スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

リノール酸の石けんさんの特徴。
2010年11月29日 (月) | 編集 |
こんにちは。

「女王様たちのセサミ石けん」、解禁してから毎日使ってみました。
前回の記事に追記しようとしたら、意外と長くなったので、コチラにメモしておきます。

使い心地がとっても不思議だったので、珍しく後日談を。



洗い上がりはさっぱり、キュッ。
お風呂上り直後~しばらくは、「さっぱり洗いました!」と言う感じのほのか~なつっぱり感(でもカサカサではない)を感じたこの石けん。
「あーやっぱ乾燥するのかなぁ・・・」と思っているうちに、いつの間にか、なめらかでさらっとした肌になっていました。

調べてみたら、セサミやこめ油に含まれるリノール酸には、さっぱり洗い上げる特徴の他に、肌の水分を保持しながら洗う働きがあるとのこと。
ふむふむ・・・
と、いうことは、最初は皮脂が落とされて肌の油膜が落ちて「さっぱり」になって、皮脂が分泌されて皮脂膜が再形成されるまでは「ぱりっとさっぱり感」で、だんだん皮脂分泌が行われて皮脂膜が復活すると、さらっとなめらかな肌になる、ということかしら。
さっぱり洗いあがるのに、水分を失ったような「カサカサ」にならないのは、肌の水分保持の部分を洗い落とさずにいてくれるから?。
と、一人で分析してみました

皮脂分泌の弱い「乾燥肌」の方だと、「いつまでもつっぱり・・・ゆくゆくカサカサ」になる可能性があるかもしれませんが、皮脂分泌のある程度働いている「混合肌」や「脂性肌」の方には良いのではないかと思います~。

(追記)
暖房の効いた、空気の乾燥した部屋に長時間いると、さすがにちょっと乾燥しました(^^;)。
暖房の時期は、空気の乾燥で水分が強制的にガンガン蒸発しやすくなるので、バター類やしっとり系のオイルの油膜感が少々必要だと思いました~。

そしてそして、これ、朝の洗顔に使ったら、とっても良かったです
夜は、クレンジングもかねているし、一日の酸化した皮脂や汚れを落とすために、ある程度の「洗浄力」は必要。
なので、オリーブメインの「緑茶のめぐみ」や「ローズとココア」がとっても良かったのですが。
朝の洗顔にはちょっと洗浄力が強いような気がしていました。
でも、前の晩のスキンケアで使ったオイルは落としておきたいし(必要な分は寝ている間に浸透しているので、朝は肌に残ったオイルを、酸化する前に落としておく、という感じです)・・・。

そこで、このセサミメインの石けんを使ってみたら、つるつる・きゅっと洗いあがって、気持ちよく使えました。
洗い上がり感の割りに洗浄力は優しいので、洗顔後に軽くローションと、ホホバオイルで良い感じに仕上がりました

セサミ、この単独メインでのさっぱりしすぎる感はちょっと今の季節はキビシメですが、オイルの配合を工夫したら、とっても肌の潤いをまもりつつ、きちんと汚れも落とせる素敵な石鹸になるのではないかと思いました
カサカサになってしまった、セサミとオリーブをメインにした「緑茶とオリーブ」の石けん、ちょっとリベンジしてみようかな。


・・・・・あぁ、また1つ、作りたい石けんが増えてしまった、です。

2010110712410000.jpg
↑ただいま熟成中のこの子もセサミメイン。シアバターやひまし油を入れたリッチタイプのピンクちゃん。
さてさて、使用感はどうかしら。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。