スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

知らず知らずに「与えすぎ」
2010年08月10日 (火) | 編集 |
脱ケミを始めてもうすぐ半年経とうとしています。

5年もの間、「怪我を薬で治すように、肌も化粧品成分で改善する」「肌を美しくする為には、外から必要な成分を入れ込むことが大切」と何度も研修を受け、実践してきた私にとって、化学成分を断つと言うことは本当に勇気が要ることでした。
やっぱり今でも「成分不足で老化が進むんじゃないか」とか、「ケミコスメを使っていないことで、なにか損をしているんじゃないか」とか、心のどこかでは不安がいっぱいです

その不安を解消する為に、昔のノート(ケミ的なエステでしたが、肌理論や解剖生理学はかなり医学的なところまで教えていただいたと思っています)や、ネットや本で調べまくる日々が続いていますが、相変わらず、迷いまくり・惑わされまくりの毎日です

でも、最近スキンケアを調べていくにあたって、気づいたことが1つ・・・。
例えば「肌に良い」「この成分が肌にこんな風に働く!」「肌の○○を○○してくれる!」
という言葉は良く目にします。
スキンケアに取り入れたり加えたりする情報はゴロゴロころがっていて、「良い」ものはどこでも大絶賛されていますよね。
でも、この成分を「どういったタイプの肌に、どの程度取り入れれば適切なのか」とか、「たくさん取るのはどうなのか」という用量・用法に関しては、スルーされていることがほとんど。
効果・効能が挙げられた紹介文を見ると、「そんなに良いものなら、たっぷり使おう!」とか、「積極的にそれが入ったものを使っていこう!」とか、思いませんか?。
・・私はこの手の言葉にめっちゃ弱いタイプです

「やりすぎスキンケア」はケミカルなスキンケアではよく注意されていますよね。
例えば「脂性肌用のラインコスメ」で、皮脂をとことん除去して押さえるラインの物を使って、結局角質層が乾燥して逆に皮脂分泌が盛んになってしまうとか、
蒸気で蒸らして、ピーリングして、マッサージして、パックして、洗い流して、ローションパックして・・・と肌バリアをゆるめ、必要以上に剥がし、水ぶくれにして・・・という「結果的にインナードライを招くケア」などを良く見かけます。

なので、ノンケミカルで、かつ超シンプルなスキンケアに、ケア過程での「やりすぎ」はあっても、成分の「与えすぎ」のイメージなんてチラッとも浮かびませんでした.


でも、実は今、調子がよかったはずの肌が、ちょっとゴキゲン斜めになっているのです。
潤いはあります。洗顔後の突っ張りも無くなり、肌の乾燥は全く感じなくなり、ゴワゴワ感もマシになってきました。
・・・・でも、なぜだか、一ヶ月ぐらい前から毛穴の開きがひどくなってきたのです凹。
頬は比較的毛穴が締まっていたのに・・・毛穴の目立つ面積がどんどん広がっていく・・・。
そしてとうとう、ニキビまで復活しました
じゃじゃん
keana.jpg



なーぜーーーーー???、夏だから?皮脂分泌が盛んだから?それともやっぱり何か足りないから肌が弱った?
そしてまた、長年慣れ親しんだ「ケミカル」の世界へと向かおうとする私
そこで偶然。「成分過多」について知る機会がありました。


皮膚科医ではないのでこれ!とはいえませんが、どうやら、「与えすぎていた」疑惑が浮上しています
まだ、それが本当かどうかわからないので、試している最中ですが、今、スキンケアをこんな感じに変更しました。
 →ちなみに、一週間前までのケアはこの記事の一番下です


<朝>
石鹸洗顔→ホホバオイル超少量→ラップ保湿→日焼け止めクリーム

<夜>
ポイントメイクのみクレンジング→石鹸洗顔→ホホバオイル超少量→ラップ保湿


ちょっと思うところがあり、めっちゃ大好きなマカダミアナッツオイルを省いています。
そして、ローションも中止しました。

毛穴は相変わらず開いていますが、ちょっとニキビが小さくなってきています。
・・・うーん、やっぱりそうなのかな・・・。


・・・ちなみに、乾燥肌にはマカダミアナッツオイル、良いですよ
ただ、肌の水分バランスが良くなってきたら、卒業した方が良いかも知れません。
あと、オリーブオイルも、肌への過剰摂取は要注意です。
きっかけは、この記事→毛穴治療・グリシルグリシン(皮膚科の先生のコラムです)。
これを読んで、不飽和脂肪酸の過剰摂取について、色々調べました。
今度、まとめてみたいと思います~。
化粧品会社は、本当にデメリットについては教えてくれない・・・



美容成分にも、医薬品のように「注意書き」を作って欲しいと思う、今日この頃でした。





拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。