スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

ノンケミカルになると、クリーム選びが大変(@o@)
2010年08月17日 (火) | 編集 |
→「夏のお肌は試練がいっぱい」の続きです。

クリーム選びが意外と大変
(*2013.7.29 追記…この時は無知ゆえに古い情報にしがみついて「合成ポリマーもダメ!絶対!」なスタンスだった私ですが、現在は合成ポリマーの種類が多様にあること。水や石けんでするっと流れるポリマーがあると言うことなどなど、なにも肌に貼り付くだけがポリマーじゃないこと(今この記事読むとちょっと恥ずかしい…)を理解したので、あまり目くじら立てなくなってきました。)

さて、クリームです。
クリームは混じりあわないはずの「油脂+水」が混ざって出来ているもの。
なので、どうしても界面活性剤が必要になります。
使いたくないけど、コレが入ってないとクリームにならない・・・。
どこで線引きをするか・・・・悩むところです。

私の決めた線引きは
・合成ポリマーは無添加。
・合成の界面活性剤も(できれば)無添加。
・「水+油脂」の成分構成。
・なるべく不飽和脂肪酸の少ない油脂使用(ホホバオイルが理想)
 (乾燥肌の方は、アーモンド油やオリーブ油、マカダミアナッツ油など、栄養価たっぷりのオイルを使っても良いと思います)

植物性の合成界面活性剤でよく使われているのは
・ステアリン酸グリセリル(SE)(…ただ、ものによっては界面活性作用の弱いものもあるそうです)
・水添レシチン
・水添ダイズ脂肪酸グリセリル

オーガニックや無添加のコスメで、「石油系の合成界面活性剤は使っていません!」とうたっていても植物性の合成界面活性剤が結構入っていたりします。
特に、成分表示の上位にこれらが入っている場合は、要注意。
化粧品表示は配合量が多い順から並べていくので、入っているとしても、できれば下のほうにさりげなく使われているものが良いな。


できれば、・レシチン(卵黄の界面活性作用成分・・・マヨネーズを作る成分)
     ・リゾレシチン(レシチンの粒子を小さくしたもの)
     ・カリ石鹸素地(石鹸)
     ・ミツロウ

などの、自然な界面活性作用のものが入ったものを使いたいです
そこで調べて見つけたのがコレ。


山澤清/ハーブ研究所スパール 黄カラスウリクリーム ¥5040(送料込み)
<全成分>
ホホバ油、ミツロウ、シラカバエキス、 キカラスウリ完熟果肉エキス、カミツレエキス、ラベンダーエキス、セージエキス、ローズマリーエキス

・・・超、理想!
最近、不飽和脂肪酸の多い植物油で成分過多のトラブルを起こしたばかりの私の肌に、使用油脂が「ホホバ油」と「ミツロウ」だけって言うのが、うれしい。
乳化は「ミツロウ」で行っていて、ふわっ・とろっというよりは、「馬油」とか「アルガンクリーム」に似た感じのちょっと固めの感触。
手にとって、手のひらに伸ばして、少し温めてからつけるとよいそうです。

ここは日本のブランドですが、オーガニックは当たり前、そこより更に高みを目指しているとのこと。
たしかに、余計なものは入れない、この潔さ。すごい。

乾燥・老化肌用にローズヒップのクリームもありましたよ。

こちらは¥4347(送料込み)・・・ちょっと安い?。
<全成分>
ホホバ油、ミツロウ(蜜蝋/蜜ろう)、セリシン、白樺樹液、ローズヒップエキス、ローズ油、ゼラニウム油

こちらは精油が入っているので、よりパワフルな感じになってますね
どちらも、「水(フラワーエキス)+油分(ホホバ&ミツロウ)」になってるので、擬似的な皮脂膜として最適です
そして、忘れちゃいけない「防水性」(…クリーム探しに夢中になってちょっと忘れかけてましたわ←コラ)
昔アロマクラフトで化粧水とか乳液とか手作りしてた時、ミツロウのハンドクリームがやたらと水をはじいてくれたので、水仕事の前に必ずつけていたのを思い出しました。

そうか、ミツロウはロウ類だから、オイルとはちょいと違う。。。
強引に言えばロウソクのロウと同じ。
ロウエステル、という天然のワックスが成分の大半をしめています。
なので、水をはじく性質がばっちり。
ロウエステルといえば皮脂膜の20%を構成している成分なので、限りなく皮脂膜に近いクリームを作ることが可能になりますね
皮膚呼吸を妨げず、しっかり皮膚をガード。
更に好感があがったのは、「今まで、クリームたっぷり!保湿命!みたいな感じでケアされていた方は、外から油分を補いすぎていて、皮脂腺が退化して自分で油分を作り出せない状態になっているかもしれません。そういう方は、すぐには潤いを感じないかもしれません」という説明文。
これぞノンケミカルな考えですよね。
「使い続けると、潤いを感じるようになると思います。」
という言葉に、肌の機能の再生を考えて作ったコスメなんだな、と頼もしく思いました。

このクリームはかなり理想です



・・・・でも、ちょっと高い・・・・


・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そっか、作ればいいじゃん


・・・・・ハイ。あれだけネットにかじりついてクリーム探したくせに、お財布と相談した結果、結局自作することにしました(…切ない…)。
でもちょっとお財布に余裕があるとき、ここの石鹸とかクリームとか、あと、フェイシャルオイル(売り切れてるのが残念!)、使ってみたいです。
ほとんどがホホバオイルベースで、他の植物性オイルを使っていないところが、日常使いに良いですね~


・・・というわけで、6年ぶりにクリームを作ってみました。


→続きますクリーム、作ってみた

拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。