スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

お産の記録
2012年04月20日 (金) | 編集 |
こんにちは。

早いもので、娘も二ヶ月半になりました。
ふにふにで寝るか泣くかの日々から、ご機嫌よく起きている時間が少しづつ増えてきました。

自分の手を動かして遊ぶようになったり、お話するように声を出すようになったり、表情が感情豊かになってきたり。。。
娘のするちょっとしたしぐさに、成長を感じて、思わず笑顔になってしまいます。


初めてのお産。
ちょっとだけ、どんなもんだったか記録しておこうと思います。

出産前、臨月に入ったぐらいから、「お産」ってどんなものなのか、どんな風に始まるのか、不安でよく色んな方のブログの「お産体験」の記事を読み漁ってました。
特に、去年の12月に出産されたオセロの松島さんの出産体験記は、流れがとっても詳しくまとめられていて、ストーカーか!?ぐらいの勢いで何度も何度も読みました。

お産って、100人いれば100通り。
それは重々承知しているけれど、やっぱり他の人の体験記はちょっとだけ勇気や安心感になる。
なので、私の体験も誰かの小さな元気になったらいいな。

ちなみに、予定日は1月29日。
出産は1月30日でした。

妊娠初期からちょっと強めの貧血でした。良く仕事中立てなくなってた。
妊娠期間中ずーっと鉄剤を処方されていたけれど、その鉄剤が合わずに何度も体調不良に
お腹が張りやすく、お医者様から「自宅安静」を言われたこともあり。
つわりは、「食べられない、何をしてても気持ち悪い、ニオイに犬並みに敏感」。
・・・えぇ、自分の作った石けんすらニオイで使えなくなり、その節は皆さまにお世話になりました
つわりが五ヶ月ぐらいまで続いて、戌の日の安産祈願の日、行った先の神社の駐車場で盛大に吐いてしまったのが未だに忘れられない

安定期過ぎて、7ヶ月目からは貧血からくるめまいと、お腹の張りやすさ以外はすこぶる順調。
臨月直前まで立ち仕事でばたばた働いていました。
臨月入ってからも、ダンナと外出したり、1時間散歩に行ったり、一人で電車に乗って買い物に行ったり、ランチにいったり、
とりあえずじっとしてない妊婦でございました。
(あ、そういえば歯茎がぷっくり腫れあがって、歯磨きのたびに大出血してました。
これも妊娠期独特のものらしいですね。)


 お産、19日前(1月11日)

なーんの変化もない臨月の日々に、ちょっとした変化があったのはお産19日前。
臨月に入ると、私がお世話になっていた産科の検診は週一になり、診察にも「内診」というものが入ります。
触診で子宮口の開き等をチェックされるんですね。

たしか、二回目の内診だったと思います。
午前中病院にいって、その日の夜、トイレに行ってびっくり。
おりものシートに、もう終わるかな~ぐらいの生理の時のような出血が。
・・・えぇ、びびりました。
「お、お、おしるしなの!?そうなの?」
急に、心臓、ばくばく。

あわてて「内診後 出血」でネット検索(←お騒がせするのが嫌で、すぐに病院に電話できないタイプ)。
すると、「内診後は出血することが多い」とのこと。
でもそれがきっかけで陣痛が来ることもある、ということ。
出血が続いたり、量が増えるなら病院に電話しようと決めて、ドキドキしながら一日を過ごしました。

・・・結局、その日から2日ぐらいで出血は止まりました。

そして、その時の内診から、一週間ごとの検診の度に出血。
先生にも「内診後の出血はよくある」といわれ、私も「あぁまたか」ぐらいになっていました。
でも、回数を重ねるごとに出血量は増えていましたよ


お産、5日前(1月25日)
なんか、しょっちゅうお腹が張るなぁ。
また貧血がひどくなってきたなぁ。
・・・と、思っていた頃。
いつものように検診に行って、内診があって、その日は内診直後から出血。
なんだか、いつものお腹の張りとは違う感じの「ぐ~っ」とお腹を絞られるような痛みがやってきました。
それが徐々に強く。
とりあえず、いつもの張りが強い時のように、息をふ~っと吐きながらやりすごす。

耐えれないほどではなかったし、30分とか、一時間に1回ぐらいのペースだったので、「陣痛はこんなもんじゃないやろ」と思い込み、ダンナの両親と一緒に近所の大きな神社まで行ったりして、悠長に過ごしていました。

そしてその日の夜。なぜか胃の辺りにも重たい痛みが。
キリキリ、というより、ぎゅ~っと絞られて痛い感じ。
昔、胃を病んだ時の痛みによく似てる。
だんだんお腹の痛みよりも胃痛のほうがキツくなりました。

後から知ったんですが、赤ちゃんがお産の準備で下がってくる時に、胃が引っ張られて胃痛を起こす人、結構多いみたいです。



お産、4日前(1月26日)

翌日。
お腹の張りで目が覚める。
貧血がすごかった。
頭はボーっとするし、めまいがひどくて時々立てなくなる。
下腹部は相変わらず不規則に収縮するような痛み。
ついでに胃の辺りも30分前後の間隔で、あの絞られるような痛みがやってきました。

もう、何が何だか、な感じ。

とにかく、息をゆっくり吐く呼吸法でなんとかやり過ごす(←この呼吸法本当におすすめ)。
でも、痛みとめまいの波が引いた時は比較的元気。
一応、痛みの来る時間はメモ。だがしかし、てんでばらばら。
間隔も不規則だし、その時はうずくまるぐらい痛かったけど、「いやいや、陣痛はこんなもんじゃないやろう、いけるいける」となぜか空元気を発揮。

とりあえず、念のため産院に問い合わせ。
「本格的な陣痛の前の、前駆陣痛でしょう。破水したり、痛みの感覚が10分間隔になったら電話してきてください。」と言われたので、引き続き痛みの来た時間をメモメモ。

次の日も次の日もそんな状態が続き、体力と気力消耗。
痛みが来ていない間も、次は何分後に来るやろうと気が気じゃなく、精神的にもジリジリ。
なもんで、とうとう「来るときは来るやろ」と開き直り、痛みの感覚のメモを取ることを放棄してしまいました(←え)


 出産前日(出産予定日1月29日)
さて予定日です。
来るのかしら、どうなのかしら、と内心ドキドキ。
相変わらず定まらない、乙女心のような(←)不規則な下腹部の痛みに、ちょっと投げやりモード。
(あ、いつのまにか胃痛は治まっていました。)
「もぅ、予定日はないな」と自分の中で決め付け。
ダンナの実家に晩ご飯頂きに遊びに行ったりしてました。

ちょっとばかり、情緒は不安定。
主人のおかあさんが何度も繰り返す自身のお産体験談や、自身の妊娠経験と私の妊娠生活の比較に、なぜだかとても気持ちが落ちる。
つわりがひどかった自分の時と比べてあなたは楽な妊娠で良かったね、みたいな。
違うの、しんどくてもしんどいって言えない根っからの長女体質なの。。。
と、心の中でしょんぼり。
あぁ、ホルモンバランスの悪戯。
(だがしかし、まさかこの悪戯に産後数カ月間苦しめられようとは…)
そんなこんなで、予定日は相変わらずの前駆陣痛で終了。



 出産の日(1月30日)
夜中の3時に、お腹の痛みで目が覚める。
なんか、前駆陣痛の痛みとは違う感じ。
ずん!と重く、子宮が絞られるような痛み。
とりあえず気のせいだと思ってやり過ごそうとしたけれど、痛みの感覚が近くて寝てられない。
一時間ぐらい耐えて、4時頃「これはもしや」と思い間隔を計ってみたら、なんと10分間隔。
びびる。
そして病院に電話。
色々状態を聞かれて、本陣痛が始まった可能性が高いと言われました。
「初産なので、五分間隔になったらまた電話してください。入院の準備はして置いてくださいね。それと、痛みがない間はいつもどおり過ごして大丈夫ですよ。」

・・・おぉ、とうとうなの?とうとうなのね。
とりあえず、ダンナは5分間隔になったら起こそう。。。

なんて考えつつ、リビングのソファーで痛みと眠気に耐えつつ、ドキドキしながら時間をメモ。
入院したらしばらく帰ってこられないから、家のあちこちを片付けたり、入院セットを確認したり。
そうこうしている間に6時半になり、ダンナ起床。
朝の準備をしている間に、とうとう痛みはキチンと5分間隔になりました。ここで朝の8時半ぐらい。
病院に電話して、入院グッズをもっていざ出陣しました。

前駆陣痛も痛かったけど、本陣痛は思わず息が止まりそうな感じ。
息を吐いてやり過ごすのも必死。

病院についたら、既に子宮口が3cm開いていました
助産士さんから「よくガマンしましたね」と励まされて、陣痛室へ。

あとはひたすら、陣痛がくるたびに息を吐いて~。
……そうそう、クラリセージとラベンダーの精油を落としたハンドタオルがものすっごく役にたちました。
汗拭きに良し。握りしめて良し。痛い時の顔隠し(笑)に良し。「これがあるから大丈夫」という不思議な安心感。
もう、それこそ産まれる直前まで握りしめていました。
普段は苦手なクラリセージの香りが、陣痛中は噂通り落ち着く香りに感じました。

ちなみに、陣痛対策用に作ったミツロウクリームは、使えませんでした
お腹まわりにモニターの端子がぐるっとついてたから、塗ってマッサージなんてできなかった〜。残念。

陣痛中はお腹のチビに、「おいで、おいで、降りておいで」と心で話しかけていました。
雑誌で読んだソフロロジーの言葉を思い出して、
私の苦しみじゃなくて、これはチビの苦しみなんだ。
これから何十年も生きる命が生まれてくるんだから、すごく大きな力がかるのは当然。
これは痛みじゃなくて、すっごく大きなエネルギーなんだ。
と。
そう思いこむと、痛みも耐えることができました。

お腹につけた胎児の心音をモニターする機械から、チビの心臓の音が聞こえてくるのも心強かった。

とにかく陣痛に耐え続けること数時間。
時々助産士さんが、陣痛の状態をチェックしにやってくる。
陣痛が来ているときに、子宮口の開きを見るために触診するんですが・・・。
これが辛かったな
最初、指を入れられたまま、「ちょっと陣痛が来るまで待ちますね」と言われた時は
思わず「・・・・マ~ジ~で~す~か~~~~~~~」と心の中で全力で叫びました。
だって陣痛来てるときにぐりぐりされるのよ。。。
あのときだけ、助産士さん、鬼やと思った・・・

そして、17時(陣痛開始後13時間後)、子宮口が最大になり、分娩室へ。
分娩室に入ってすぐの内診で破水。
抗生物質のお薬を飲みました。

そしてあとはもう、ひたすら頑張るのみ。
だってね、陣痛がきて、私が呼吸を思わず止めてしまうと、チビの心音がすごく弱くなるの。
朦朧としつつも、それがすごく心配で。
無我夢中で呼吸をしてました。

陣痛はちゃんと来て、子宮口も開いているのにチビがなっかなか降りて来ず。
分娩台に乗ってからもかなり時間がかかりました。

そして必死でいきみ続けること数時間。
この世界に、チビが出てきてくれました。

それが21時半。

初めてチビの顔を見たとき、不思議と初めて会った気がしませんでした。
「あぁ、やっと会えたね」って気持ち。
あとは、ぐったり。
助産士さんにキレイにしてもらって、体重計って・・・と、色々しているチビを、なんだか他人事のようにボーっと眺めていました。アタシ、意外とドライやな、とか思いながら。
その間、下のほうでは傷の縫合~。
チビが大きかったせいか、結構裂けてしまっていて
実は縫合処置が痛くて何となく感慨にふけっている場合ではなかった私でした。

でも、その後のカンガルーケア。
自分の胸の上でふにふに動くあったかいチビを見ていると、
急に。
本当に、急に。
「かわいい!愛しい」って気持ちが
ぶわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。っと。
わいて来ました。
もうね、何でもしてあげたくなっちゃう。
自分でも不思議な感覚でした。


そんなこんなで1月30日、午後9時半。
3300gの女の子が、私の腕の中にやってきてくれました。

立ち会う予定じゃなかったのに、流れで最初から最後まで立ち会うことになった主人(笑)、すごく丁寧にお産をすすめてくださった助産士さん、外でハラハラ待っててくれた主人のおかあさん。駆けつけてくれた両親。
本当にたくさんの人に支えられた、とっても良いお産でした。



産後、突然チビが数日間保育器に入って点滴処置をすることになって号泣したり、そのことで未だかつてない情緒不安定になったり、母乳指導でのおっぱいマッサージの痛さにめげそうになったり、お産の傷が痛すぎて動けなかったり、色々ありました。
主人の実家で、周りの何気ない一言に傷ついたり、ちょっとした失敗を指摘されて「母親失格や」とばかりに落ち込んだこともあったなぁ
情緒不安定全開。
でも、本当に主人の両親にはお世話になりました
そして、自宅に帰ってきてしばらくは、家事と育児に文字通り追われてしまいました。
「…あれもしなきゃ、これもしなきゃ、あぁ、これも出来てない、でも赤ちゃん泣きやまへんし~~~~~~
軽いパニック状態。
すぐ落ち込んでイライラして、主人にもかなり当たりましたし、良く泣きました。
初孫だから、周りのアドバイスや娘の状態チェックがすごくて。
私が赤ちゃんに対して行う動き、ひとつひとつに声が飛んでくるように感じてしまい、
正直、「赤ちゃんは可愛いけど、周りの人達がうっとおしい。そんなに言われなあかんほどアタシはダメな母親なの?(泣)」と、思ってしまったときもありました。
はい、不安定続行。

お産も大変やけど、産んだ後のほうが大変。本当にその通りだと思います。
でも、二ヶ月経って、赤ちゃんも私も周りも慣れてきて、今はいい具合にそれぞれ肩の力が抜けてきました。
そしてね、不思議なことに、まだこの家にチビと帰ってきて1ヶ月半なのに、何だかもう、ずっと前からチビがこの家にいるみたいな感じなのです。
本当に自然に、そこに存在するチビ。
今はすっかり、親ばかです。
きっと、この先また落ち込んだり、「もぅ、子育て嫌や・・・」と思う事もあるだろうけれど。
このお産の時のことを忘れずに、頑張っていこうと思います。

IMG_0398.jpg

私の天使ちゃん。
これからも、こんな母をビシビシ鍛えてちょうだいね。



長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。