+精製水のみ)&冷蔵庫保存でいってみます。
これでだめなら、室温保存でいってみます。

昨夜から、よち。さんレシピを基本にした日本酒入りローションを使っていますが、つる~、すべ~、もち~という感触がすっごくいいです。
たいていの同じような効用を持つ有効成分(ザクロエキスとか)は、たしかにつるすべもちになるものの、同時に(少なくとも私の場合)おそらくは蒸発による乾燥もしやすくなってしまいました(頬のてっぺんとか)。
ところが、日本酒を入れるとそうならない。
ぜひうまく取り入れたいところです。

今までずっと一人で何も分からないまま試行錯誤していたので、こうして御助言をいただけて、ほんっとありがたいです。ありがとうございます!
2011/05/14(土) 10:24:49 | URL | きみどり #IY7bLZJE[ 編集]
>きみどりさん

きみどりさんきみどりさん!。
私もローションの変化が気になって、いつも冷暗所保存している
ローションを、冷蔵庫に入れて冷やしてみました。

そしたらね、私のも、半日冷やしただけで、白く濁ったんです~(驚)。

冷やす前は、確かに透明で、生薬のカス(チンキの濾し切れなかった分)
がはっきりと見えたんですが。
さっきキンキンに冷えたローションを見たら、白く濁って底の方が見えづらくなっていました。

ででで、良く考えたら、私が使っていたスギナと桃の葉にも、
冷やしたら凝固するタンニン、入ってるんでした。
ちなみに、月桃にもタンニン、入ってるようです。
(ゲットウポリフェノールはタンニン類とフラボノイド類で構成されているそうです~)

タンニンはゆっくり冷やすことで凝固すこと、すっかり忘れてました(汗)。
冷蔵庫での冷やし方は、まさにその「ゆっくり冷却」。
もしかしたらきみどりさんのおっしゃっていた表面のヒビ(?)
は、凝固したタンニンの集まり?・・・とも思ったり。
そういえば、紅茶も冷やしてクリームダウンしちゃった時、
表面に妙な膜が張ったことがあったなぁと思い出しました。
(↑や、あくまでも、予測ですよ~)
タンニンの凝固だったら、多分そのまま使えた・・・はず。

また、タンニンは日本酒の清澄剤としてもつかわれるそうで、
タンニンがタンパク質と結合して凝固する性質を利用したものとのこと。
日本酒にたんぱく質が含有されているのかはわからなかったのですが^^;。
そういう反応の可能性もなきにしもあらず、
なのかなぁとも思いました。

でもでも、もしかしたら本当に足が・・・ということも考えられますし(←どっちやねん;)。

もし、常温保存で3日後もちゃんと澄んでいたら、冷却による凝固、なのかもしれないですね。

日本酒ローション、きみどりさんにも合ったようでよかったです^^。
あとは「もやもや事件」の解決ですね。

私もとっても勉強になります!。
なんとか無事に日本酒ローション使えますように~。


2011/05/14(土) 17:55:19 | URL | よち。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。