スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

私のスキンケア履歴書
2010年07月09日 (金) | 編集 |
自分のスキンケアを見直そうと思い、今までのことを振り返ってみました。
こうしてみると、同じこと繰り返してますね、私

昔から、どちらかといえば「無添加」「自然派」という言葉が好きです。
雑誌のスキンケアコーナーが好きで、実践していたのが功を奏したのか、大学まではトラブル無しの肌でした。
こうやって見てみると、大学の頃に、一度ケミカルの恐ろしさを経験していたのに~
この時は何となく「成分が強かったのかな」ぐらいにしか思っていませんでした。
ここで成分のこともちゃんと知っていれば~~~~
同じ過ちを繰り返さない為にも、ちょっと書いておこうと思いました

では私の化粧品の傾向と歴史をば


中学時代…肌の悩みは無し、とにかく化粧品に憧れる。
化粧品に興味を持ち始める。ドラッグストアの化粧品コーナーが至福の場所。
ただ、お金がなかった為、母親の使うCoop(生協)の化粧水を使う。
高校時代…「肌がキレイね」といわれることが唯一のとりえだった頃
自費で化粧品を買い始める。
やはり貧乏な為、1000円代のドラッグストアコスメ愛用。
Coop(生協)の無添加系を使っていた影響か、「天然成分」「無添加」「低刺激」系に手が伸びる。
大学時代…化粧品乱用→人生初の肌荒れを経験
バイトを始めたのを良いことに、化粧品を試しまくる。
有名ブランドや、CMで流れているようなちょっとお姉さん系(?)のスキンケアにも手を出してみる。
綺麗なパッケージやボトルにもうっとり。
ただ、この時初めて化粧品でピリピリしたり、ほてるといった現象を経験する。
この頃から、「乾燥」や「毛穴」「ニキビ」が気になり始める。
そして、人生初、肌が真っ赤になって腫れることも経験
「肌に安心・やさしい」の言葉に惹かれ、「オイルカット」「無添加」系のオルビスと出会う。
合わせて、アロマとも出会い、化粧品を自作もするようになる。
なんだかめちゃくちゃ調子が良くなり、以来、エステ会社に勤めるまで、オルビスと自作化粧品の二本立てになった。
エステティシャン時代…自分の肌より人の肌の心配。知識はあっても、自分には使わず(←オイ)
「自社の化粧品なんて絶対買うかぁっ」と意気込んでいたものの、成分の良さと、実際に使っているお客様からのクチコミが良かった為、あっさり陥落。
手入れのシンプルさの割りに、激務でも肌が荒れないことと、他の化粧品を買いに行く時間が無さ過ぎた為、結局5年間自社の化粧品を使い続ける。
そして…人生二度目の肌荒れ到来。曲がり角の年齢だけに、焦る。
自社の化粧品を卒業し、化粧品クチコミサイト@コスメに入り浸る
「そろそろ良いやつ使わないとね」と、クチコミ上位だったメーカーの乳液と化粧品を購入。
憧れのメーカー、評判もバッチリ
なんか、良い香りだし、憧れメーカーだし、ちょっと良い女になった気分
うきうきで使い始めた私でしたが、悲しいことに、これがノンケミに目覚めたきっかけになりました(泣)


ちなみに、私には合いませんでしたが、友達の中には「ここのメーカーじゃないと肌荒れする」子もいますし、「ここのおかげで綺麗になった」子もいます。
なので、一概に「ここが悪い」とは思わないで下さいね。

 

拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。