スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

脱ケミカル波乱万丈。
2010年08月01日 (日) | 編集 |
合成界面活性剤や合成ポリマーに気をつけてスキンケアをするようになって早5ヶ月。
(*2013.7.29 追記…この時は無知ゆえに古い情報にしがみついて「合成ポリマーもダメ!絶対!」なスタンスだった私ですが、現在は合成ポリマーの種類が多様にあること。水や石けんでするっと流れるポリマーがあると言うことなどなど、なにも肌に貼り付くだけがポリマーじゃないこと(今自分のそういう系の記事読むと鼻息が荒くてちょっと恥ずかしい…)を理解したので、あまり目くじら立てなくなってきました。)

最初の目的は「ケミ成分から肌を解放して、肌細胞を回復させる」こと。
その為思い切って化学物質入りのスキンケアコスメをばっさり切り捨てました(相変わらず、メイクは下地以外ケミカルでしたが…)。
その後、化学物質に頼らなくても肌は潤うし、よくなることを実感して「肌の持つシステムをなるべく邪魔しない」ことがスキンケアのテーマになりつつあります

美容成分を使わないスキンケアに不安もありましたが、結果は本当に肌の調子が良くなりました。
あんなに頬にポツポツできていたニキビも出来なくなったし、乾燥で硬くなっていた皮膚はずいぶん柔らかくなりました。
特に感じるのは、洗顔後に肌がつっぱらなくなってきたことと、たまーに小鼻のキワにニキビが出来ても、びっくりするぐらい早く治るようになったこと。
細胞自体の「基礎体力」が上がってきたのであれば、かなり嬉しいな


最近色素沈着を発見したり()、頬のたるみや小鼻の角質など、まだまだ「キレイな肌」とはいえないけれど、エステで施術を受けた後のような「いつもよりちょっと良い状態」が通常の状態になってきました


気を抜くとすぐにクチコミ上位のものに飛びつきたくなってしまうので()私自身の覚書として、スキンケアの履歴をメモしておこうと思います。


ケミ断ち前
<朝> ロクシタン ボンメールソープで洗顔
    大手メーカーの化粧水→乳液→たまにクリーム

メイク…オルビス・サンスクリーンオンフェイス(合ポ入りだが石鹸で落とせる日焼け止め)を塗って、オルビスのパウダーをはたき、ベースメイク終了。

* オルビスの日焼け止めは、メーカーの説明文から、すっかり「石けんで落ちる」と信じきっていましたが、成分を細かく調べてみると「石けんで落ちる合成ポリマーではない」と言うことが判明しましたorz。。。こちらは合成のクレンジングが必要です。・・・無念。

<夜> 大手メーカークレンジングミルク→ボンメールソープで洗顔
    化粧水→乳液→美容液
    乾燥が気になる日はコットンパック。

そして、いつしかニキビが大量派生&くすみ、毛穴の開き、洗顔後のつっぱり感がひどく感じるようになる。    


ケミ断ちを決意。とにかくケミから肌を解放の時期
<朝> ぬるま湯で洗顔
    ホホバオイル&マカダミアナッツオイルをハンドプレスでつける。

メイク…オルビス・サンスクリーンオンフェイス(合ポ入りだが石鹸で落とせる日焼け止め要クレンジング剤です)を塗って、オルビスのパウダーをはたき、ベースメイク終了。

<夜> ネオナチュラル クレンジングオイル でクレンジング
    ネオナチュラル ヒーリングソープ一白桃 で洗顔
    ホホバオイル&マカダミアナッツオイルをハンドプレスでつける。


水分で肌がふやけて角質が剥がれすぎるのを防ぐため、化粧水はカット。
合成ポリマーを完全にシャットアウトし、合成界面活性剤はクレンジングオイルの「水添レチシン」のみ。
合ポのラッピングがなくなったため、洗顔後の肌のつっぱり感がハンパない。
肌の表面が乾燥で硬くなり、それを感知してか、今まで働いていなかった皮脂腺が急に活動を始める
久しぶりにTソーンがテカリまくり、鼻の頭には角栓がニョキニョキ。
なのに口周りや頬はオイルを塗ってもゴワゴワで、赤くなってパリパリ
何か、前よりも肌が荒れている気がする・・・。
「コレは肌が回復する為の現象だから耐えるべき」と思いつつ、あまりの乾燥のひどさに焦る。
一ヶ月半耐えましたが、いっこうに治まる気配なし。

そしてある日ふと思う。
「もしや、泳げない子を荒波に放り込んだか?」

私の肌は、今まで数々の化学成分によって強制的に保水され、シリコン系ポリマーによって刺激から守られていたわけです。
いうなれば、お肌様は何にもしなくても全て化粧品の化学成分がやってくれていたんですね。
特に頬周りはシリコンによってしっかり被膜されていたから、皮脂分泌が機能する必要がない為その働きもお休み状態に。
そんな過保護に守られていたお肌様が突然全部自分でしろといわれるわけです。

・・・・・例えば、10年仕事を休んだとして、いきなり10年前と同じだけの仕事をしろと言われて、出来ますか?

出来るわけがありません。
そして、そんなすぐに機能が回復するはずもありません。

「肌細胞を回復させる」には「しっかりと成熟した肌細胞を基底母細胞から生み出さないといけない」わけです。
肌細胞のお母さん、「基底母細胞」は、肌の表面の状態を感知し、細胞分裂を調節します。
研修では、「早すぎるターンオーバーは未成熟な細胞を生み、もろく、乾燥しやすい肌を作る」と習いました。
いつまでも肌がバリバリの状態では、基底母細胞が「早く治さなきゃ」と細胞分裂を早めて、結局スカスカで成熟不足の肌細胞が生まれ、また乾燥する・・・という悪循環を招くんじゃないか?と思ったわけです。
自力の保湿ではなくても、肌の表面に水分があり皮脂膜の代わりがあれば、それを感知して基底母細胞も「じっくり」細胞分裂を行ってくれるんじゃないかと。

実際は乾燥が怖すぎて耐えられなくなっただけですが
ちょっとスキンケアを変更しました。


やっぱり水分補給も大事?ローション投入時期
<朝> ぬるま湯で洗顔
    ローズ&カモミールのフラワーウォーター(E-CONCEPTION)…肌が湿るぐらいの少量をハンドプレスで
    ホホバオイル&マカダミアナッツオイルをハンドプレスでつける。

メイク…オルビス・サンスクリーンオンフェイス(合ポ入りだが石鹸で落とせる日焼け止め要クレンジング剤です)を塗って、オルビスのパウダーをはたき、ベースメイク終了。


<夜> ネオナチュラル クレンジングオイル でクレンジング
    ネオナチュラル ヒーリングソープ一白桃 orショコラ・ド・バーンで洗顔
    ローズ&カモミールのフラワーウォーター(E-CONCEPTION)…肌が湿るぐらいの少量をハンドプレスで
    ホホバオイル&マカダミアナッツオイルをハンドプレスでつける。


ローションは肌のつっぱり感が和らぐ程度に使用しました。
たっぷりつけてしまうと、ただでさえ弱っている角質層がふやけて、必要な角質まで落としてしまうので、とにかくつけすぎに注意。
コットンパックがしたくなる衝動もありましたが、それをしてしまうと角質層が水浸しになり、刺激に弱くなってしまうので、ぐっと我慢しました
少し肌が湿った状態で、その上に皮脂膜の代用のホホバ&マカダミアナッツオイルを塗布。
パリッパリの乾燥感がなくなり、気持ちの面ではかなり楽になりました。

そして、一ヶ月が経って・・・。

あの大嵐はなんだったの!?と肌が大復活を遂げました

自転車に乗れない子どもが、三輪車→補助輪付き→大人の補助付き→の後、自力で乗れるようになるのと同じように、機能の衰えた肌も、水分・油分など最低限必要なものは与えながら機能を回復できるように手伝わないといけなかったのかな、と思いました。

そして今、肌が変わって、またスキンケアも変わっています。

必要な時に必要なものを
<朝> ぬるま湯で洗顔
    寝汗が多く、顔が皮脂でベタベタしているときは石鹸洗顔
    つっぱり感を感じる時はローションを肌が湿る程度に。感じないときはつけない。
    ホホバオイル&マカダミアナッツオイルをハンドプレスでつける。

メイク…バックスナチュロンUVクリームを塗って、オルビスのパウダーをはたき、ベースメイク終了。

<夜> ネオナチュラル クレンジングオイル でポイントメイクをクレンジング
    石鹸で洗顔
    つっぱり感を感じたら、ローション塗布。感じない時はつけない。
    ホホバオイル&マカダミアナッツオイルをハンドプレスでつける。

なんと、ローションを使わなくても大丈夫になってきました
…というか、ローションを使わないほうが調子が良い時が出てきました。
保水の必要がない肌にローションはオーバーケアなのかもしれません。
肌が水分を欲しがっていない状態の時に習慣でローションをつけてしまうと、肌の水分バランスが崩れてしまうのか、何か肌がゴワゴワしたり、小さなコメド(?)のようなものが出来るので、以前よりも注意深く肌の状態を見るようになりました。

必要な時だけローションをつけて、皮脂膜の補強は毎回しっかり行う。
それだけの超シンプルなスキンケア。
なのにこんなに乾燥を感じにくく、ニキビが出来にくくなるなんて、嬉しい限りです

石鹸は、色々集めてるものから、2個ぐらいを開封して使っています。
今はショコラ・ド・バーンとナイアードのアルガン石鹸。
紫外線のダメージが強い季節なので、オイルリッチな石鹸のほうが調子が良いです。
今は「毛穴」がすごく気になる・・・・。

まだまだ脱ケミ歴は浅いので、突っ込みどころは満載ですが、何とか良い方向に向かってくれている気がします。
気を抜けばすぐに「過保護ケア」をしてしまいそうになるので、肌の調子を見ながら適切な「手助けケア」が出来るようになりたい。
…なんだか、子育てみたいですね(笑)(…って、まだ子育てしたことないですが)


いつか、「白玉肌」になれますように・・・


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。