スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

その他、考えてみる、の巻き。(キャノーラ、何とかならんの会)
2011年06月21日 (火) | 編集 |
前回の記事の続編です。
今回は、手短に。。。
(5月27日に作成した石けんのお話の下書き保存分アップです。5月27日から6月にかけて、ちょこちょこ書きました)

*今回も色々とあちこちでお借りした情報を載せていますが、専門家の確認を取ったものではありません。
もしご参考になさる場合は、念のためご自身でもう一度調べなおしていただけますと幸いです。


 打たれ弱いアイツをなんとか

前回は溶けくずれの面であーだこーだとごちゃごちゃ考えましたが、
もう1つ、気になるのが、「酸化」です。

でね、気になってたの。

キャノーラって、ビタミンEが豊富。
ビタミンEといえば、抗酸化作用の強いビタミン。

・・・・なのに、なんで?。


・・・で、また、懲りもせず調べました()。

そしたらば。

ビタミンEの弱点熱と酸素と光だそうです。
(参照サイト…ビタミンE
でもって、ビタミンEは、自身が酸素とくっつくことで、周りの酸化を抑える。献身的な、いわばSPのような存在。
・・・ということは。
ぐるぐるしたり(ボウル撹拌)、しゃばしゃばしたり(ペットボトル撹拌)、「撹拌」という作業が入る石けん作りの作業は、
どうしても「空気に触れる」ことから逃げられない・・・んじゃなかろうか・・・。
ついでに、乾燥も、思いっきり空気にさらさないと無理ですし・・・。

・・・と、いうことは、ビタミンEに変わる抗酸化成分を入れると良いのかしら。
(ビタミンEの抗酸化作用を否定するんじゃないですよ~
となると、ROEしか思いつかない私;。

で、ついでにそれを空気に大量に触れる、ぐるぐる前から入れるって言う方法はめっちゃ画期的なんじゃないかしら。
(↑これは、キャノーラ何とかならんの会に頂いたわかばさんのコメントを参考にいたしました)


・・・と、いうわけで、
オイルを計量した後、直ちにそこにROEをちょいと多めに混ぜ込みました。
「ROEはトレース後」、という私の常識、あっさり崩壊()。
(あ、これは、だいぶ前にネットのどこかで見てから、深く考えずに「そーなんやー」とぐるぐるの時だけそうしてました
オイルの保管には、開封後にすぐ入れてます~。)


・・・で、
キャノーラ油ではないけれど、混ぜたら成分一緒になる?という淡い期待の元。
スギナとローズマリーを冷侵で長らく漬け込んでいたひまわり油(ハイリノール)をおともにしました。

ひまわり油も若干酸化が早いので、ハーブたちがどこまで頑張ってくれるかは、祈るのみ~
水分には、私の中でお約束になりつつあるローズマリーのハーブティーを後入れで使いました。




酸化するのは、余剰油脂のキャノーラ

これも、前回いただいたコメント。
「はっ」としたのです。
そうか、未鹸化の油脂が酸化するのなら。
鹸化率を上げると酸化防止につながるというこゆりすさん情報も、ものすごく納得。

ホンマに、先輩ソーパーさんたちのアドバイスは、勉強になります。ココロから感謝。

なので、今回は「鹸化」にちょっと気をつけてみました。
もともと、いかにしっかりと「鹸化」を促進するかは、私の大きな課題。
(以前書いた、メモ寄せ集め。「安全と鹸化反応」の記事

キャノーラは、そのトレースの遅さから、鹸化速度は遅い、と勝手に予測しました。
(鹸化速度のことは、上の以前の記事に書いてます
と、いうことは、保温時間は長めに取った方がより多くの油脂が石けん化してくれるかしら。。。
鹸化率90%。
もともと、この設定にしたとしても、家庭での作業では、設定どおりにオイルとアルカリが完全に反応すること、
まずない。そうです。
で、更に、鹸化速度の遅いオイルは、ゆっくり鹸化するので、一日放置で保温箱から出した時、状態によってはまだ鹸化途中の場合もあるそうな。
そうなると、油脂の90%が石けん化ではなく、もっと石けん化している油脂は少なくなって、余剰油脂だけじゃなく未反応の強アルカリも余分に残る事になる。。。と、頭に強く残っています。

最初のキャノーラ石けんと比べるために、鹸化率は90%のままで行きますが。
ちょっと鹸化作業はきっちり意識しました。

といっても、私の持つ設備で鹸化反応の状態を見ることは、
IMG_0016.jpg
コレで温度の変化を見る事しか出来ないので、あんまりたいしたことではないのですが・・・。
えと、「意識した」と、いうことで。。。。っていつもと一緒か・・・


保温箱に入れてから、室温24度、箱の中が35度以上の時間が、まる一日。
大体8時間後ぐらいに、40℃以上になって、その後ゆっくりと温度が低下しますが、
このコはそれから30度台がずーっと続き、室温に近い26度まで下がったのは、二日半後でした。

ココで、やっとこさ、保温箱からお帰り~。

きっと、温度計がなかったら。
そして「鹸化反応」を調べる前の私だったら、きっと24時間後には出してたと思う。
いや、24時間たってなくても、固まってたら「もうすぐ24時間だし、いっか~」・・・と、出してたと思う。。。
いや、それが作り方の基本だし、その後1ヵ月熟成させてアルカリ度を落とすから間違ってはいないけれど。
その場合、生地の中で反応したオイルはどれぐらいなんだろう。
そして、反応しきれなかった強アルカリは、型出し時ではどれぐらい残っていたんだろう。。。
・・・とか、難しく考えすぎですかね。スミマセン。。。


さてさて、出てきた石けんちゃんは、超・汗だく。
頑張ったのね。
しっかり汗かいたね~。
と思いつつ、コレきっと乾燥中に全面灰だらけになりそうだなと予感。
型出し後、柔らかすぎたので、二週間ほど乾燥させてからカットします。
(追記。6月8日、ちょっと早いですがカットしました
 ソーダ灰は、意外や意外、トップだけで済んでます。)



このコの解禁は一応7月27日。
ちょっと長めに乾燥期間を取りました。
梅雨と真夏を乗り切れるかしら。。。
無事にいけたら、成功、かな。



こうやって、実験みたいに作るのも、なんだかとっても面白い。
今までの復習みたいで、勉強になりました。

でも、何だかんだいいつつ。「机上の理論よりも、結果」
後は、解禁後どんなコになってるか。
いいコになってることを祈るのみ、です~。


IMG_0225.jpg

スピルリナパウダー初挑戦。
・・・したら、溶け残ったツブツブが、右側のコの左下みたいに、ポコリといたずらを
これ、ブラウンスポットじゃないんですよ~。
ややこしいのが出てしまって、ちょっとがっくり~。
今のところ、ご機嫌よく、乾燥中です。




そして、この記事でストック分がなくなりますた。
しーん・・・・



拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
酸化、ここまで考えたことがなかったので、またまた勉強になりました^^
いつも一方的に知識を分けていただいてすみません~。汗

あっ、ROEって本来はトレース後に入れるものなんですね~。
いつもハードオイル溶かす前に入れちゃってました^^;
(フェイスオイルのククイにも開封と同時にROE投入…)
ROE、確かに入れると全然違いますよよね^^

そして、室温に戻るまで二日半も!
今年に入って、保温箱には1日半から丸二日くらい入れるようにしてたんですが、
まだまだ足りないのかもしれないんですね。
うー、温度計欲しい。。

ローズマリーの冷浸オイルにティに、ROE^^
この石けんさんの今後が楽しみです♪
2011/06/21(火) 22:04:48 | URL | こゆりす #-[ 編集]
こんばんはー!
ビタミンEのお話とてもためになりましたー
なんとなく酸化を防止してくれるって知識でしたが
よち。さんのおかげで勉強になりました!
わたしの大好きなラードにもビタミンEが入ってるので
これからはそういうことも意識していきたいです
そしてROE!わたしも使ってますー
トレースのときに入れるというのは初耳でした
わたしはオイルを購入したらなるべく早いうちに
オイルに直接入れるようにしてるんです
底にたまることがあるので使うときはふりふりしてますー

いつもながら、よち。さんの「知りたい」と思ったことを
探究する姿は素晴らしいですー!
2011/06/21(火) 23:51:15 | URL | あちこ #-[ 編集]
よちさん こんにちは♪

ん~ん、またまた興味深い実験?です
ビタミンE成分は入ってれば酸化を防いでくれると思っていたので目から鱗です^^
ROEを入れるタイミングもソーダと合わせる前に入れるんですねぇ
いゃいゃ勉強になりました( ..)φメモメモ

この温度計私も購入したんですが
中の温度が確認できるだけでも助かっています(*^_^*)
買ってからはやはり24時間で出すことはあまりなくなったかも~

解禁後のレポ楽しみにしていま~す(^_^)
2011/06/22(水) 11:42:11 | URL | あび #ult41me.[ 編集]
先日パンプキンシードオイルの石鹸を作る機会があってROEを初めて使用したのですが、何も考えずぐるぐる前に投入してました。
キャノーラやハイリノひまわり、グレープシード等を日常的に使ってみたいのですが「酸化しやすい」という点が私に二の足を踏ませています。
でも、よち。さんのみたいなオレイン酸・リノール酸とかの脂肪組成を考えた石鹸にチャレンジしてみたいので、これがクリアになったらなぁ、と心から思っているんです!

このキャノーラ・デ・スピルリナちゃんがいいコに育つことを私も祈っております!
解禁後どんなコになったか、教えて下さいね~(´▽`)

リンクフリーに甘えてリンクを貼らせて頂きました。
問題等あれば、お手数ですが仰って下さいませ。
2011/06/22(水) 16:07:25 | URL | みず #C6R2gQ3k[ 編集]
こんにちは。
キャノーラなんとかならんの会に
ついての記事は、なんとなくスルーしておりました。
なんともならないんじゃない?って思って。
けど、ここへ来てなんとかなる、って気がして来たのです。
多分、あまりによち。さんが勉強熱心で、
負けた、って感じがしたからかな、
私だけでなく、キャノーラの方も。

鹸化反応については、以前のよち。さんの記事で
ちゃんと鹸化させることに気を付け、24時間じゃなくて、
もっと長めに保温するようにしているので、
今回の実験の結果で、あーやっぱり24時間じゃ
足りないのね、と頷きました。
一概に24時間とは言えないんだから、書籍なんかでは
もっと長めにしておいてくれたらいいのにー、とも。
しかし、暑くなりましたね。
2011/06/22(水) 22:15:39 | URL | スキップ #GpEwlVdw[ 編集]
私もソーダ灰にやられた石けんは解禁期間を二ヶ月くらいとってます
私の場合 灰子さんは柔らかい子が多いので少しでも固くなって欲しいという思いと アルカリ度数を下げる為なのですが レシピによって熟成期間だけでなく保温期間も考えないといけないんですね

いつもながらタメになる記事をありがとうございます
他のソーパーさんのレシピの組み立て方ってどんな風にされているんだろう?って思っていたので
とても参考になりました♪

2011/06/22(水) 22:44:33 | URL | flow #-[ 編集]
>こゆりすさん

いえいえ、一方的だなんて。
私もかなりこゆりすさんに色々教えていただいています~。
今回の記事だって、こゆりすさんから頂いた情報が元になってる部分がありますし^^。
感謝・感謝なのです。

「ROEトレース後」は、ずーっと前にネットのどこかで見かけて、そのまま深く考えずにその通りにしてたんです^^;。
なので、私には常識だったけど、世間的にはそうじゃない気が・・・。
私もハワイでククイナッツオイル買ったんですが、これには開封と同時にROEがっつり投入しました。
うんうん、やっぱり違いますよね。
ハーブのチカラってすごいなと思います。

そうなんです、このコ、今までで一番保温箱に入ってました^^;。
室温が高かったからかな、とか、一日お湯入りペットボトル入れたから?とか、
色々思うところもあるんですが、一日半でやっと30度切ったと思ったら、その後一日ずーっと27~29度が続いて(室温は23~4度)。。。
大丈夫かとちょっと心配になりました^^;。
いいコになるといいのですが。。。

あ、ちなみに、レシピによっては、一日半ぐらいで箱から取り出すものもあります~。

温度計、いいですよ~。
オリーブオイル2本分だと思ってぜひに^^。








>あちこさん

こんにちは~^^。
またもやこのマニアックな記事にお付き合いくださってありがとうございます~。

ラード、私も大好きデス^^。
同じビタミンEが豊富なオイルでも、キャノーラと違ってラードは安定感があるので、なんだか安心して使えます。

あ、「ROEトレース時」っていうのは、ずっと前にネットでチラ見して、それ以来そのままマネしてただけなので、気にしないで下さい~(汗)
ローズヒップとかククイとか、超酸化しやすいオイル達は、私も開封と同時にROE投下してます~。
・・・そうそう、底にたまるんですよね^^;。
良かった~、「コレいいのかしら;」と思うときもあったので、それを聞いて安心しました^^。

・・・いえいえ、ホンマにただの「はっきりさせたがり」「知りたがり」なんです(汗)。
興味のあることには突っ走れるんですけどねぇ・・・。
その他のことにはドライ傾向なので、困りますわ^^;。







>あびさん

こんにちは^^。
えへ、またやってしまいました^^;。
引かれたらどうしよう、とヒヤヒヤしながらアップしたので、ちょっとホッとしてます~。

先輩方の経験と知識をレンタルしまくった記事なので、
アイデアとアドバイスくださった先輩ソーパーさんたちに本当に感謝です。
あびさんのお役にも立てて、良かったです~。
(・・・って、私は何もしとりませんが(汗))

そうそう、この温度計ホンマに便利ですよね~^^。
箱を開けずに中の温度がわかるから、めっちゃ助かります。
意外と、温度上がるんだなぁとか、発見がいっぱいです^^。

レポまでにいいコに熟成しますように~。









>みずさん

パンプキンシードオイルですか~。
使ったことないです。興味シンシン!。
なんか、パンプキンの名前がかわいいです^^。
色んな方のコメント拝見してると、皆さん「ぐるぐる前」にROEを入れてる方が多いので、
私の「ぐるぐる後」のほうがおかしかったのかも~…とちょっと思ってます^^;。

ハイリノひまわりは良く使いますが、他のオイルと混ぜて使う分には、そんなに酸化は気になりませんよ~^^。
メインにするには今の季節ちょっと不安かもですが、
他の安定感のあるオイル(オリーブやマカダミアなどなど)と混ぜるトコからチャレンジされてみても良いのではないでしょうか^^。

あ、リンク!ありがとうございます~^^*
良かったら私も貼らせてくださいね。
どうぞよろしくお願いします~。

・・キャノーラ・デ・スピルリナの名前が、あまりにかっこよくてウケました^^。
その名前が似合う、爽やかな奴になってほしいです。








>スキップさん

よっしゃ!スキップさんを振り向かせましたよ!(←殴)
あとはキャノーラが振り向いてくれれば、万々歳でございます^^。

多分、αーリノレン酸が入ってる時点で、他のオイルに比べれば酸化のしやすさはどうしても消せませんが、
でもちょっとの装備で酸化を遅らせることができるなら、そうしてあげたいなと。
だってあのコストパフォーマンスであの柔らかな泡ですよ~(><)。。。
ちょっとでも短所がカバーできれば・・・・オイシイ・・・とか思ってしまうのです。

うんうん、私も、知れば知るほど、もっともっと書籍にも情報が欲しいなと感じます。
オイルや作り方は詳しく書いてあっても、苛性ソーダのことや鹸化のことはあまり書いていないことが多いので・・・。
手作り石鹸を広めるために、とっつきやすく簡単にしているんでしょうが。
もう少し、書いてくれてもいいのにな、と思う今日この頃です。

梅雨明けもしてないのに・・・ホンマに暑いですね~。
スキップさんも、ご体調崩されないよう、ご自愛しつつお過ごしくださいね^^。








>flowさん

灰子さん・・・・・。
かわいい(><*)。
それ、今度使わせてください!(←コラ)。

確かに灰子さんになるコは柔らかいコが多い気がします。
型出し時にふにっとすると、何となく「灰の予感」が・・・・。
オイルやOPの組み合わせで、保温時間も熟成期間も微妙に変わってくるって、
石けん作りはホンマに、奥が深いなぁと思います^^。

いえいえっ、少しでもお役に立てたなら良かったです!。
・・・といっても、ほとんど先輩ソーパーさん達のアドバイスの受け売りですが・・・(汗)。
2011/06/23(木) 09:52:44 | URL | よち。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。