スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

でもって、とうとう。
2010年10月26日 (火) | 編集 |
本屋で出会って数日間。

すきな雑貨のカタログや絵本を眺めるように、毎日石けん作りの本を開いてはシアワセな気持ちになる日々。
そんな中で、「私も作ってみたい!」という気持ちはどんどん膨らんでいく。
でも、どうしても踏み切れない一線がそこにはありました。

それは苛性ソーダ

苛性ソーダは、水酸化ナトリウムの別名で、石けんが石けんとして生まれる為に必ず必要な材料です。
これが、なんと劇物指定のもの。
薬局でも、処方箋を受け付けているようなところじゃないと購入できず、購入時には書類記入と身分証明書と印鑑が必要というなんだかオドロオドロしい扱い。

それもそのはず、この苛性ソーダ。
「硫酸」などの強酸よりも腐食性の高い、強アルカリなのです。
一歩使い方を誤ると、皮膚が溶けて火傷をし、目に入れば最悪失明します。

ただ、そんなに扱いが難しいのではなく(だから一般人でも購入できるんでしょう)、きちんと知識を持って、きちんと扱えば問題ないのですが・・・・。

・・・やっぱ・・・・ねぇ・・・・。

なかなか、一歩を踏み出すことが出来ずに、「石けん作りたい!」気持ちはずーっとくすぶっておりました。


そんな中、もう一冊の本に出会います。
やさしい石けんのつくりかた

やさしい石けんのつくりかた

価格:1,890円(税込、送料別)


家庭の中で、キッチンにある道具で石けんを作っていく過程が、細かく写真で記されてありました。
文だけの作り方の説明と違って、過程が写真で追われているのは、とても現実的で、わかりやすくて。
この本を書かれた浅野さんの雰囲気にも魅かれて。。。

・・・あぁ、こんな優しい石けんを作りたい。

あっという間にこの本のトリコになってしまいました


怖いけど、でもやっぱり作ってみたい。
でも、苛性ソーダを扱う以上、自分や、自分が作った石けんで誰かを傷つけないように、最低限の知識は身につけておきたい。
そんなこんなで気合が入り、色んなソーパー(石けんを作っている人)さんのブログや石けんの本を読み漁って、「何とか大丈夫かな」まで心の準備を整えました。
よく、石けん作りは「お菓子作りのよう」と例えられますが、実際は「一歩間違えれば、一生残るような傷を作る、化学反応」のように感じました。
本には、「ちゃんと扱えば大丈夫」と簡単に書いてありますが、一応、色んな情報を集めておく方がいいと思います。

そして作っちゃった

初めて石けんを作った時は、本当に緊張で、苛性ソーダを持つ手もちょっと震えるぐらいビクビクしっぱなし。
そして、はじめから終わりまで神経を使いっぱなしで出来たのが、記念すべき第一号「セサミとお米の石けん」。
後片付けが終わったあと、なんだかどっと疲れたのを覚えています
しかも、固まっても型代わりにしたタッパーから出ず、結局スプーンでほじくり出して、手で成形するという大惨事
ボコボコしたいびつな形で、ちょっとガックリしながら乾燥期間に入りました。

そして、一ヶ月の熟成。
なんだかんだ言いつつ、やっぱりわくわく、ドキドキ、踊るような気持ちでいざ解禁。

泡立てネットで泡立てると…。
もこもこの、ちょっねっとりした泡に「わぁ、ちゃんと石けんになってる~」と、まず感動。
そして、実際洗ってみて。

・・・・・・・・・何これ・・・・・・・・

ホントにびっくりしたんです。
なんていうか、自分の肌が気持ちいい。
洗い上がりのスベスベ感。
手触り。
どれも今までとなんか違うものでした。

うぉぉぉぉぉぉぉ…、嬉しい…、超イイ


ビクビクしながら出来上がった、いびつな形の石けんは、思いがけない幸せを運んできてくれました。

手作り石鹸の魅力
何といっても、保湿成分のグリセリンがたっぷり含まれていること。
そして、自分で材料の量が調節できるので、石けんのなかに少し油脂分が残るように作ることが出来ること。
自分の好きなようにオイルやハーブなどを組み合わせて、好みの使用感の石けんが作れること。
熟成中にゆっくりと変わっていく石けんの表情。



そして、気付けばすっかり手作り石けんのトリコです



作るごとに出来上がりの石けんは違うので、今度から作った石けんも覚え書きしていきたいと思います~。




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。