スキンケア・手作りコスメの覚え書き。コスメと石けんがだいすき。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

* ひだまりソイ・ラッテな石けん
2010年12月07日 (火) | 編集 |
こんばんは。

やっとこさ、冬の気候になってきましたね
冬になると、なぜか暖色ばかり周りに集めたくなってしまいます。
なので・・・作っちゃいました。
オレンジ色のほっこり石けん。
でも、作ったときはまだ「今年はまだ冬って感じしませんねぇ~」とか言っていた頃なので、型出ししたときはなんだかこの色合いが暑苦しかったような・・・。
熟成してる間に、ちょうど良く寒くなりました。

よかったら、ほっこりしてくださいね

<ひだまりソイ・ラッテな石けん>
2010111110070000.jpg
作成日 2010.11.6
解禁日 2010.12.6

・材料
オリーブ油 75g
ココナッツ油 35g
ラード 35g
パーム油 30g
セサミ油 20g
ひまし油 20g
ココアバター 15g

苛性ソーダ 29g
精製水 38g
豆乳 40g(後入れ)

鹸化率 87%

OP パプリカ
   プチグレインEO
   オレンジEO
   ラベンダーEO
   コンフェティー石けん(おこめとセサミの石けん)


ソイ・ラッテなのに、コーヒー系は入っていません(爆)。
響き重視です

この石けんの裏テーマは、「オリーブ・セサミコンビ苦手克服」。
顔は皮脂腺の機能がだいぶ復活してきたのか、オリーブメインも、オリーブ・セサミメインも、問題なく使えるんです。
ただ、皮脂腺の少ない手足やお腹まわり。
柔らかな泡で肌に優しいオリーブですが、身体に使う場合どうしても洗浄力が強すぎて、バター類が入ってないと乾燥してしまうんです。
更に、セサミとオリーブをコンビにすると、さっぱりと洗浄力の強さが合わさって、カサカサになってしまう私の体。
(そういえば、セサミはリノール酸で有名ですが、同じぐらいオレイン酸もたっぷり入ってるんですよね

でも、セサミのつるっと感と、オリーブの柔らかい泡立ちは捨てがたい。
洗っているときも洗ったあとも気持ちよい石けんを作ってみたいな。
が、目標

結果は・・・。
良い感じです~
柔らかくて、細かくて、ふわっとしてるのに、ねっとりもしている不思議な泡。
こめ油とはまた違う、優しい肌当たりで、泡持ちもよし。
牛乳よりも、豆乳のほうが泡がもちっとしてる気がしました。
プチグレインの香りがふわーんと広がってシアワセいっぱい。
そして洗い上がりは、つるっとしてるけど、みずみずしい仕上がりでした。
鹸化率をいつもより3%下げたのも良かったのかな・・。
泡立ちは良いですが、泡の感じはいつもと違う感じ。
ふふふ、嬉しい感じです


デザインはトレース強めでゆるーくレイヤーに。
なんだかフォトジェニックなコなので、写真、取りまくってしまいました
ちゃっかりブログのタイトル画像にもなってます

2010112311470000.jpg

4日後にはセサミのマルセイユ石けん(セサミ72%配合の石けん)が解禁です。
これは、シンプルなレシピで、初の鹸化率85%。
セサミ・オリーブを上手に使う方法を模索中です~。



拍手ポチや拍手コメント、いつもありがとうございます♪。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ blogram投票ボタン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。