スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

何の為のスキンケア?
2010年09月09日 (木) | 編集 |
こんにちは。なんだか最近バタバタしっぱなしのバタ子さんなよち。です
更新全然出来てないのに、見に来てくださる皆さん、本当にありがとうございます


(えと、ここから余談が続きます(オイ)。タイトルの内容にすぐ行きたい方はコチラをクリック)

最近1つ嬉しいことが。
友達から「どんなケアしてるの?」と聞かれることが多くなりました
なんだか、エステティシャン時代よりも、良く聞かれるような気がします
なんでやろう・・・と思っていたら、友人が一言。
「だってアンタ、美容やってた時、生活状況の割にはフツーの肌やったけど、ある意味エステ技術と業務用の化粧品フル活用でキープしとったやん。今はそういう職権乱用(…ひ、ヒドイ)ナシでいい感じやから参考になるねん」

・・・・・・・・・・・か・・返す言葉もございません

確かに、エステティシャン時代は後輩の研修と使用感チェックの為に週3回はイオン導入やら、細胞活性やら、マイクロカレントやら超音波やら、引き上げマッサージやらリンパドレナージュやらetc...とにかく色々やってました
化粧品も、そのサロンでしか買えない、有効成分が45種類ぐらい入った高濃度のもの使ってましたしね。

お客様に「生活習慣の改善が一番の美容法ですよ」と言いつつ、激務過ぎて自分の生活習慣はもうぐちゃぐちゃ(朝ごはん食べずに通勤ラッシュに飛び込み、お昼ご飯は19時に食べ、帰宅するのが0時過ぎてたから夜は3時に寝てました)で、それでも美容を提供する側としてある程度の状態はキープしないといけない…。
ある意味、化学と科学のチカラで肌の状態を保ち、「お肌様の持つシステム完全無視」の生活をしてたわけです。

そりゃ、仕事辞めて何もしなくなったら荒れるはずやわ・・・。

エステのチカラが取っ払われた私の肌の基礎能力は、本当にひどいもんでした
皮脂分泌できない、水分保持できない、敏感、ニキビ発生、角質こびりつく、すぐ赤くなる、くすみ・・・。
自分のチカラで働くことをすっかり忘れてしまっていたお肌様。
それを思うと、ここ半年で本当にずいぶん機能を取り戻してきたなぁ、としみじみ思います。

脱ケミ生活半年経過

半年間右往左往しつつ、やっと「肌の持つシステムを邪魔しない」スキンケアのサジ加減もちょっとだけ判ってきたような気がします。
そしてやっぱり思うのは、
お肌様は自分が食べたものから作られている
ということと
お肌様が出来ないときは素直に助けてあげる
ということ。

肌に成分を入れ込んで、科学的に肌を膨らませたり、保湿したりをしないノンケミカルスキンケアは、以前も書いた通り、自分の生活習慣がモロに肌に出ます
お肉・お魚のたんぱく質(肌を作る材料になるもの)
お野菜・きのこ・果物・海藻などのビタミン、ミネラル(肌の修復・再生をしてくれるもの)
ご飯、パンの炭水化物(肌を作ったり、修復する為のエネルギーになるもの)

バランス良く食べて、初めてホホバオイルやら石鹸洗顔なんかのよさが生きてくるんだろうなぁと実感します。

特に必要なのは、体のメンテナンスに大量に必要になるビタミン・ミネラル・食物繊維
もちろん日々の食事でも野菜を多く使うよう心がけていますが、身体にしっかり作用するだけの量を食べるのは本当に大変だから・・・ここ一ヶ月ぐらいは、野菜ジュースにお手伝いしてもらっています

デルモンテ・食塩無添加野菜ジュース
jyuce.jpg

どろぉぉぉぉぉっとしてます
野菜すりつぶした!?。みたいな。
なので、繊維感も残っていて好き
一般的な野菜ジュースはレモンやりんごなどの果物が入っていますが、これは完全に野菜のみ
赤と緑のお野菜がぎっしり入っております。
原材料見ると、なんかこっそり「朝鮮人参」も入ってる・・・・。

朝と晩、コップに一杯飲んでます。

特に、寝る前に飲むと次の日なんかいい感じなので好き。
あと、甘いものを摂りすぎた時、炭水化物と油脂の組み合わせ(これ、一番脂肪になりやすい組み合わせです)を食べ過ぎた時にもゴクゴク。
糖類や炭水化物・油脂は、エネルギーとして必要なものですが、代謝する為に大量のビタミンを消費します
なので、食事でしっかり野菜を取っていても、肌に使われる前にそっちの方で使われてしまうので、結局肌にとっては「野菜不足」と同じになってしまう・・・・。
かなりもったいないことになってしまいます。
なので、気休めかもしれませんが、その分のビタミンと食物繊維を補給~。のつもりです

あと、マカも相変わらず飲み続けています。



何の為のスキンケア?

「お肌様が出来ないときは助けてあげる」。
これは、この記事に書いたとおり。
脱ケミしたばかりの頃は、情報ばかりを優先して、「こうしなければいけない」とか「ここでこうするのは意思の弱い人間だ」とか、どこの修行僧!?と思うぐらい頑なにたくさんの他人のマニュアルにこだわっていました。
でも、ふと思ったのは、ネットに数ある角質培養のサイト、皆さんもともとはどんな肌質で、どんなスキンケアをしてきて、どの段階の状態の肌から角質培養や肌断食をしたんだろう・・・ということ。
(今からちょっと反抗的?とも思える意見を書きますが、あくまでも私が自分の肌を改善する為に考えたことで、たくさんの「角質培養」のサイトの内容を否定するものでは絶対ありません。その通りにやって、めっちゃキレイになった方もたくさんいらっしゃいます。あくまでも、私個人の考えです。)

例えば、ずっと成分にこだわって、界面活性剤やポリマーを避け、ノンケミカルなスキンケアを行っていた人がスタートする「角質培養」と、
バリバリのケミカルで、化学製品や合成界面活性剤・合成ポリマーに頼り切ったスキンケアをしていた人がスタートする「角質培養」。
片方は、合界や合ポを避けてきた肌の土台があるため、ある程度「肌の基礎能力」が働いている状態。
もう片方は、合界で肌バリアは痛み、それを合ポと数々の化学成分が隠してきた為、「肌の基礎能力」は弱っている状態。

「角質を育てる」という目的は一緒とはいえ、この二つの肌が同じケアからスタートしても良いのでしょうか?

それは、ずっと私の中で疑問でした。

ノンケミカルなスキンケアを行っていた肌は、ある程度「荒波に放り込んでも」泳いでいけます。
皮脂分泌が弱かった肌が皮脂を分泌するようになったり、化粧水を使わずとも保湿が出来るようになったりするでしょう。
でも、それまでケミカル漬けだった肌の場合、「肌の基礎能力」がほぼ弱まり、皮脂分泌すらまともに出来ない、角質層もボロボロ・・・の状態です。
そんな肌がいきなり「保水しろ~、皮脂分泌しろ~、肌よ育て~」と言われて、外からの補給の大部分を絶たれ、いわば荒波に放り込まれて、泳げるでしょうか?。
それが私の肌でした。
最初は好転反応がでると思っていましたが、それにしてもなかなか乾燥が治まらず、前にも増して敏感になり、角栓やウロコのようなキメがずっと出ていました。
肌を生み出す基底母細胞は、表皮の状態を感知して細胞分裂を行います
表面が荒れ果てた状態が続けば、結局、基底母細胞は「何とかしなくちゃ」と急ピッチで細胞分裂を続け、結局「未熟な角質層」を生み出し続けることになるように思えてならないのです

なので、「必要ない」と言われている化粧水をなぜか罪悪感を感じながら()使い(たっぷりではなく、湿る程度でしたが・・・)、油分と馴染ませ擬似的に「潤った」角質層を作りました。
すると肌は見る見る沈静化。
気づけば、化粧水を使わずとも落ち着く肌になっていきました。
マニュアルにとらわれて、自分の肌と向き合っていなかったことを、その時ちょっと後悔しました。

・・・なんかね、その通りにやらないと、「落ちこぼれ」というか「私いけてない・・」みたいに思ってしまっていたんですね。
でも、目的は「マニュアルどおりにやる事」ではなく、「肌をキレイにすること」。
マニュアルにしがみつくのは本末転倒だったんです。

なので、「角質培養」を始めるのであれば、今、自分の肌がどういう状態で、何が出来て何が出来ていないのか、確認する必要があると思います
ずーっと合界・合ポ入りの化粧水・乳液・クリームでこってりケアをしていたのであれば、まずはアイテムを変えずに化粧品だけノンケミカルなものにしてみて、まずは化学成分に頼らない状態に慣れさせる、とか。
そんな感じで始めても良いんだと思います。
・・・で、肌がちょっとずつ基礎能力を取り戻してきたら、アイテム数を減らしていけば良いんだと思います。
もちろん、その間に生活習慣の見直しは必須です
その他にも、現在の年齢とか、体質とか、肌本来の基本能力の程度とか(アトピーの方は、もともとの皮脂分泌機能が弱っている場合が多いですし)、季節などによって、省く過程、加える過程、あると思います。


なので、以前、私が化粧水を「肌がキチンと汗をかけているなら必要ない」と書いたこと、ちょっと表現が不適切だったな、と思っています。
正しくは、「肌が自力で保水できるのであれば」別につけなくてもいい、と考えています。
空気の乾燥や体調で、どうしても強く乾燥するときは、無理にガマンしなくてもいいと思います。
たっぷり使う角質層をふやかしてしまうので問題だと思いますが・・・。
もし、あの記事で、昔の私のように「化粧水を使うのはいけないことなんだ」と思ってしまった方がいれば、本当にすみません

過保護はいけませんが、肌が出来ていないことはある程度助けてあげないと、逆に肌にストレスがかかって劣化が早くなってしまいます。赤ちゃんにナイフとフォークを与えてきれいに食べろと言っているようなものです。

出来ないことは助ける。出来ていることに余計なケアはしない。

これの調節が出来るようになって、だいぶ肌は落ち着いてきました。
まだまだ、再勉強中の身なので、また方法は変わっていくのかもしれませんが・・・このスタンスはきっと変えないだろうな、と思います。

なんだか、皆さんの反応がちょっと怖い記事になってしまいましたが・・・。
実はずっと思っていたことを書いてみました
何の為のスキンケア?。それは「私の肌の為」「私の肌が」きれいになる為のスキンケアです。


なんか、久々にブログを書いたので何が言いたいのか解らない文になってしまいましたが(…っていつもか?)、またちょこちょこ更新できると思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m。
ではでは、晩ごはんの準備をしてきます~。今日は良いお肉をいただいたので、すき焼き~





<プチおすすめ>
この栄養価。本当に頼りになります。







拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。