スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

* ほろよいカモミールの石けん
2010年11月25日 (木) | 編集 |
こんにちは。

丸一日のお休み。
気付けば夕方の四時でした。
なのに区役所と家を二往復した以外、今日の記憶がございません


・・・・・グッバイ、マイ、ホリディ(哀)。




さて、そんなこんなで(←?)熟成明けの石けんが仲間入りしました。

<ほろよいカモミール>

camomile.jpg
作成日 2010.10.19
解禁日 2010.11.23

・材料
こめ油 130g
パーム油 40g
ココナッツ油 30g
ラード 25g

水分77g(うち、カモミールを抽出した日本酒46g)
苛性ソーダ 29g

鹸化率 90%

OP イエロークレイ
   ラベンダーEO
   ゼラニウムEO


おこめとひまし油の石けんの前に作っていたものです。
今まで、こめ油をどーんとメインにした石けんを作ったことがなかったので、こめ油の特徴を知りたくてこのレシピにしました。

カモミールを漬け込んだ日本酒は、ダンナ秘蔵の「越乃寒梅」をこっそり拝借
ローズとココアの石けんの時は、ローズを漬け込んだ日本酒にオイルを入れて、イタリアンドレッシングのようになってしまったので今回はチンキ(?)のように使ってみました。

カモミールの優しい香りが大好きなんです。

こめ油のふくふくした泡に乗って、ふわっとハーブが香る。
そんな、優しい石けんが出来たらいいな。
と思って作りました。


・・・・が。


色つきのハーブ日本酒だと、苛性ソーダを完全に溶かしたという確認がしづらいと思って、先に精製水で苛性ソーダの水溶液を作って、後から煮切ったハーブ日本酒を入れました。
とたん。

すごい異臭

噂には聞いていましたが、なんでしょう・・・なんか、ものすごく身体に悪そうな臭いが立ち込めました
マスクを突き抜けてくる、なんて表現していいのかわからない、この臭さ。
あの麗しいカモミールの香りはどこへやら、とにかくキッチンにたちこめる「異臭」に、かなり焦りました。
…ガス警報器、鳴るかと思った…。

ドキドキしながらオイルと混ぜたら・・・・今度は3分でトレースが
こめ油はトレースが出やすいオイルですが、それにしても早すぎる。
コレは多分「擬似トレース」やわ・・・と、異臭にくらくらしながらも10分間混ぜ続けました。

10分後、EOを加えると、それで少し生地がゆるくなり、混ぜやすくなったので更に5分くるくる・・・。
その後、生地を分けて、片方にイエロークレイで色をつけ、マーブルにしてみました。

トップはどう頑張っても平らにならなかったので、竹串で模様をぐりぐり。
おかげで、内部ではマーブルがおかしなことになってしまってました

そして保温中、初めて石けんに茶色い汗が
キッチンペーパーで丁寧にふき取って、保温を続行しましたが、内心「失敗?」の言葉がぐるぐる回ってました
なので、大事をとってこの石けんだけ熟成期間がほかのものよりちょっと長め。

・・・ん~~、反省点がたくさんです。

異臭は型出ししてカットして、6日ぐらい付きまとってました


でもでも。
一週間後、スタンプを押す時に、香りをかいでびっくり。
甘めのハーブのような、とっても優しい香りなんです
うううう、嬉しい。
いままでの石けんの中で、一番うっとりする香りかも。。。

あの異臭がウソのように、まろやかで、温かい香りです。
ゼラニウムと、ラベンダーだけの香りじゃない・・・・。
本当に、「化け」ました。

使用感も、とっても良好です
ふくふくふくっと良く泡立ち、ふわっと香ります。
コシのある、柔らかな泡。
香りのように、まろやかな肌触り。
全身とっても気持ちよく洗えました。

洗い上がりは、やっぱりつるつる。
被膜感でしっとり、と言う感じではなくて、すっぴん肌がつるっと柔らか、と言う感じ。
「さっぱり系」になるんでしょうか。
でもね、肌はカサカサにならないんです。


 オイルの組み合わせの不思議。

「セサミとオリーブ」はねっとり、しっとりなのに後から乾燥してかゆかゆに、「こめ油とオリーブ」はさっぱり、でも乾燥感じず。
「オリーブとココアバター」は粘っこいクリームのような泡で被膜感のある、ずっとしっとりな石けんに。
「セサミとこめ油」は泡のサクサク軽い、つるつる感のあるさっぱりタイプ(…でも乾燥感無し)。
「セサミとこめ油と○○(シアバターやひまし油)」はつるつる感としっとり感が絶妙。

今のところ、洗い上がりしばらく後の肌がカサカサしたのは、「セサミとオリーブ」の組み合わせ。

セサミとこめ油の石けんだと大丈夫なのに、オリーブと組み合わせると途端にカサカサするから不思議・・・。
オリーブの洗浄力の強さと、セサミのさっぱり感の相乗効果(?)。
ココアバターとか、入れたら違うのかな。
・・・ん~~~。なんだか良くわかりません

ただ、こめ油は、オリーブの洗浄力を和らげてくれるような気がしますし、こめ油メインの石けんは洗浄力が穏やかで、肌当たりがとっても柔らかい気がします


12月の中旬に、セサミのマルセイユ石けんと、こめ油のマルセイユ石けんと、オリーブのマルセイユ石けんがそれぞれ解禁になるので、比べてみようと思います。

あ、その前にセサミとアボカドバターの石けんが解禁になるから、まずは、こめ油やオリーブの入っていない、セサミメインの石けんがどんな感じなのか、試してみよ



ホントに、手作りのことになると・・・語り出すと、止まりません。




拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。