スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

この組み合わせ、ぜい肉直行便!(@д@)
2010年09月12日 (日) | 編集 |
暦の上では秋。
まだまだ暑い日が続いていますが、一時期に比べたら涼しくなってきましたね
街中はすでに秋バージョンになって、スーパーやコンビニが秋の味覚を販売し始めました。


・・・・・・秋の味覚

それは魅惑。
そして、同時にぜい肉の危険。

食べすぎはもちろん脂肪の元ですが、やっぱり「食」もしっかり楽しみたい。
ぜい肉が怖くて美味しいものをガマンし続けるのも、なんか切ないですよね。

今日は、スキンケアからちょっと離れて、そんな秋の食事の豆知識、食べるとダイレクトに脂肪になる食べ合わせについて覚書です~。
「知らない間に太っちゃった!?」を阻止するヒントになるといいな。

太りやすい食べ物として、何が思い浮かびますか?

甘いもの・揚げ物・油物・炭水化物・脂肪分の多いもの・・・。
などなど、主にエネルギーになるものが多く挙げられます。
人間のカラダは、エネルギーを燃やして体温を保ち、内臓を動かし、モノを考え、動いているので、これらのエネルギー源がないと、疲れやすくなったり、イライラしやすくなったり、ボーっとしたり、頭の回転が遅くなったりします(油分を避けるとお肌がガサガサになりますし)。
なので、太るからといってこれらを極端に避けるのは、NG。
特に一日のスタートになる朝に、これらのエネルギー源(主に炭水化物)を摂らないと、逆にエネルギーを溜め込む(=脂肪がつきやすい)状態で一日を過ごすことになってしまいます。
体は「・・・朝なのにエネルギー源が入ってこないよ~」と危機感を感じ、「じゃぁ、今日はガンガン燃やすよりも、省エネで出来るだけ溜め込むようにしよう!」と貯蓄型のシステムにスイッチが入ります。
逆に、朝にしっかり食べることで、体のシステムは「燃焼系」にスイッチが入り、しっかりエネルギーを消費しながら一日を過ごしてくれます。
(ただ、燃焼系にスイッチが入っても、その後ゴロゴロダラダラ過ごしていると、結局「貯蓄系」にスイッチが切り替わり、エネルギー過剰摂取で太ります。)

なので、これらのエネルギー源になるものとは上手に付き合って行きたいですね。

さて、このエネルギー源になるもの。
食べ合わせによって、脂肪に変わる確率がどどどどん!とあがってしまいます。

それは。

糖質+脂肪(脂・油)の組み合わせ

エステサロンでの痩身コースでは、この食べ合わせにはかなり注意をしていただいていました。
例えばどんなものか、と言いますと。
洋菓子…小麦粉(糖質)+バター・生クリーム(油脂)
スナック菓子…小麦粉・コーンパウダー(糖質)+油
ポテトチップス…ジャガイモ(糖質)+油
とんこつラーメン…小麦粉(麺・糖質)+豚骨スープ(脂)
カレーライス…ごはん(糖質)+ルー(油脂)

焼肉+ごはん…肉(脂)+ごはん(糖質)

意外と、身の回りにたくさんありますね
何せ、脂肪として変わるのが解りやすすぎます。
大体、食べて何もケアせずにいると、2・3日ぐらいで腰まわりのラインが崩れてきます。
それは、たくさんのお客様を見ていて実際に実感してきたことです


どうして脂肪になりやすいのか。

糖質(特に砂糖・イモ類・小麦類)は身体にとても吸収されやすいため、血糖値が急激にガンッと上がります。
すると血糖値を下げようとインスリン値が上がり、糖がすい臓で脂肪に変えられます。
そして、その脂肪が一緒に摂取した油脂とともに脂肪細胞に蓄積されてしまいます。

女性の場合、特に子宮を守る為、脂肪は腰まわりに優先的についていきます。
食べたものが脂肪として蓄えられるまでに大体2・3日ぐらいかかるので、食べたその日は特に何も変わらなくても、時間が経ってからラインが崩れていくのです。


糖質+油脂を摂るときは、必ず食物繊維とビタミンを

じゃぁ、もうカレーライスとか、ラーメンとか、食べちゃダメなの!?。
と思ってしまいますが、…そうですね、今、ダイエットを頑張っているのであれば、これらの食べ合わせは避けたほうが結果が速く出ます。
また、焼肉の時は一緒にごはんを食べないなどの工夫もGoodです。
でも、どうしても食べたい時や、食べないといけない時もありますよね。

その場合は、一緒に食物繊維とビタミンを必ず摂ることをオススメします

食物繊維は腸で糖の吸収を穏やかにして、中性脂肪の上昇を抑える働きがあります。また、お通じを良くして、余分なコレステロールを排出。
また、ビタミンは糖の代謝を助ける効果があります。
なので、キノコや海藻類、根菜や葉野菜をたっぷりと
同時に取れなかったときは、次の食事で意識して摂るなど、足りないものはしっかり補って行きましょう

脂肪分+糖質の組み合わせは、同時に血液の流れもドロドロにしてしまいます。
血液の流れが悪くなると言うことは、そのドロドロの血液が肌にも届くと言うこと。
なので、脂肪になるだけでなく、ニキビやくすみなどの肌荒れも引き起こします

いまいち肌の調子が悪い・・・量は食べてないのにぜい肉がついてきた・・・・と言う方、一度一日に食べたものをチェックしてみてはいかがでしょうか?。
エステサロンでは、痩身コースの方は、必ず食事の記録をとっていただいていました。

食事はカロリーではなく、バランス重視。

身体に何が余分に摂取されていて、何が足りないのか、考えながら食べていくと、そんなに大きな体型の崩れを起こさずに秋の味覚を楽しんでいけると思います



しっかり働く日はバランス良くしっかり食べて、ダラダラモードの日はカロリー控えめ・・・そんな風に、自分の体とも相談しながら食事を楽しめたら、最高ですよね(…と自分に言い聞かせてみる)。
あぁ・・・ほっくほくのスイートポテトが食べたい・・・・(←コラ)


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。