スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

* セサミとお米の石けん
2010年10月28日 (木) | 編集 |
初めてつくった石けんです。

苛性ソーダにビビるあまりそれを後回しにして、オイルやオプションを全て用意したのはいいものの・・・。
水溶液の温度がなかなか下がらずに結局待ちぼうけ。
その間にうっかり湯煎にかけっぱなしていたオイルの温度が上がり過ぎ、今度はオイルの温度が下がるのを待って・・・。
と、かなりの手際の悪さのなか生まれた第一号石けんです。

<セサミとお米の石けん>
1st.jpg

・セサミ油 100g(28.6%)
・米油   70g(20%)
・パーム油 100g(28.4%)
・ココナッツ油 50g(14.3%)
・オリーブ油 30g(8.6%)

苛性ソーダ 46g
精製水 123g

OP パプリカ

鹸化率90%


オリーブメインだと、私のお肌様は脂肪酸バランスを崩しやすいので、オリーブはちょこっと。
パルミチン酸の多いパーム油を、28.6%と多めに入れて作っています。

タッパーの型で作ったはいいものの、全く型から出る気配なし
どうしようもないので、スプーンで無理やりえぐり出して、手で形を作りました。
初めてなのに、スパイス棚にあったパプリカでレイヤーにしようとしたチャレンジャーな私
結局、手でこねこねしてる最中にマーブルになってしまいました。


さてさて使用感です。

手作り石けんは泡立たないというもっぱらの噂でしたが、意外と泡立ちました
もこもこっとした、ちょっと粘り気のある泡立ち。
水で流している時は、何となく一枚皮膚に膜を貼ったような感じです。
良く言えば「潤いの膜が張ってる感じ」。
悪く言えば「ぬるっとしたのが残る感じ」(←)。
でも、洗ったあとの肌はツルツルですべっとして、めっちゃ感動しました。
さっぱりタイプのハンドクリームを塗った後のような、べたつかないけどしっとりした手触り。
このさっぱり感は米油とセサミ油のおかげでしょうか?。


見た目は大失敗ですが、使用感は大成功でした

ここから、ものすごい勢いで石けん作りにはまっていったのであります~



拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。